マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何故、マイコゥが好きなのか?
3_28-3-326-686_20031120125142_small.jpg

何故自分はそんなにマイコゥのファンであるのかは、自分でもわからないことのひとつなんだなぁ…。なんでだろう?
確かに、小学校6年の時に見た「バッドツアー」で「スゲーーー」と感動したのは事実なんだけど、多分その時はここまでファンになるなんて、自分でも思ってなかったんだよね。
バッドツアーのあと、マイコーって「ステージは今後引退する」って宣言した時期があって(その後その宣言は撤回された)、彼としては映画の世界に行きたかったんだよね。そんで、作った映画が「MoonWaker」だったわけで。
アタシはもちろんその映画を見て、マイコーをますます好きになった。
ダンスよりも、彼の優しい眼差しや笑顔、蚊の鳴くような声などなど…なんか全体的にあのバッドツアーで見た激しい彼とは全然違うものを感じたんだよね。すごいギャップを感じたの。
だから、本当の意味で好きになったのは、あの映画を見てからかもしれない。子供心に、あの笑顔にとても親近感を覚えたのだ。
だから、マイコーのSF(ショート・フイルム)で女の人と共演している「男・マイケル」を見た時はショックだった。なんか、マイコゥを一人の女性にとられてしまうような、恋愛感情みたいのとは全然違う寂しさっていうか…うまくいえないけどね。家族に恋人ができた時のような、嫉妬心と似ているかな。みんなのマイケルをとられた!!!そんな気持ちになったのだ。
そう、子供って「みんなのマイケル!」って感じで好きになると思うんだよね。アタシもその一員だったってわけだ。

その後、もっともっとマイコーの作品を知りたくなって、昔、ジャクソン5からデビューして、兄弟と歌っていたこととか、自分の知っていた曲が実はマイコーの曲だってことがわかって、衝撃を受け、どんどんハマっていった・・・ってそんな感じでマイケルマニアになっていったってワケ。今考えてみると、小学生が「BAD」聴いてる姿って、なんか自分でも気持ち悪いよなぁ(苦笑)と思ったりする。
だって、「BAD」に入っている曲って大人向けの曲だと思うもん。実際、子供の頃はマイコーの曲の本当の意味とか凄さってのは理解してなかったしね。
だから、今改めてアルバム「BAD」を聴くと、なんかあの時聴いたシンセサイザーの音とか全然いやみじゃなくて、まさにマイコーは時代の最先端をいってたんだなぁって思う。その頃は、電子音が結構イヤで、「あぁ、ジャクソン5時代のほうがいいな」って思ったこともあったけど、今となっては逆になってしまった。

そんなんで、私自身は彼のファンであり続けて、今でも彼が大好きなわけなんだけど、それとは逆に世間の彼に対する一般的評価っていうのはどんどん下がっているでしょ?(個人的にはそう思う)
多分、それはマスコミの情報操作が大きな原因だし、また、彼の「整形人生」に対する嫌悪感とかあると思うんだな。
アタシは、マイコーの整形に対してはなんとも思わない…っていうか、むしろアタシはマイコーがスリラーのころの皮膚の黒さと男っぽさを今でもずっと持ち続けていたら、きっとこんなに好きになっていなかったのではないか、とも思う。私が好きになったのは、あの中性的な存在の「マイコゥ」だし、それ以前のがっしりとしたマイコゥは今みると「カッコイイ!」と思うんだけど、もしずーっとあのままだったら、きっとこんなにファンでありつづけることはなかったんじゃないかと思うんだよね。なんなんだろうな~、この複雑な気持ちは…。
だから、ファン心理としては世間とは正反対の方向に彼への評価はどんどん上がるんだよね。

私は、人の内面のドロドロとした部分にはすごく興味があって、「整形して変わるマイコゥ」そのものが人間の根底にある部分をすごく表しているでしょ?あの辺がすごく好きなんだなぁ…。というか、人間って誰しもドロドロとした話は好きだと思うし、だからこそマイコゥの整形に対して異常なまでに報道され、世間は反応するんだと思うんだな。

でもね私、マイコーは「BAD」の時(1988年ごろ)の顔で行って欲しかったなぁ、とも思っているんだよね。あの時の彼ががアタシの中ではベストだから…。皮膚も浅黒いくらいになったとき。
今の彼を見ていられないときがある。やせ細って虚弱体質みたいな顔してる彼を見てると本当に悲しくなってしまうのだ。
でも、最近の映像では笑顔が戻っていたから少し安心。本当の意味の幸せをつかみつつあるのかもしれないよね。がんばれ、マイクゥ~~~。大好きだよ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽


アルバム「DANGEROUS」より
10000495936.jpg


相変わらず「INVINCIBLE」ばかり聴いている管理人ですが、そのネタばかりだとつまらないので、ここでちょっとアルバム・デンジャラスのついて書こうかなと思います。
このアルバムは、アルバム「BAD」から約4年後発売されました。アタシは、このころ高校生で、マイコゥの「デンジャラス・ツアー」にはいけず…。いや、正確には父の許しがどうしてももらえず、ドームへはいけなかった…。う~む、今考えても悔しい。デンジャラスツアーは、完成度高いんですよね。これは今、DVDになって「ライヴ・イン・ブカレスト」ってタイトルで発売されてる。アタシ的には、バッドツアーのほうがいいけど…。マイコゥのフル・ナマ声ライブだし。
デンジャラスツアーは、マイコゥ口パク結構やってたんだよね(そのことを知ったのはだいぶあとなんだけど)。
でも、30代になってからのツアーだったし、それは仕方ないんじゃないかなぁ~。どんな人間だって、歌って踊ったら声が乱れるもんね。批判する人もいるけどさ、じゃオマエがやってみろ!って感じ。
ナマ声&ダンスライブはマイコゥの場合、20代まではできてた。まぁ、それだけでも、スゴイんだよね☆だから、マイコゥの一番のオススメのライブは「バッド・ツアー」なの!!!バッドツアーって、ビデオとかDVDになってないんだよね。なんでだろ…。アタシは、そう、ファンになるキッカケがバッドツアーのTV放送だったから、もちろんビデオにとってあるんだけど、オークションなんかではよく、コレクターズのDVDで出てるの。アタシもDVDは保存の意味も込めて買っとこうかな~と思ってる。
それから、バッドツアーって、1987年に日本を皮切りに始まって、1988年にもずっとやっていた。だからマイコゥも1987年、1988年と2年続けて日本にも来ていたのね。その1988年ツアーでは「アナザー・パート・オブ・ミー」という曲が加わってて、これ、すんごいカッコイイのね。マイコゥのダンスにとてもキレがあって、ナマ声でよくあそこまで踊って歌えるな、ってくらい。
「アナザー・パート・オブ・ミー」は曲自体もカッコイイんだけど、この曲って実はBADからはずされる予定だったのね。この曲が候補に挙がったとき、マイコゥは入れるのを反対したの。だけど、クインシー・ジョーンズが絶対いい!って押したっていう。それで、アルバムの6曲目に入ることになったんだけど、これがなかなかいいんだな。
曲調とか歌詞とかすごくシンプルで、ホント、繰り返してるだけなんだけど、ダンスナンバーとしても最高かなと思う。万人ウケする曲だよ。
で、ライブでのマイコゥの歌い方もなんかいいんだよね。優しいヴォーカルでさぁ・・・。

あれ?今日はデンジャラスのこと書こうと思ってたのに、いつの間にか「バッド・ツアー」のことになってる…。そんな日もあるか。。

ま、マイコゥネタを話し出すといつもいつも脱線するので、今日もその一環ということでお許しください…。

「Another Part Of Me」Michael Jackson ライブ動画です。これめっちゃカッコイイ~!!!


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


アーム!アンッ!ブレイッカボッ!!!
00000241.jpg

またまた「INVINCIBLE」。ひっぱるなぁ~~~~。今日取り上げるのは一曲目「UNBREAKABLE」。
マイコーのアルバムの中でどれが一番好き?と聞かれたらやっぱり「最新のアルバム」と答えるアタシとしては、今最も好きなアルバムは「INVINCIBLE」なんだよね☆だって、それが、今の彼を一番表しているワケだからね。

このアルバムってタイトルは「INVINCIBLE(無敵)」って意味だけど、一番最初の「UNBREAKABLE」も「ヤワなヤツじゃない」とか「かなわない」とかって意味なんだよね。
アルバムの中にそういう言葉がちりばめられてて、マイコゥが誰に対して歌っているかというと(勝手な想像に過ぎないんだけど)、リサ・マリー・プレスリーだったり、マスコミだったり、自分の子供たちだったりするんだよね。
ちなみに、子供の母親であるデビー・ロウへの歌っていうのは…個人的にはマイコーって彼女に対しての思いいれってあまりなかった気がするんだなぁ。だって、インタビューでもあまりデビー・ロウの名前は出てこないもんね。彼女が一般人だからというのはあるんだろうけど。マイコゥって結局有名人が好きっていう、ミーハーなところがすごくあるし。だから、ここではあえてあげていないけど、デビーへの想いはマイコゥ本人のみぞ知るってことで(笑)

この「UNBREAKABLE」って、「BAD」をちょっと大人な感じにしたダンスナンバーだと思うな。この曲のラップの部分は今は亡きザ・ノートリアスB.I.Gなんだよね。この人とは、マイコーは「THIS TIME AROUND」っていう曲で共演してるんだけど、この人って1997年に亡くなってるの。だから、この曲はその前に収録されてたんだよね。1997年っていうと、リサ・マリーと離婚したのは1996年だった(またその話)。まぁすぐに、デビーと結婚したんだが。でも、リサへの想いっていう意味では、それまでマイコゥが書き溜めた曲のなかにもあると思うんだよね。だから、このアルバムの中にもそんな心境を物語った曲をいくつかいれているんじゃないかな…。だから、「Don't Walk Away」はリサへの想いなんじゃないかな、って思ったんだけど。「ぼくの夢が全部壊れちゃったのは何故なの?」って歌うんだから、何かへの想いがあるのは確かなんだよね。もしかしたら、デビーに宛てた曲なのかもしれないけど。う~ん。この「Don't Walk Away 」は、マイコゥのことよく知らない人でも、是非聴いてみて欲しいな…と思う。すごくロマンチックな歌ですよ。失恋の曲ですけどね。

マイコゥって、アルバム制作に他のアティストとは比にならないくらい時間をかけてるってことが、この事実からもわかると思う。このアルバムが発売されたのは2001年の10月29日だったから、そう、、、手がけた時間は5~6年くらいってことになるんだよね。だからマスコミからは「復活した」とか言われちゃうんだけど、実は復活でもなんでもない。水面下ではニューアルバム作成をしてるってワケなの。
アルバムの候補の曲も100曲以上あったといわれていて、その中から何回もレコーディングしては没になったり、あるいは違う曲を練ったりと、一見適当に選ばれたような16曲だけど、実は選び抜かれた16曲なんですよ。だからこそ、マイコゥの想いがいっぱいつまった彼の声明であり、私生活やマスコミへの主張がどんどん濃くなっていくんだと思うんだけど。その辺の小さなことへのこだわり方がマイコゥのすごいところなんだよね。やっぱり完ぺき主義っていうか。



10000596932.jpg


今日の写真は、マイコゥがはじめて自分の子供を抱きかかえた時の写真。この子は「プリンス・マイケル・ジャクソン」って名前なんです。
プリンスってことは…マイコゥ、やっぱり歌手「プリンス」を意識してるのかなぁ…って思ったよ(笑)
プリンスとマドンナってマイコゥと同期なんだよね。1958年生まれで共通してる。知ってました?デビューの時期こそマイコゥとは違うけど、絶対ライバル意識もってるね。この3人は。きっと。それぞれ、まだ現役で活躍してて、「オマエには負けない」って気持ちがどこかにある気がするのね。なんか。路線は全然ちがうと思うんだけど。
プリンスってセックスシンボルって言われてるし、マイコゥはどっちかというと「世界愛」でしょう?若い時は「セクシー」っていわれてたけど、既に「DANGEROUS」の時はセクシーから「癒し」に変わった気がするんだよね。ま、個人的な印象ですが。
プリンスとかマドンナとのエピソードもあるけど、今日はこれくらいで。
同級生はお互い厳しいことを言い合って成長するんだ、と。まぁ、キツイこと言うっていうのは、愛がなきゃできないことだとも思うし。そんな3人のことはまた今度。

「Unbreakable」のファンの動画?もちょっとマシなのがよかったんだけど、ない…。動画はヘンだけど、曲は聴けます。聴いてみてください!
「コズ アム アンッブレイカボゥッ」って感じですわ。まさに。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


引き続き「INVINCIBLE」
10000597108.jpg


昨日、リサ・マリーの話がちょこっと出たので、今日の写真はリサ・マリーとのツーショットで。
いや~、こんな時期もあっただんだよね~★マイコゥも多分このときは幸せだったんじゃないのかなぁ…。はぁ(溜息)。

結婚した、って聞いたときはそりゃ、ファンだからかなりショックでしたけどね。それまで、リズ・テーラーと仲がいいとか(今でも実際仲がいいけど)、ブルックシールズと恋人の噂とかさ、しかもブルックシールズから「マイケルとは何もない」なんて言われちゃってて、なんかかわいそうだったのよ。あんなデカイ女、こっちから願い下げだ!って感じだよね☆それに、アレは、カモフラージュっぽかったからね~。そんなカモフラージュになんでマイコーが振られなきゃいけないの?まったく…。でもマイコーは優しいから別になにも言わないのね。ま、そんなこと別にいいよ、って感じなんだろうな~。
そんなこんなで、ファンとしては、マイコゥ、彼女いないのかな?とか(余計なおせっかいだけど)寂しくないのかな?とか悶々としてたのね。
だから、リサ・マリーと二人でいるところを見たらなんか心が和みましたよ。リサのほうがマイコゥより背が低いしね。お似合いだな~♪って思ってたの。よく二人で孤児院とか訪問して、そんなの見るたびに「よかった~」って思ってた。そしたら、2年くらいで離婚しちゃったーーー…。あらま。か、悲しい。なんかその頃から、マイコゥの荒んだ心を表すような曲が多くなったな~ってね。笑顔も少なくなったし。
リサ・マリーって、世間では悪評買ってて「マイケルとニコラス・ケイジを売った」とか言われているんだけど(マイケルとの離婚後、ニコラスケイジと結婚→3カ月で離婚した…ニコラスは個人的になんで?って感じなんですけど)、マイコゥと私的に関わって唯一、訴訟を起こしてない人なんだよね。そこはいいと思うんだなぁ。リサは生まれながらのセレブだから、お金じゃないんだと思うんだよね。
そこが、マイコゥの結婚の時も「とりあえずカネ目当てではない」と立証できるところだった。だからかな?なんか、マイコゥもそれを感じてたと思うんだよね。自分に近寄ってくる人はみんな「カネ」か「有名だから」とかそういう理由でしょ?まぁ、結果的にリサもマイコゥを自分のためにネタとして利用しているわけだけど、少なくとも結婚はカネ目当てではなかった。そこが私としてもお似合いだな、と思える要因だったんだけど…。

リサと離婚後、マイコゥは自分の子供を持つわけだけど(二番目の奥さん・デビー・ロウとの子ね)、子供への執着心もこの頃くらいからだんだん大きくなってきたかな…ってファンとしては感じるワケ。

どんな風になろうが、私はマイコーを愛しているから全然いいんだけどね。マイコーの場合は、自分の私生活や人生観を全て歌の中で歌うから、怒りの歌とか悲しい歌を聴くと、マイコーのガラスの心が傷ついているのね、ってこっちも心が痛んでしまう。

でもそれは「INVINCIBLE」で吹っ切れたかな、って感じた。
このアルバム、本当に傑作だよ。普通、何回も聴いているうちに飽きてくるのが普通なんだけど、「INVINCIBLE」は飽きないの。飽きないどころか、また何回も聴きたくなってくる。
マイコーのバラードってアタシ的には「静かすぎるよ…」って感じであまり聴かなかったんだけど、今では反対になっているな~(笑)
マイコーの優しい声がアタシを癒してくれるから。。昨日の一曲としてあげた「YOU ARE MY LIFE」が今一番来てるな、自分の中で。
マイコーとダンスは切っても切れない存在だと思うけど、ダンスはなくてもいいからライブしてほしい。ダンスしながらライブはキツイからね~★☆
また日本に来ないかなぁ…。日本って、マイコーのヘンなニュースしか流さないから、日本人はマイコーに対してイマイチ理解していないと思う。
じゃ、日本にはこない?えーーーそんなのイヤだ~~!!!
バーレーンばっかりに居ないで、ライブしてよ~(懇願)。いや、ファンとしては、マイコゥにはゆっくり休んで欲しいしね…う~む(葛藤)。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


今一番聴いているアルバム「INVINCIBLE」
10000495894.jpg


今日二回目の投稿!やっぱり、自分の好きなアーティストについてなら、結構記事が書けるなぁ…。
今、一番聴いているアルバムはマイケルのベスト盤ではなく、「invincible」!!!このアルバムも、もう4年以上前のものなんだよね…。早いなぁ。
このアルバムを買った時は、そう、ホント発売してすぐの時だったから、アタシは赤いジャケのものを買ったけど、初回限定で5色くらいあった記憶がある。確か、白、赤、グレー、黄緑と…あとは何だったかなぁ。忘れた。青…かな?
そんな感じで、いろんな色のマイケルがあったのですよ。
このアルバムを買った時の感想。「なにこれ!」という不満たっぷりだった気がする。
でも、今改めて聴いたらすごいいいね。なんでだろう。マイケルの優しいヴォイスがなんともいえない。しかも、この一曲一曲がふわふわとした癒される気分に。まぁ、マイケルのアルバムはどの曲をとっても完成度が高いから、このアルバムもかなり完成度高い。でも、そんな言葉だけでは表現できない感じ…。
マイケルのアルバムって、マイケル自身の声明みたいなもんだから、invicible作った時って、多分、historyの時よりだいぶ精神的に落ち着いていたんだろうなぁ、って。
アタシの勝手な推測だけど、最初のほうの曲ってもしかして前の奥さんのリサ・マリーに宛てた曲なんじゃないのかな~、って思った。
「UNBREAKABLE」って、無敵とか征服できない、って意味だけど、「オレはアンタに利用なんてされないよ」ってメッセージ?リサ・マリーって男っぽくて嫌いじゃないんだけど、いかんせん、ショービジネスをなめてるなって感じは否めないんだよね。
マイケルを売名行為に利用した、とか言われているんだけど、アタシ的には結構いいカップルだなぁと思ってたので、離婚した時はちょっと残念だった。だって、相思相愛って感じだったしね。リサ・マリーの悪口を書くファンもいるけど、アタシはやっぱりマイケルに幸せになって欲しかったから、リサ・マリーが悪いとは全然思わないな~…。って何書いてるんだろ…。
で、「HEARTBREAKER」、「INVINCIBLE」と続いて、「BREAK OF DOWN」までがリサへの思いがこもってる、と。勝手に想像。
それから、これは多分当たってると思うんだけど、「HEAVEN CAN WAIT」はマイケル自身の子供(プリンス・パリス)への思いだろうな…。うん、きっと。「YOU ROCK MY WORLD」と「SPEECHLESS」もそう。子供たちに宛てた曲だね。
それから、「DON'T WALK AWAY」はリサ・マリーへの思いだと思うのね。なんか。違うかな?すごく切ないの。聴いてても痛々しいくらい。
失恋、って感じじゃないんだなぁ。もっと奥が深い歌という感じ。
「引き止めなかったぼくが悪かった」って歌うんだから…。
「PRIVACY」は、まぁ、マイケルお決まりの怒りの曲(笑)HISTORYの時なんて、半分くらいそういう曲だったし。マスコミに対してとか、検察官に対して、「オマエなんかキライだ」って歌うんだよね。
invincibleも、マイケルの内側を思いっきり表現してていいなぁ。
invincibleの残りの曲の評は、次回。マイケルの音楽のよさって日本にはないと思うんだよね。こんな人いないでしょ?
自分の嫌いな人のことを歌にしたりするんだからさ。好きな人のことも歌うけど、嫌いなことも歌う。内面に関してこだわるんだよね。だからマイケルって好きだよ。最高だ。

今日の一曲

prodctwing-img589x480-1131872778p1010026.jpg

アルバム「INVICIBLE」より10曲目に収録
「YOU ARE MY LIFE」
おそらく、ファンが作ったんでしょうね。マイケルの歴史を語る写真のオンパレード動画です。




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽


はじめまして
マイケルジャクソンの大ファン・pinokoです。
いままで、ずっとこのようなブログを開いてみたいと思いつづけてやっと、開設に踏み切ることができました。
このブログを通じて、彼の音楽やダンスのすばらしさや、また、日本では理解されずらい彼の繊細さ、やさしさ、生き方そのものを伝えていければいいな、と思っています。ファン歴は18年。小学校6年生の時からファンになり、それ以来マイケルをずっと追ってきました。
一ファンが書く、マイケルについての愛情をこめた記事ですので、温かく見守っていただければ幸いです。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル