マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6/16 特にないので・・・
最近、記事にすることがなくて困っています(笑
このブログも、マイケル一色にしよう!というほど、マイコーのアルバムニュースもなく・・・。

っつーわけで非常に安易ですが、動画を貼り付けてみようと思います。

Beyonce 『Get Me Bodied』


この曲は、このブログでも以前記事にしてはいたんだけど、そのときは動画つきではなかったので。
この曲、アルバム『B-Day』の中でも一番好きな曲ですね。

『He~y!!!』といわれるとなんともいえずテンションあがりますね。
朝とか聞いちゃいます。

このプロモには、デスチャ時代のケリーとミッシェル、それからビヨンセ妹のソランジュも出てて、もうめっさ汗ばみ系のビデオになってます。
まー、ビヨンセのPVは結構汗ばみ積極女のものが多いんだけど。

本当のビヨンセはどんな人なんでしょうね。でも、想像以上に普段からテンションは高いのかなー、なんて・・・思ったりして。
スポンサーサイト

6/1 ビヨンセ 『Crazy In Love』
Crazy in Love, Pt. 1 Crazy in Love, Pt. 1
Beyonc醇P Knowles、Jay-Z 他 (2003/07/08)
Sbme Import

この商品の詳細を見る


こんばんは。すっかり夜型の管理人です。
実は、アルバイトが決まって、明日から研修なんですが、ぜんぜん眠くならない。仕方がないので、お酒を片手に、これを書いてます(笑
でも、お酒を飲んで寝るとダメらしいですね。熟睡できないらしい。
でも、今日は仕方ない。。

今日のタイトルBeyonce『Crazy In Love』の話ですが…。
まぁ、特に思い入れもないんですけど、いまさらクレイジーインラヴ。結構前に買ったCDが出てきたので、また聴いてます。
そう、それはテンションをあげるため。。

『オ オ~オ オ~オオオオオオ・・・』

と激しく腰を振るビヨンセがまぶしい一曲です。

自分は、マイコーの曲も含めて、こういう勢い系の曲大好きで、何度も何度もリピートしちゃうんですよ。
このころもビヨンセも勢いあるけど、やっぱり今が一番なのかなぁ?
ビヨンセ、最近では『ドリームガールズ』とか映画に積極的だけど、歌手としても続けられる限りやってほしいなぁ。
やっぱり、ビヨンセには『歌姫』でいてほしいよ。


一日一回、応援よろしくお願いします…!!

FC2 Blog Ranking


【今日の動画】
Beyonce' - Crazy In Love


このころのビヨンセは、メイクが今とちょっと違って、妹のソランジュに似てるような気がします。しかし、この腰クネクネ運動はどうやって訓練したらできるんでしょうね。腹筋、背筋、かなり鍛えないと無理でしょうね…。


5/7 ビヨンセ『Get Me Bodied 』
94361_Celebrity_City_Beyonce_Knowles_033_065_122_422lo.jpg


さて、連休も終わり、明日からはまた日本中が現実の世界へ・・・。っつーか、アタシはずーっと現実の世界なんだか、現実逃避の世界に居座っているのかわからない状態なのですが、明日からはまた普通に世の中が動きだすんだよね。
・・・と、のっけからよくわからない文章書いてますが、いつものことなので、許してください。
しっかし、ほんとに最近はマイコーニュースが全然なくて、このブログでも書くことがない!自分のことばっかり書いてる!ということが多くなってきてるので、このブログの記事の内容もちょっとは考えないと・・・と思っているのだけど、なかなか軌道修正できないでいる。

で、私が最近気に入ってよく聴いているのがビヨンセの『B-DAY』に収録されている『Get Me Bodied 』。いえね、持っているアルバムは去年の9/4に出されたアルバム『B-DAY』のほうで、最近出たヤツはまだ持っていないんですが、前のアルバムにも隠れトラック、ということで収録されているんですよ。これがねぇ、ノリノリですよ。
でね、ビヨンセの新しい『B-DAY』買おうかなー・・・とネットで検索していたら、な・ん・と!!!ビヨンセの”年齢詐称疑惑”のゴシップの記事を見つけてしまった。ゴシップでは『実はビヨンセは7歳サバをよんでて今は32歳だ』ということになってる。でもまー、ゴシップだしね~。
でももしそれが真実だったら私としてはちょっとしたショックでもあるわけで。
なんでかっていうとビヨンセって25歳だって思ってたから(今でも思っているけど)「あーやっぱり若いなー」とか「どんどん新しい人が出てくるねぇ・・・」と番茶をすすりながらいうようなフレーズを吐いていたのに、もしこれで25歳じゃなくて、そのニュースどおり32歳だったらさ。そりゃぁさ。もう自分より年上なわけなんだな。
そしたら、今までのアタシの認識は全面否定されるんだから『こりゃ一本とられたねぇ・・・』の心境ですよ。
32歳という年齢はそのゴシップによるとビヨンセの出身の市役所で出してる証明だかが根拠らしいんだけど、これまたアヤシイ文書なのよ。それってパソコンで誰でもつくれるんじゃ・・というレベル。

まー、もしも本当だとしたら、恋人ジェイZとの年齢差とか、マイケル好きなところとか、あのとても20代とは思えぬ落ち着きはらった発言&態度、仕事っぷりしっかりぶりがすべてしっくりくるっちゃくるケド。

25歳にも見えるし、32歳にも見える・・・微妙~。どっちでもいんだけどね。
まー、でもウソだろうね。なんか。多分25歳なんじゃないかな?そんな気がする。。それにサバよんでたとしてももう少し若いんじゃないかなー・・・と直感で。見た目は、外国人はやっぱりアジア人より落ち着いてみえるのと、あのエネルギー。
そう心の中で否定しつつも、ゴシップ誌にショックをうけ、今日もビヨンセのパーティソングでテンションをあげる管理人でありやした。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


4/11 ビヨンセ 東京ドームライブ
20070410-00000882-bark-musi-view-000.jpg

4/9、成田空港に到着したときのビヨンセ。

ビヨンセ、来てたんですね。
4月に来るってことだけで、ノーチェックだった私。トピックスにも載ってなかったので、知らなかった…。
そして、昨日、東京ドーム公演を皮切りに、初のソロライブをスタートさせたビヨンセ。
うーん、いまやぶっちぎり一番の勢いなだけに、スゴイライブだったんだろうね。。
ドームってやっぱり広いだろうから、ビヨンセもマメツブの可能性大だが、行きたかった・・・。ケド今無職だからいけないのだよ・・・(涙

あと3公演と、意外に日本公演は少ないんだ。
そんで、空港に降り立ったビヨンセは、女の子女の子してて、世界のスーパースターって感じがしなかった。ビヨンセだって普通の女の子なんだよなぁ。あんなにスターだけど。まぁ、25歳なんだし当たり前か。でも間近でみたらオーラあるんだろうな。

そういえば、ビヨンセ、ニューアルバム第二弾だしたけど、まだ買ってない。ああいう売り方どうなの?って話は別にして、ちょっとほしいのは、DVD!やっぱりPV観たらテンションあがるから。
でも今は、ビリーズブートキャンプのDVDを見るだけで(やるだけで)精一杯。なんていうのはウソだけど、ビヨンセの『B-DAY』シャキーラだっけ?一緒にやってるの。あー、ビヨンセこういうのはナシだよ・・・。って言いたい。でもほしいから結局買うんだけどね。



2/27 『ドリームガールズ』を観る
beyonce4.jpg


公開前から気になっていた、ビヨンセ主演のミュージカル映画『DREAMGIRLS』を観てきた…。日曜に行ったのだが、CMも大々的にやっているし、話題性も抜群なだけあって結構な混みよう。
そして…。鑑賞してきたのだが…。


感想。
普通に面白かった。そして上映時間が長い!2時間半ですか・・・。
ビヨンセは、いつもどおりキレイで、役どころは、ビヨンセの性格からすると正反対。
ビヨンセは、この映画のために10キロ痩せたらしい。だから、普段のビヨンセをガリガリにした感じで、顔はきれいになってた気もするが、体は肉感的なほうが健康的で良いような気がした。
10キロ痩せるのにたった10日間で過激なダイエットを行ったらしいのだが、その方法がまた…ねぇ。ハリウッドニュースによると、ハチミツ入りのレモン水をずーっと飲み続けたらしい。体に悪そうだなぁ…。
とにかく、ビヨンセはそんな過酷なダイエットに耐えて、あの役柄を演じきった。
ビヨンセは確かにキレイ…そして主演なのだが。。
脇役のジュニファー・ハドソンの存在感がビヨンセ以上。まず歌唱力がものすごい。ドスの効いた黒人声で不満や喜びを表す力といったら…。
あれならアカデミーの助演女優賞をとってもおかしくないなー、と。

そして。
このミュージカル映画、聞く所によるとダイアナ・ロスの半生を描いたものなんだって。だから当然、マイケルの時代ともかぶっているわけで、始まる前から「もしかして、ジャクソン5も出てくるのかな…」と淡い期待を抱いていたのだが、予感は的中。途中のステージで「こ、これは・・・!」という場面に遭遇。あの5人組みは、あのオチビちゃんは、まさしくJACKSON5…!!。マイケルと兄さんたちソックリな5人グループが、これまた『ABC』にソックリな曲をステージで歌う場面がありました。
もうそれだけで大満足!!!

・・・って結局そこかよ!(笑


1/25 ビヨンセ 『ドリームガールズ』アカデミー賞8部門ノミネート
gen.jpg

こないだ、ロンドンの上映会に姿を見せたと思っていたビヨンセが今度はビバリーヒルズへとんでいた。


アカデミー賞、「ドリームガールズ」が最多8ノミネート


[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] 第79回アカデミー賞候補が23日に当地で発表され、ミュージカル映画「ドリームガールズ」が最多8つの賞にノミネートされた。

 同作品は、助演男優賞や助演女優賞など8つの賞候補にノミネートされたが、作品賞と監督賞の候補からは外れた。

 次いで、日本人女優の菊地凛子が出演した「バベル」が作品賞や監督賞、それに助演女優賞など7つの賞候補に、「Pan's Labyrinth(原題)」と「クイーン」が6つの賞候補にノミネートされた。

 注目の作品賞には「バベル」のほか、「ディパーテッド」、「硫黄島からの手紙」、「リトル・ミス・サンシャイン」、「クイーン」がノミネートされた。

 映画界最高の栄誉とされる同賞の受賞者・作品は、来月25日にハリウッドで開かれる授賞式で発表される。



これも、自分にとっては「ふーん・・・」というあまり興味のないニュースなのだが、ビヨンセも忙しいなぁ…。さすが波に乗っているだけある。
デスチャを解散したときから、女優への道は見えていたのだが、やっぱり音楽ファンとしては、ずーっとシンガーであってほしいな、と思う。
歌手から女優、俳優へ転向する人は少なくないとは思うんだけど、大成するかは?なんだよなぁ~。まぁ、この映画も観てみないことには、なんともいえないのだが。映画の内容は…どうなんだろう?多分、サクセスストーリー…っぽい。ビヨンセが主演するくらいだから、ビヨンセの人生とちょっとかぶっているんだろう。
マイケルも、俳優になりたい、という夢はずっとあったみたいだし、やっぱりハリウッドの映画女優になるのは、どんなスターでも夢なのかも…。

音楽ファンとして思うのは、JBみたいに歌一本で一生を終えるってのがやっぱりカッコイイってこと。ちょっとオマケで映画もやって、基本は音楽でいくのが音楽をやる人の王道ではないか、と。
ビヨンセは完璧主義なようで、どっちも成功させたいわ!という感じだが、ファンとしてはどうなんだろう。私個人としては、やっぱり餅は餅屋ってことで。まぁ、そんな日本の格言を言われてもビヨンセも困るだろうね(笑 というか、そんなのビヨンセの勝手じゃん、と言われればそれまでだけど。

ちなみに、ファンとして思うに、マイケルの俳優願望は(おそらく)消えているとは思う…んだけど。
やっぱり、マイケルには音楽を通じてのエンターテイナーであってほしい。
これはきっとファン共通だと思う。
だから、というわけじゃぁないけど、やっぱりビヨンセにも音楽で行ってほしいなー…と思ってしまう。やっぱね、こう俳優(女優)と歌手のオーラってなんとなく違う気がするんだな。
だって、やっぱりジョニーデップやブラピは映画俳優で極めてるオーラ出しているけど、あの人たちがCD出しても聴きたいとか思わないもんねぇ。
それともその逆はアリなのか?う~む。自分の中ではナシである…。





1/24 ビヨンセ 『ドリームガールズ』のプレミア上映会に登場
beyonce2.jpg


ロンドンで行われた上映会に顔を見せて、ポーズをとるビヨンセ。


[ロンドン 21日 ロイター] 米歌手兼女優のビヨンセ・ノウルズが21日、ロンドンのレスタースクエアで行われた映画「ドリームガールズ」のプレミア上映会に出席した。

 ビヨンセは、ストラップレスのドレス姿で登場。共演のアニカ・ノニ・ローズやジェニファー・ハドソンらとともにカメラマンに向かってポーズを取っていた。



今回のビヨンセの顔は、ちょっと強面。なんかマユゲがコワイ。
ビヨンセって、気合が入りすぎてスゴイ顔のときがあるよね…。まぁ、写真写りが悪いだけかもしれないけど。やっぱり強い女を演じるっていうのは、あんな風な表情になるのかな?
こないだ、雑誌を立ち読みしていたら、ビヨンセの特集があって、インタビューもあったんだけど、その中で『疲れませんか?』というストレートな質問があった。ビヨンセは「もちろん、疲れるわよ。でも上を目指したいの」みたいなことを言っていた。
ああいうハングリー精神って、どこから生まれるんだろう?
多分、若い、ってこともあると思う。でもそれだでは説明がつかない。
そのインタビューによると、ビヨンセの育った家庭は、結構裕福だったらしい。ケリーローランドを養子にするくらいだから、当たりまえかな…。
そんな恵まれた環境にありながら、小さい時から歌手を目指してステージングしていたとは、やっぱり成功する人は違うねぇ…とお茶でもすすりながら言いたいところだが、いやいや、そんなんじゃなく。
単純に尊敬するなぁ。日々のトレーニングで体を鍛え、歌手として成功を納め、女優としても活躍し始めたビヨンセ。
そんな非の打ち所のない彼女をもっと魅力的にするには…。とふと思ったのだが、彼女には隙がない感じがイマイチ惹かれないところかなー…と勝手に思っている。
完璧すぎるのだ。だから、もっと隙…というか足りない部分を見せてほしい。でも見せないんだろうな-…。
あれで結構ズボラとかさ。彼氏には意外に尽くしてる、とか。実はだめんずだったとか。なんかないのか?完璧すぎるぞ、ビヨンセ…。
アーティストの魅力を発見するのは、結構むずかしいものだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル