マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/26 すっかり田中フリーク
OSK200608170070.jpg


地元だから、ということを抜きにしても、駒大苫小牧の壮絶な戦いぶりに、改めて感服している今日この頃。
しかし、全国ニュースではすっかり斉藤くん一色…。斉藤くんは本当~に純情で、まだあどけなさが凄く残っていて、みんなが「か、かわいい・・・」と思うのも無理はない、と思うのだが、個人的には田中くんファン。
すっかりハマってしまっていて、地方ニュースやら全国ニュースやら、甲子園特別番組なんかがあると、ビデオにまで録る始末…。
今日は、日米の親善試合の話題でもちきりになっていて、『ハンカチ王子』の青いハンカチをみんなで使っていた(笑 

ピッチッングは、私が思うに、やっぱり斉藤くんより田中くんの方が上なのかなぁ、と思う。体も大きいしね。斎藤くんもスゴイとは思うんだけど。

こないだ、日ハムで田中を一位指名していたので、入ればいいのに!・・・っと思ったが、くじ引きだから誰がどうすることもできないのね・・・(涙
巨人だったら、地上波で見れるし、日ハムなら、札幌ドームに行けば結構みれる♪やっぱりどっちかに入ってほしい。
・・・とか言って、全然関係ないオリックスとか、楽天とかに入ったら、ちょっとショック・・・。
日ハムが札幌に来て以来、北海道でもプロ野球観戦が一般的になった。
北海道が盛り上ることなんて、あまりないのに、やっぱり近くに球団があるってここまで違うんだー、と思ったよ・・・。
まぁ、そんなことはどーでもよいのだが(笑)、田中くん、今回髪型ちょっと失敗?親善試合の前と後とちょこっと違う。なんというか、バリカンで素人が切ったみたいになってた…。
でも、相変わらず、はにかんだ笑顔がキュートで、イイヤツっていうか、友達とかに優しそうだし、いまのところ、私のなかのアイドルとして君臨している(笑)

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/23 駒大苫小牧が戻ってきた
20060822_140134-1.jpg

いやいや、まぁまぁ、この優勝にも匹敵するほどの準優勝を引っさげて、われらが道民のエースたち、コマトマのナインが昨日、北海道へ戻ってきた!
もうね、これは、去年よりも一昨年よりもなんだか盛り上ってしまっていて、一昨日の人だかりといったら・・・、スゴかった。。って、私は行ってないけど(笑

全国の報道では、やはり、早実フィーバーがすごくて、早実が9の報道に対し、コマトマは1っていう、かなりの差を感じてしまうのだが、そこは、地方局の出番!!!ってことで、準優勝の報告生中継やら、新千歳に戻ってきた時の様子なんかを、チラチラと放送していた。

新千歳に迎えに行っている人たちが600人ぐらいいたそうなのだが、テレビで見た限りでは、選手たちがゲートを通ったのはわずか2秒。行かなくてよかった~、と思った。
いやー、ライブじゃあるまいし、マイケルの時だって行かなかったアタシが駒大苫小牧の出迎えまでは行くはずもないんだが、昨日の道庁での報告会は、ちょっと行ってみたいと思った。でも仕事が・・・。
しかし、その報告会にも、札幌市民が駆けつけたのか、約1万人の人だかりが。まー、遅くに行ったところで、絶対観れなかっただろうなって感じ。

それにしても、北海道の人々に限らず、日本中が完全にノックアウトされた、夏の甲子園。この余韻がまた物悲しい。
こういうときって、結構引っ張るというか、ふとした瞬間に、あぁ、またあの感動が・・・、みたいになって、他のことが手につかないというか。やられてますね、私。
特に、駒大は、贔屓目を抜きにしても、私は絶対、田中のほうがカッコイイと思っているので、今後のプロ入りなんかがすごく楽しみ♪
12球団どこでもOK!と本人は言っているが、個人的には、巨人か日ハムに入ってくれるといいなぁ、と思う。
早実のエースの斉藤は、優勝校ということも相まって、注目されまくっているが、田中くん、ワイルドな中にも優しさが出てきて、いい感じだと思うんだけど。斉藤くんは、かわいいんだけど、趣味は寝る事とか、「お兄ちゃんの作ったものが食べたい」とか、まだすごくコドモコドモしてて、幼い感じなんだよね。まだ18歳なんだから当たり前か(笑
まー、どちらのコもさわやかなんだけどね。

なーんて、ミーハー心からなかなか解放されない管理人でした。


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/21 高校野球決勝・再試合 駒大苫小牧vs早稲田実業~熱闘甲子園2006夏
20060820-04657497-jijp-spo-view-001.jpg


2006年の高校野球が幕を閉じた。
昨日に引き続き、決勝戦の再試合が今日午後1時から行われ、またまた駒トマVS早実の試合を楽しませてもらうことができた。

早稲田実業の斉藤くんは、相変わらずのポーカーフェイスでクールなピッチング。
対する、マイ・ヒーロー、駒大のエース田中くんは、アウトをとるたびに「よっしゃあああああぁ!」と気合十分。両者互角の戦いである。

田中くんは、私の中で、3年前の優勝の時から「なんだか挑戦的なピッチャーだなぁ」とその強面におののいていたので、注目の選手であった。(みんなもそうだとは思うが)
しかし、時はたち、強面は相変わらずだったが、その中にも優しさが出てきて、頼れるピッチャーでありリーダーだなぁ・・・とかなり胸キュン(死語)の存在になったのである。高校時代の3年間というものは、こうも人を成長させるのか。

なので、今日はなんとかその田中くんの笑顔か泣き顔か、とにかく喜びの顔を見たかった。

しかし、早実も譲らず、淡々と投げ続け、2点を先制。
その後、駒苫も三谷がホームランを放ち、1点を得点するも、すぐに早実が1点を入れ、差がなかなか縮まらない。
その後、早実がまたまたヒットを打ち、1点を得点。4-1に。

試合は9回表まで続けられ、あきらめムードだったのだが、そんな中、駒大が2ランホームラン。このときは、本当に「やっぱりやってくれるなぁ・・・」と涙ぐんでしまった・・・。NHKのアナウンサーも実況の声が震えていた。

そして、4-3まで追いつくも、田中くんの三振で試合終了・・・。
駒大の三連覇はならず。北海道中の全米が泣いた(意味不明)。テンションは一気に↓↓↓へ・・・。

残念、でもよくがんばった!!!ってのが北海道民全員の感想じゃないだろうか。私もだ。

全国ニュースなんかを見ると、早実おめでとう!!!の嵐。そりゃそうだよね。東京ではすっごくうれしいことなんだろうなぁ。
惜しくも準優勝。しかし、惜しくも、なんて贅沢だな。今まで、こんな期待すらできなかった北海道に夢を与えてくれた駒大苫小牧の野球部のみんなにありがとうをいいたい。
そして、エース田中くんは、肩があがらないのにもかかわらず、痛みを抑えて投げ続けた。その強い気持ちに感動させてもらいました。
高校野球の球児たち全員に、普段にはない楽しみを与えてもらった。
感謝、感謝の2週間であったように思う。ありがとう!!!球児のみんな!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/20 高校野球決勝 駒大苫小牧vs早稲田実業 ~熱闘甲子園2006夏
20060820-04657450-jijp-spo-view-001.jpg


いよいよ今日は、全国高校野球の決勝戦。
私は、当然、地元・北海道からの出場を決めた、駒大苫小牧を応援する。
午後一時、ウウウ~っ!というサイレンとともに、開戦したのだが、両者ともピッチャーの踏ん張りが強く、なかなか点に結びつかない。
手に汗握る戦いが続き、8回表、駒トマの三木くんが、見事ホームランを放った。大会58本目。1点を入れた。

一点くらいでは安心できなかったが、これは盛り上った。
しかし、8回の裏には、早実も負けじと一点を入れ、同点。9回裏は、またまた冷や汗をかきながら試合を見守ったが、心臓バクバク。観てるこっちまで疲れてくる。
なんとか窮地を乗り切って、延長戦へ。
しかし、これまた打線も今ひとつ、というかピッチャーどおしの気持ちの戦いという感じで、両者とも点は入らず。
結局1-1の引き分けで試合は終了。明日、再試合、ということになった。

高校野球の球児は輝いている。汗が眩しい。今の自分にはないまぶしさである。
今が一番輝いている時期なのかもしれないが、さわやかな笑顔、勝負師のような険しい顔、そして切ない涙・・・と、どれをとっても美しい。
高校野球には毎回のように感動させられる。
特にここ3年間は、駒トマのおかげで、決勝戦をドキドキ・ワクワクで観戦させてもらっている。
今までの北海道の高校では考えられない強さ、粘りと根性、気迫が、観る者に感動を与えてくれるのである。

駒トマにはもちろん勝ってほしいけれど、ここまで来たらもうどちらのチームにも思いっきり高校野球を楽しんでくれればそれでいい、という気持ちになっている。
明日は、両者とも最後の野球に闘魂してほしい!みんながんばれ~!!!


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/19 駒大苫小牧vs智弁和歌山 ~熱闘甲子園2006夏
20060819-04655466-jijp-spo-view-001.jpg


ついに駒大苫小牧が、夏の甲子園三連覇まであと一試合のところまできた。
正直、ここまで来れるなんて思っていなかった。そりゃ、期待はしていたけど・・・。
今日の試合は、対 強打の智弁和歌山。
智弁は、この前、帝京を13-12で下した、スゴ腕ぞろい。今日は内心、「大丈夫かなぁ・・・」とハラハラしまくっていた。
しかし、いざ試合が始まると、駒大苫小牧にしては珍しい、先制点。
でも、いつ点を入れられるかと思うと安心はできなかった。
しかし、いつもよりはハラハラせずに観ることができたかなー…。。
いつもは、逆転を重ねて、普通にみれば負け試合のところを『勝つ!』という気合で勝ち越してきた、というある意味ドラマティックな展開ばかりで、ゲーム終了まで本当に安心できなかったから。
しかし、今日は、常に何点かを離しながら試合が進んでいったので、「あぁ、このまま行ってくれれば・・・」と思いながら応援できたのである。
結局、7-4で駒トマが勝利。
やっぱり強いのね・・・このチーム。そう思わずには居られなかった。
だって、あの智弁(最後に5点をひっくり返して帝京に勝った)の打線を抑えたんだから。
やっぱり、今までで一番ドキドキしたのは、青森山田戦だった。今日もがんばってくれてありがとう、駒大苫小牧のナインたち。
明日も応援してるからね!!!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/17 駒大苫小牧vs東洋大姫路 ~熱闘甲子園2006夏
20060817-04651994-jijp-spo-view-001.jpg

痛恨の一球を放つエース田中くん。

すごいっす!とにかく、駒大苫小牧は、なぜこんなに強くなったのか、わからない。でも、ベスト4入りを果たし、今年もやってくれている。
東洋大姫路との戦いも6回まではあっさりと終了し、先制点4点を入れられて4-0。大丈夫、大丈夫、と心の中では思っていても、「はぁ~、厳しいのかなぁ」なんて思いながらテレビ観戦。
しかし、そこは夏の王者。底力、思いっきり見せてもらいましたよ。
そこから一気に相手のミスを突き、4点を追い上げる。そして逆転の1点をいれ、9回表を守って、終わってみればやっぱり駒大の勝利。
本当に「勝つぞ」って気持ちが強いんだなぁ、思った。打線も強いんだけれどもね。
でも、それ以上の何か、気持ち的なものを感じたのですよ。これは、テレビの向こう側からも伝わってくる強いもので。
次もがんばってくれ!って気になっている。いよいよ明日は準決勝。
対 智弁和歌山戦。きっと明日の戦いもハラハラするんだろうなぁ。智弁は、帝京と13-12で勝ち進んできているので、かなり強いと思う。
でも、ここまで来たらどちらが強いとかよりも、気持ちの強さの勝負のような気がする。
駒大には、智弁とも思い切り戦って、勝利を勝ち取ってほしい。
ガンバレ~!!!駒大苫小牧!!!


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


8/15 駒大苫小牧vs青森山田 ~熱闘甲子園2006夏
tky200608150201.jpg

青森山田を10-9で下し、喜ぶナイン。

ここのところ、毎日のように甲子園の球児たちに心を奪われてしまっている。
中でも、自分の生まれた土地・北海道から出場している駒大苫小牧の活躍は、去年とはまた違ったものになっていて、試合の日はブラウン管に釘付けになっている。
以前の記事にも書いたが、駒トマは、今年全国優勝すると、夏の甲子園三連覇。まぁ、甲子園は、毎年メンバーが変わるので、前の年に強かったからと言って、次の年も強いとは限らないのだが、何故か駒大は強運にも恵まれて、今年も強いなー…と思った。

私個人的には、それこそ、全道優勝→甲子園出場 というだけでも、すごいことだと思うし、三連覇、三連覇と騒ぐのは選手たちがかわいそうだな…と思ってしまうわけだが、試合を見ていると、負ける気がしないというか、駒大苫小牧には、勝利の女神がついているように感じてしまう…。
もちろん、選手の『勝ってやる!!!』という気持ちは、人一倍強く、だからこそ、粘り勝ちしているわけだけれど。

それにしても、8/15の青森山田の試合では、7点先制された時点で、「あ~、もはやこれまでか…」と、正直思っていたのだが、職場の休憩室で8回表8-8になっているのを見て、本当にビックリした!
やっぱりスゲぃチームだな、って惚れ惚れしてしまった・・・。
仕事中にもかかわらず、みいってしまって、9回裏で三谷がツーベースヒットを放ち、田中くんが滑り込みホームインして1点得点し、10-9に持ち込んだ時は、本当に夢かと思った…。
駒大苫小牧には、いつもながらドラマティックな野球を見させてもらっているが、私の中では、青森山田との試合が今までの中で一番シビレタ試合だった。
ありがとう…駒大苫小牧…!!


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル