マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006ワールドカップ 企画モノCD
earth.jpg

いや~、昨日、今日とマイコーのイノセント・ブレスが欲しくて、購入方法など、さくらさんにメイワクかけっぱなし…。さくらさん、ありがとう(涙)。
なんだか、やっとこさ理解できたかな~と思ったら、やっぱり違うとかで、自分の英語力のなさを露呈しております…。英語、話せるようになりたいよぅ!

なんでも、paypalというスバラシク便利な送金専用口座があって、それに登録すれば、いともカンタンに外国からモノを買ったり、または外国の人へモノを売ったりできるんだねぇ。オドロキ…。
昔、マニア雑誌『InRock』の後ろのページで発見したイギリスの会社からマイコーグッズを輸入しようとしたことがあったが、結構大変だった記憶が…。
いまや、ボタンひとつでアメリカでも、カナダでも、手数料無料…。スゴイ世の中だ…。
とまぁ、時代錯誤もはなはだしい管理人ですが、なんとかブレスを買いたいので、ちゃんとpaypal口座開設しなきゃな~、と思いつつ今日は過ぎていきました。

ところで、昨日から日本列島はG/Wに入っているが、私も今日から5/8まで仕事なし。途中、友達が帰省するから少し遊ぶけどそれ以外は、特に予定なし(悲)。
というか、例年G/Wは家でゆっくりしたいし・・・ってか、ここ数年は勉強しなければならないという事情があり、マッタク旅行なんてしていない。今年も勉強だ(泣)。ハヤク資格試験の勉強から逃れたい…。タスケテ、マイコー。もうすこしガンバラなくてはなぁ~…。

今日の本題だが、ワールドカップなんだよね。今年って。私はサッカーなんて全然疎いので、それこそベッカムくらいしかわからない(恥
でね、サッカーの内容はよくわからないのだが、日本で企画モノとしてオムニバス・アルバムが出ることになった。
その中にはもちろん、我らが愛しのマイコーも♪
だから記事にしたんだけれども。ドイツといえばマイコゥだからねぇ。多分、スゴイ人気なんだろうなぁ。日本では考えられないほどの。マイコゥもベルリン好きだしねぇ。

収録曲は『Earth Song』。ま、そのほかにもマライア・キャリー『Hero』、エルトン・ジョン『Your Song』なども入ってる。しかし、なんで『EarthSong』なんだろ…。環境の歌だから?なんかもっとふさわしい曲がありそうな気が…。例えば、『Jam』とか『BeatIt』とか。対戦ぽいヤツ・・・。さすがに『BeatIt』は古いのかな。ま、『EarthSong』でもいいのだが。マイコゥも好きな曲みたいだし・・・。『EarthSong』と言えば、巻き戻しSF。マイコゥが歌うと、枯れた木がまたもとに戻って、芽吹くんだよねぇ。あれを見たときは、「巻き戻しでしょ、これ」と恐ろしく冷めた声で思わず口走ってしまった…。
曲の内容とかいいんだけどね。どーもアタシはあの手の歌がそんなに好きになれないんだなぁ。キライじゃないんだけどサ。


で。アルバムの曲目載せときます。




VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバムオムニバス


定価: ¥ 2,548
販売価格: ¥ 2,548
発売日: 2006-05-24
発売元: BMG JAPAN
発送可能時期: 近日発売 予約可


【収録曲】
(1)タイム・オブ・アワ・ライヴズ(イル・ディーヴォ)
(2)アイ・ビリーヴ・イン・ユー(イル・ディーヴォ with セリーヌ・ディオン)
(3)ヒーロー(マライア・キャリー)
(4)エヴリタイム・ウイ・セイ・グッド(ロッド・スチュワート)
(5)ビコーズ・オブ・ユー(ケリー・クラークソン)
(6)ワン・モーメント・イン・タイム(ホイットニー・ヒューストン)
(7)サンキュー(ダイド)
(8)素顔のままで(ビリー・ジョエル)
(9)ユア・ソング(エルトン・ジョン)
(10)ユー・レイズ・ミー・アップ(ウエストライフ)
(11)アース・ソング(マイケル・ジャクソン)
(12)ウーマン・イン・ラヴ(バーブラ・ストライサンド)
(13)プレイング・フォー・タイム(ジョージ・マイケル)
(14)ホワイ(アニー・レノックス)
(15)オールウェイズ・オン・マイ・マインド(エルヴィス・プレスリー)
(16)もっとうつくしく(エロス・ラマゾッティ)
(17)トゥルーリー・マッドリー・ディープリー(サヴェージ・ガーデン)
(18)ヒップス・ドント・ライ(ニュー・ヴァージョン)(シャキーラ)
(19)セレブレイト・ザ・デイ(ヘルベルト・グレーネマイヤー



試合の時にかかるのかな。かかったらウレシイな~。かかるなら見たい(ゲンキン)。
サッカーワールドカップ2006の日程はこちら。
amazonで買うならこちら。



スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽


ガセネタかい!
0DorchesterPillow.jpg


昨日、一昨日と連日引用していたニュースがガセだと。なんだってぇ?というか、やっぱり…(ため息)というか…。なんだよ、ウソかよー。
ホント、マスコミの流すニュースなんて、すぐに食いついちゃいけないってことなんだよねぇ。…ということは、すぐに食いついたアタシに問題があったのかも…(汗)。
まぁ、マイコゥに対する悪意たっぷりのニュースがかなり懐疑的に見てて、最初は信じない、というか、ちゃんとしたニュースソースや、オフィシャルコメントが出ていない段階では、全く信じられないんだれども、いいニュースであっても、実は全く根拠のないものだったりするんだよね★
今回はDJ.Whooが語った、とか言ってテキトーなニュース流してたケド、Whooのほかに、誰かが一枚も二枚も噛んでそうな予感。。

では今回のニュースをまた引用。


MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)と50 CENT(50セント)の共演はデマ?


既にいくつかのメディアで報じられ、ここでもおしらせしたMICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)と50 CENT(50セント)の共演はどうやらガセネタの模様。

MICHAEL(マイケル)の側からも50 CENT(50セント)の側からもこの件に関する具体的なコメントこそないものの、共演が収められるとされたミックステープを制作するとされたG-UNITのDJ WHOO KID(DJフーキッド)は当の共演に同じく参加すると言われていたLUCY DIAMONDS(ルーシー・ダイアモンズ)なる新進女性シンガーの存在すら知らないと語る一方、同シンガーのスポークスマンも「彼女の曲が盗まれてでもいないかぎり、共演はありえない」と語っている。眉唾な噂にしてはあまりにも具体的だったこの噂の続きは……?



ってか、これじゃ名前が出ている全員が否定してるようなもんじゃん。。DJ.Whooまでも否定。なんだよ!誰だよ~!!変な期待させやがって(いきなり荒い言葉遣い)!!←鼻息荒い

名前が挙がったアーティストのスポークスマン全員が具体的なコメントを出さないってことは…やっぱりガセかー(落胆)。
だって、マイコゥがこんなにハヤク活動再開するとは思えないもんなー…。だよね~★★
でも、これからもマイコゥのニュースはしばらく続くんじゃないかな~というのが、アタシの予想。
多分、マイコゥのおかげで潤う人たちで、何かしらのニュースを流していくんじゃないかと思うの。
なんだかんだ言って、マイコゥは金の卵的存在だと思うのね。悪いイメージがついたってやっぱりファンは世界中にいるわけで。それに、多分地球上でマイケルジャクソンを知らない人のほうが少ないんじゃないかと思うから(まぁ、だからこそタブロイドが売れるというのはあるけれど)、これからも彼の存在が報道されると思う。
ファンとしては、この地球上でマイコゥが生きてるというのがわかるのは、とてもうれしいけど、彼にもプライバシーが必要だしなぁ、とか思うとフクザツな気分…。
あ、本題とそれたケド、今回のは嘘っぱちデスカ…。
期待したアタシがバカだった。ってか、すぐに信用したことに反省…。
50CENTとの共演はガセだったみたいだが、『I Have This Dream』はホントに発売するんだよね…?(←しつこい)・・・まいこー。



テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


先行シングル続報…どうやらホントっぽい…!!
whookid.jpg

右がDJ.Whoo・kid(フー・キッド)。アタシも良く知りません…。
マイコゥもいっちょまえに、ポーズとってる…。

今日、仕事から帰ってきてYahooニュースをチェックしたら、昨日言っていた、マイコゥと50CENTとのデュエット(?)のミックスアルバムが実現しそうだ、という続報が…。
しかも、そのアルバムからの先行シングルは11月、DJ.Whoo(フーと読むらしい)がミックスしたミニアルバムが、マイコゥの未発表曲5曲を入れて作られるみたいね★しかし、このDJ.Whooという人も、マイコゥに乗っかって自分も売れようっていう感じがスゴク伝わってくるなぁ。ま、誰しもそうなんだろうけれども…。もちろん、マイコゥにあこがれている、というのはすんごい伝わってくるし、わかるが、マイコゥの曲をミックスしてアルバム出せば、世界が注目してくれるんだからなぁ。世界が市場になるってどんな気持ちなんだろ。ってか、DJ.Whooってアタシは知らなかったケド、もしかして、知る人ぞ知るって感じなんだろうか…。マイコゥが接近するということは、有名だということが結構条件だったりするからなぁ(苦笑)。これ読んでてくれて、DJ.Whooのファンという方がいたらゴメンナサイ。無知です。

で、ニュースはここから引用。

MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)と50 CENT(50セント)の共演がミックステープで実現

DJ WHOO KID(DJフーキッド)のミックスによるMICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)のオフィシャル・ミックステープ『MJ Unit-The Takeover』でMICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)と50 CENT(50セント)の共演が実現することになりそうだ。

これは“Trial Of The Century”と題された新曲で、50はLUCY DIAMONDS(ルーシー・ダイアモンズ)、DJ WHOO KID(DJフーキッド)らとともにフィーチャリングに名を連ねている。

また同ミックス・テープにはMICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)の未発表曲5曲とG-UNIT(G・ユニット)関連のトラックとのミックス曲、LLOYD BANKS(ロイド・バンクス)、MASE(メイス)、YOUNG BUCK(ヤング・バック)、MOBB DEEP(モブ・ディープ)、M.O.P.らの各新曲も収められる。




MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)と50 CENT(50セント)の関連情報
もリンクしてあったので、貼っておきます。

http://www.soundtable.co.jp/news.php?newsid=481

http://www.soundtable.co.jp/search.php?artist=50%20CENT

いやー、楽しみだ…。11月に先行シングルってことは、アルバムは今年の12月くらいかなぁ?DJ.Whooが仕事遅くなきゃ、なんとか今年中に聴けそうだけどな…。ま~、マイコゥよりは早いよね、きっと。あぁ、期待しちゃうよ・・・。




テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


マイコゥwith50セント 11月に先行シングル?
0001872M.jpg

こちら↑、超テキトーなエディ・マーフィとのデュエット曲『Whatzupwitu』。
動画はこちら。
(←こういうのはヤダ。。)

マジ?マイコゥ、精力的に活動してるなぁ…ってか、周りが盛り上げてるだけのような気も…。なんか、3日に一度はマイコーのニュースがやってくるよねぇ。それは前からそうなのかな…?
でも、なんか、マイコーの話題を出さないと気がすまない、というくらい、毎日にのように何かしらのマイコーのネタを見るよ。
いいニュースでも悪いニュースでもいい。いえ、悪意のあるニュースはいやよ(どっち?)。ケド、ニュースがあるということは、過去の人じゃないってことでしょ?悪いニュースだって、人気のない人のことなんてニュースにならないと思うの。だから、何かしらのニュースがあるというのは、スターの証拠☆話題になるということは良いことだ。まぁ、ファンとしては、いいニュースに越したことはないんだけれどもね。

今日のYahooトピックスでアップされてた記事。
前に、マイコゥにDJ.Wooという人が、ヒップホップのファン層にウケるためのアドバイスをした…というようなニュースをこのブログでも紹介したんだけれども、そのDJウーだかフーだかが、マイケルと50セントとの競作?をミックスして、来年のニューアルバム発売の前に先行シングルとして今年11月に発売予定…みたいな。
11月って…。今はまだ夏にもなってないわけだけど(苦笑)。

ここからニュース引用。

マイケル・ジャクソンと50セントが競演?!

マイケル・ジャクソンと50セントの競演曲がG-ユニットのDJフー・キッドのミックスCDに収録される予定であると、Billboard.comが報じている。

今年3月にDJフー・キッドがバーレーンを訪れた際にマイケル・ジャクソンと会談し、マイケル・ジャクソンが50セントとの競演を望んでいることが明らかとなっていたが、今度はDJフー・キッドが彼のミックスCD用の曲を手に入れるためにバーレーンのマイケル・ジャクソンの自宅スタジオを訪れる予定であると語った。しかし、50セントのスポークスマンは50セントがDJフー・キッドのミックスCD、及びマイケル・ジャクソンの次のアルバムで競演するかはまだ決定していないと語っている。

なお、マイケル・ジャクソンはバーレーンのアブドラ王子のレーベル、Two Seas Recordsから来年リリースされる予定のニュー・アルバムのレコーディングを現在行なっており、今年11月には先行シングル「Now That I Found Love」がリリースされる予定であるという。



やっぱりよくよく読んだら、DJ.Wooが勝手に語ってるだけみたいだね☆DJ.Woo…。あてにならないなぁ、コイツの発言は…。第一、50セントのスポークスマンが否定してるじゃんか。それとも真実なのか、DJ.Wooよ。
まぁ、どっちにしろちょっと楽しみだ…。ヒップホップだろうが、ラップだろうが、先行シングル聴きたい~!!
あ、その前に『I Have This Dream』だよ!あまりに話題にならなくて、忘れるところだった…!!

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


アルティメット&2006年カレンダー購入
今日、エンタの神様の再放送を見ていたら、小梅太夫が


ちゃんちゃんちゃん ちゃかすかちゃんちゃん 
ちゃんちゃんちゃん ちゃかすかちゃん~



マイケ~ル ジャ~クソンのモノマネしていたら~

勢いだけ似てるって言われました~ Aaow~!!!




といって、本当にムーンウオークしたり、マイケルのキメのポーズしたりしていた。結構旨かったのだが、見た人いますか?
ちなみに、ムーンウオークはちゃんとカカトでできていた気がする…(笑)。
まぁ、このように、アタシのアタマの中には常にマイコーが存在していて、こんなお笑いのネタで使われたことですら、覚えてしまうんですよ。まさにマイコー病(苦笑)。

で、今日の本題ですが。
いやー、ホント今更だけど、アルティメット買いましたよ。アマゾンで。カレンダーと。ほかのCDなどとまとめ買い。
カレンダー早く買わなきゃな~…と思っていたら、なんと、先日、在庫切れになってて、慌ててUSEDでいいやっ!って感じで頼んでしまったよ…。ごめん、マイコー。アタシにもマネーの事情があるわけで。
しかし、カレンダー買ったのっていつぶりだ~?!というくらい久しぶりのマイコーカレンダー。早速部屋に飾っている。これ、カレンダーと言いながら、季節感を全く無視した内容のマイコーが…いっぱい…(涙)。

mjcalendar.jpg
mjcalendarback.jpg


そんな中で、私のお気に入りは、『TheWayYouMakeMeFeel』の時の青シャツマイコーと、『BlackOrWhite』の帽子をかぶってポーズするマイコー。どっちも既出のものだけど…。そして、部屋に飾ってるのは、デンジャラス・パフォのものです。デンジャラス・パフォはカッコいいわ、やっぱ。
いやー、部屋にマイコーのものを飾ることってあまりないんだけれども、なんか、いい感じにハマってます。振り返るたびにマイコーが視界に入ってくる幸せ…(アホ)。


 119x180-2005032303442.jpg

そんでもって、やっとこさアルティメットを買った…。
これ、2004年発売だよねぇ?なんでいままで買わなかったのか?一応言い訳させてもらうと、買おう買おうと思っていたんだけれども(この時点で既に言い訳…)、ベスト盤的なものにもう魅力を感じなくなってたのと、今やってる資格試験の本代やら予備校代で首が回らなかったから。それにブカレストのDVDって、結構昔(たしか高校生くらいのころ?)友達にWOWOWで放映されたものをダビングしてもらってもっていたので、どーせ観たヤツかー、と思っていたから。
資格試験の勉強の日々で、マイコーのことも一旦お休みしておこうと思ったのだが…。やっぱりダメでした。そんなことをガマンしてもなにもいいことはない、というのがわかったので、また以前のマイコー熱が再燃…。限定モノだから、いつ売り切れるかわからない、と思っていたので、とりあえずゲットしておいた。

今日届いたから、さっきから聴いていて、全部をじっくり聴いていないんだけれど、ほとんど知ってる&持ってる曲だし…と思ってたら、未発表が結構入ってるのね☆あらま。しかも、若干アルバムとバージョン違いのものとか。

特にディスク2のPYTのデモ・バージョン最高じゃないですか!!!さすがマイコー。ディスク2がなかなか良い。これって時系列で入ってると思うんだけど、ベスト盤にしては、配列がよいと思った。なんか、しっくりくる。HIStoryの時の曲順よりずっといいような…。単に時系列だからいいだけ?

PYTの

P~Y~T~ Pretty~You~ngThi~ng♪

ってところがスバラシイ…。はっきり言ってこっちのほうがいいじゃん。アルバムよりも。。。ま、アルバムに入ってるほうは、面白いって感じだったけど、こっちはクインシージョーンズって感じの色がでてるなぁ~。
なんか、ロマンチックで大人な曲に仕上がってる。ま、主観ですが…。
PYTの次にくる『SomeOneInTheDark』もいいねぇ。マイコーの優しい声で癒されるよ。いつも思うのは、未発表モノや、カップリングで入ってる曲のほうが癒される曲が多いってこと。どーなんだろ。マイコー色でいうと、やっぱり険しく歌う曲がマイコーって感じなのかなぁ(意味不明)?
マイコーとしては、こういう静かな曲より、激しくビートの打つ曲のほうが好きなのかな…?

ディスク4に入っている、『BeatifulGirl』もイイ…。スティーブポーカロがキーボード。やっぱりこの人の曲は癒されるねぇ。マイコーが透き通るような声で歌ってて、『HumanNature』を思い出してしまった。そうそう、『HumanNature』もリマスターされてるのか、私の持っているアルバムのものより、きれいな音になってるし。
ディスク4にはアタシの大好きな『SomeOnePutYourHandOut』も入ってて、全体的に癒し系の曲が多いような気が…。しかし、マイコーの未発表曲って、どれ入れてもきっと売れるんじゃないかなぁってくらい完成度も高いし、全然古くないのね。さすがマイコーだなー。
きっとアルバム発売当時入れてもヒットしたんじゃないかなぁ、と思う。
マイコーがよく言っている、『どの曲もシングルカットされるような独立性を持っていないとダメなんだ』っていうのはこのことを表すのか…。ホント、ええ感じですわ。

こんな百科事典みたいな重厚なコレクションが作れるマイコーってやっぱりスゴイんだよね…。マイコーの歴史みたいな表がついてて、1969年のデビュー前のことから読んでて、本当にスゴイんだな、と。だって今2006年ですよ?40年間くらい第一線に居続けるってどれほどのことかって感じだよ。改めてファンやっててよかった、と思った。
今日は、またじっくりと未発表曲などを堪能しようと思う。




ニューアルバムのニュースだから…
2006_03_15t224726_317x450_us_jackson.jpg


まぁ、昨日とほぼ同じニュースですが…。今日もMTVニュースがUPされていたので引用。
ここのサイトではいいニュースはばんばん引用します。都合のいいサイトです、ハイ。なんとでも言ってクダサイ。
こんな幸せ感は、久々なので、ちょっと興奮状態。
他のファンサイトさんもいろいろチェックさせていただいた。。
みんなうれしそう…!!だよね、だよね~☆☆


マイケル・ジャクソン、バーレーンから新アルバムのリリースを発表。

マイケル・ジャクソン (Michael Jackson)が、3億ドル(約350億円)超の債務返済のために所有しているビートルズ(the Beatles)の楽曲の版権をソニーに売却する可能性があるというニュースをお伝えしたばかりだが、さらに来年ニューアルバムをリリースする動きがあるようだ。

Billboard.comが報じたもので、 マイケル・ジャクソン は、同国の王子Abdulla Hamad Al-khalifa氏が所有するレーベルTwo Seas Recordsとアルバム制作の独占契約を結び、スタジオワークに入ることを18日に発表した模様。マイケル本人も「新しい事業に信じられないくらい興奮している。音楽を作るためにスタジオ入りするのは楽しみだね」とコメントを出した。アルバムタイトル等は未定で、リリース時期も2007年後半とだけ発表されている。

余談だが、マイケルは、2005年6月に少年への性的虐待などの裁判で無罪判決を勝ち取った後、バーレーンに居を移しており、先月末にはバーレーンを訪れた G-ユニット (G-Unit)のDJウー・キッド(DJ Whoo Kid)が面会し、マイケルが次のアルバムでは 50セント (50 Cent)や カニエ・ウェスト (Kanye West)らと共演することを望んでいるとラジオ番組などで語っていた。



ホント、ビートルズの版権は高いうちに売っちゃって、身をキレイにしちゃいなよ~、マイコー。アタシはあんまり版権に関しては興味がナイのだが、版権ビジネスとして考えるなら今が売り時なのでは…(ビートルズファンにとって、マイケルが版権を持つことは、とてもイヤなことだと思うのですが…それがビジネスの世界というもの…It's Cool!)。
そんで新たな第一歩を!…と願いますよ。
でも、最近の画像みると、マイコーの痩せ方尋常じゃないのが気になるなぁ。やっぱりまだまだ体力ないんだろうな、と。
ちゃんと食べなきゃダメだよ、マイコー。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


ニューアルバムについてのニュースね!
0001925M.jpg


いやー、うれしいじゃないの!
…というか、うれしいニュースに飢えている?!
日本のニュースでも、マイケルのことはニュースになったみたいで…。引用させてもらいます。


M・ジャクソン、2007年に新譜発売へ

 
[ロンドン 18日 ロイター] 少年への性的虐待をめぐる裁判で無罪を勝ち取り、現在はバーレーンに滞在中のマイケル・ジャクソン(47)がポップ界のスターとしての名誉と地位を取り戻すべく、2007年にニューアルバムを発表することが決まった。アルバムの発売元となる、バーレーン国王の息子ハマド・アリ・ハリファ王子所有のレコード会社「トゥー・シーズ・レコーズ」が18日明らかにした。
 声明によれば、ハリファ王子とジャクソンが共同で立ち上げるこの新規事業の責任者として、英独立系レコードレーベル「Gut Records」のガイ・ホルムズ氏を最高経営責任者(CEO)として迎え入れ、同氏が、ジャクソンにとって2001年発表の「インヴィンシブル」以来初の新譜となるニューアルバムの制作、および音楽事業全体のマネージメントを担当するという。
 ジャクソンの広報担当者は、ジャクソンとハリファ王子の新規事業については知らされていないとしたものの、超大型ハリケーン「カトリーナ」のチャリティシングルのリリースでも、ジャクソンは「トゥー・シーズ」を選んだ、と話している。
 マイケル・ジャクソン本人は声明の中で「新たな事業に向けてワクワクしており、スタジオで音楽を作るという作業に戻れてとても楽しい」とコメントしている。
(ロイター) - 4月19日13時50分更新




それからMTVニュース。


マイケル・ジャクソン 来年にもニュー・アルバム?

長きに渡って待ち望まれているハリケーン「カトリーナ」の被害者のためのチャリティ・シングルを、後援者のバーレーン王子が設立した「トゥー・シー・レコード」というレーベルからリリースする計画を立てていたマイケル・ジャクソン。ここへ来て、マイケル自身が同レーベルと契約を結び、来年までにニュー・アルバムをリリースすることが明らかになった。同レーベルが18日に発表した。

同レーベルのCEOに任命された、イギリスの音楽業界のエグゼクティブ、ガイ・ホームズは、マイケルのマネージャーも務める。「この新しいベンチャーについて非常に興奮しています」とホームズは文書を通じてコメントした。「また、スタジオに戻って音楽作りをすることを楽しんでいます」。

MTV News
[ 4月19日 16時42分 更新 ]




フフフ…。いやー、まぁ、いつになるやら…って感じだけど、一応来年ってなってるね。いいね♪
なんか、アタシもいろいろがんばろうって気になってきたよ…(単純)。うん。
まぁ、マイコーのファンじゃない人にとってはどーでも良い話かもしれませんが…。自分は感極まって泣きそうなくらい嬉しいです…。本当に泣いてしまいそう…!!あぁ。。超興奮!!!

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


オォッ…!!ニューアルバム制作だって…(感涙)!!
20060418.jpg


メチャうれしいニュースが…!!

マイコーのコメント

"I am incredibly excited about my new venture and I am enjoying being back in the studio making music"



とうとう来たか。ニューアルバムの話題。う、うれしい…。
マイコー、音楽活動してるのね。去年の今頃では考えられなかったこと。。去年のこれくらいの時期って、裁判のネタばっかで、マイコーってもう歌わなくなるんじゃないか、ってすごく心配していた。たとえ無罪であっても…。もう歌う気力なくなっちゃってるんじゃないか、ってさ。
でも、その彼がスタジオにいるのですよ。もうね、この上なくうれしいですよ。
発売は2007年の終り、みたいな感じだったけど、…ということはおそらく、2008年以降になるんじゃないか、と踏んでいます(苦笑)。いえ、多分。マイコーは仕事ゆーーーっっくりなんで。
そういや、既に4月も中旬を過ぎたけど、『IHaveThisDream』どーなった?!
あれれ?
結構CD店のニューリリースコーナー、まめにチェックしてるけど、全くその気配はナイ…っつ~か、ネットのニュースのほうが早いか。
そういうニュースは止まってしまっているし。そっちも早く聴きたいなぁ。

一体どんなアルバムなんだろ?HIPHOP入れんのかなぁ?いえ、マイコー風になるならいいのよ…(渋々)。時代の流れをつかむのがウマイ彼だけど、わが道を行ってくれよ、マイコー。ダサカッコいいのがいいのだから~☆
アタシの希望?としては、ヘビメタ転向のマイコーもいいなぁ(謎)。敢えてファン層を狭めてみるとか。ありえない…?曲名は『GoToHell』とか。ブラック過ぎかな…?歌詞はスネドンに対する憎しみと警察の杜撰な対応とか、自分がやられたことを訴えるの。あーでも、一連の裁判に関してはもう思い出したくないかな…。あの裁判は大打撃だったケド、家族とファンとの絆を強めた出来事だったし…。間違いなくマイコーの人生の一ページとして深く刻まれていることだと思うから。

いや、この際開き直っちまえよ、マイコー。ファンはアナタが無実だって知ってるんだからさ★☆★☆

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽


7曲目の法則①
10000495893.jpg

マイコーのニュースが結構多い今日このごろ…。ニュースがたくさんあるのはうれしいけど、ニュースの内容がうれしくない…(涙)。マイコー、早く復活してくれないかなぁ~。でも休んでてほしい(どっちだ)。
でも、今日はそんなことを書きたいと思っていたワケではなく、マイコゥのアルバムについて書こうと思う。

…といっても、たいしたことは書けないので、よろしく…(泣)
マイコゥのアルバムってある一定の法則があるんじゃないか、とアルバム『Dangerous』が出た時に思ったのね。
でね、今日のテーマは名づけて『7曲目の法則』。マイコゥのアルバムの7曲目って、いつも癒し系の曲が入ってるよね☆それに歌詞の内容も切ないバラードが多い気が…。バラードではなくても、スローテンポな曲っていうか。
いえね、マイコーに限らず、アーティストってアルバムを作るとき、曲目にすごく気を使うっていうじゃない?それ聞いてからなんかマイコーの7曲目が気になりはじめて。この共通は偶然じゃないな、って思ったの。ずっと気になっていたので、ブログに書留めておこうかな、と。。


まず、マイコゥソロアルバム(ジャクソンズ以外での)第一弾『Off The Wall』から7曲目『She's Out Of My Life』。

bad-tour_021.jpg

この曲は失恋の曲。だから、癒し系ではなく切ない曲ってことになるかなぁ。けど、ダンサブルな曲じゃなくて、マイコゥのヴォーカルが存分に聴ける曲なの。ちなみに、この曲の最後では、マイコゥも感極まって泣いちゃいます。本当に泣いてるんだよね☆アルバムでは。マイコーは、こうやって自分の歌に魂を入れるの。しかしライブではさすがに本当には泣いてません。泣いた風なんだけれど。この曲でしんみりしたあと、いきなり『モータウン・メドレー』入ってるから。泣いていきなりあんなに明るく歌うのはムリでしょう…!!一応あれは、ショーですからね…。
この曲って、クインシージョンズは入れないほうがいいんじゃないか、と思っていた曲なのね。マイコゥがあまりに動揺するからという理由で。
でも、マイコゥがあんまりにも自分の想いをこめて歌うもんだから、最後はやっぱりこれも入れてもいいんじゃないか、と思ったという。
でも、この曲はあまりにも寂しいバラードなので、アルバムの最初とか最後にはするべきではない曲だったと思う、とマイコゥ自身も言っています。だから7曲目あたりに、ってことかなー?まー、この曲がアルバムの最後だと、悲しすぎるからなぁ~。


2枚目のアルバム『Thriller』からの7曲目は『Human Nature』。


thriller-uk7inch.jpg

『HumanNature』って結構好きな人多いんじゃないかな…。万人ウケする曲だと思う。とてもオシャレだし。アタシも大好き。TOTOのスティーブ・ポーカロが作曲したものです。
あの「ホワ~~~ぁ~~~ぃあぁ~~~」ってところが好き(わかるかな?)。
透き通るようなマイコゥの声。存分に伸びるマイコゥの声。マイコゥの優しい声が相まって、癒される曲ナンバー1に君臨(自分の中で)。きれいすぎる…!!
なんかこの曲を聴くと早朝を想像してしまう。

いろんな人がカバーしてるけど、アタシ自身はあまり聴いたことがなく、唯一もっているのが、SWVの『RightHere』とGENAIがカバーした『HumanNature』くらい。あとはMilesDavisやBoyzⅡMenもカバーしてるんだよね。原曲がオシャレだから、カバーしてもリミックスしてもオシャレになりそうだけど。。噂によるとMilesDavisはそうでもないらしい。う~ん、聴いてみたい…。もしも、これ以外でカバー曲を知っている方がいたら教えてください…!!


続いて3番目のアルバム『BAD』からの7曲目は『Man In The Mirror』。出ました!私の一番好きな曲です。実は。鏡の中の男ですよ。


MITM.jpg

映画『MoonWalker』のオープニングです。BADTourで『ManInTheMirror』を熱唱するマイコゥ。スバラシイ…!!
私がマイコゥを好きになった瞬間、というか決定的に大好きになった瞬間っていうのは、多分この映像ではないかと思っています。
「一体どうしたらこんなに一生懸命になれるの…?この人はどうしてこんなに切ない人なの…!!(感無量)」って思ったのを記憶しています。あぁ、かれこれ18年前くらいのことですね。。まさに衝撃的。躍動するリズム感…、とかではないの。そんなことよりも、、、ね。なんていったらいいのかわからない。コンサート会場にいる人々とひとつになるマイコゥをみた、というか。
こんな人みたことない、一言でいうとそんな感じでしょうか…。
後から、アルバムの歌詞カードをじっくり読んで、そのメッセージ性のスバラシさにも驚く。中学校に入ってから英語を習って、はじめて興味を持ったマイコゥの歌の歌詞。

好きなフレーズは

A Summer's disregard, a broken bottletop And a man's soul~

(あさ~ますでぃすりがー あ ぶろーけん ぼ~ろっとーぷ ぁんどぁめんざぅ そお~~ぉ~~お~ル♪)

というところ。美しい、美しすぎる…。
この曲って、マイコゥが作ったと思ってたら、違うんだよね。マイコーっぽいと思ったんだけど。作詞はサイーダギャレット。作曲はグレン・バラード。サイーダってクインシーの秘蔵っ子と言われていたのね。一時期、「サイーダになりたい」って思ってたし…(←バカ)サイーダになったら、マイケルに会えるんだぁぁぁとか思ったりして。。嫉妬してました。本気で(笑

そういうわけで、『ManInTheMirror』はとにかく好き。だって、マイコゥを本当に好きになった瞬間が詰まった曲だしね。いまでもマイコゥはこの曲には思い入れがあるんじゃないかなぁとも思うし。なによりも歌詞も曲調もいい。癒されます…。この曲も、『HumanNature』と同じく、カバー曲多数。カバーについては今度また特集を組みたいと思います。


そして、7曲目の法則、お次はアルバム『Dangerous』から『Heal The World』。

heltheworld.gif

このアルバムが出た時に、はじめて聴いて「もしかして7曲めはバラードなんじゃないかな・・・」と予想を立てていたの。というか、この頃くらいに「もしや、マイコー、狙って7曲目にしてるんじゃないの~~?」ってアルバム研究してた(ヒマ人)。
そうしたらやっぱり、『HealTheWorld』が7曲目ですよ。当たりましたよ。でもやっぱり『ManInTheMirror』には勝てない。あたしの中では。
「ヒューマニスト」を全面に押し出していくマイコゥ全盛期って感じだったから、なんか人々に対して発しているカンジがイヤだったのね。今はそんなことないんだけれども。
マイコーには自分の中での思いをぶちまけてほしい、って思ってた。(今でも)。だから、みんなのために、世界のために、という歌詞が好きになれなかった。バッシングも始まって、マイコゥにはもっともっと強くいて欲しいっていうのがあったからだと思う。
そんなんでアルバム『Dangerous』そのものがあまり好きではない時期もありました。全体的に暗いアルバムだしね。マイケル暗黒時代アルバム第一弾だもんなぁ。
時が経って自分も歳をとって改めて聴くと「こんなにいい曲だったんだぁ…」となり、今では完成度で言えば『Invincivle』と並ぶくらいじゃないかと思う、ヘビロテ・アルバムのひとつ。
『HealTheWorld』を聴きながらベッドに入るとすーっと眠れます。今は結構聴いてるマイコー・ライフワークソングのひとつです。
あ、でも『HealTheWorld』はバラードではないね…。今気づいたけど。でもスローテンポの癒し系ってことで、7曲目の法則に括らせてもらいます。


7曲目の法則、一気に行こうと思ったのだけど、半分まで来たところで一旦休憩。マイコーのアルバムを語るのは大変…。なんせ歴史が長いからね。
次回はだんだん崩れていく7曲目の法則(苦笑)、お楽しみに…。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽


Michaelの借金が…②
pb_michael_jackson_portret.jpg


本日2度目の投稿です。
マイケルの借金返済ニュースがアップされていたので、前回の続きということで…。


M・ジャクソン、版権の一部売却などで破産回避

 
 [ニューヨーク 13日 ロイター] 米ポップ界のスター、マイケル・ジャクソンさん(47)が13日、自己破産を回避する巨額債務の借り換え契約に漕ぎつけたことを明らかにした。ジャクソンさんが滞在中のバーレーンから、代理人が声明を発表した。
 ジャクソンさんはビートルズの楽曲などの版権を管理するソニー/ATVミュージック・パブリッシングの株式をソニーと共同所有している。同株式は推定5億ドル(約593億円)の価値があるとされているが、ジャクソンさんは、2億ドル(約237億円)を超える巨額な債務を抱え、破産の危機にさらされていた。
 米金融最大手のシティグループが取りまとめたという新たな契約の詳細については不明だが、借り換え交渉の内容を知る関係筋が匿名を条件にロイターに語ったところによると、ジャクソンさんは、自身が保有するソニー/ATV株式の半分、または楽曲の版権の25%をソニー側に指定価格で売却するという条件に合意したという。また別の関係者によれば、新たな契約では利払い負担も軽減されたという。
 ジャクソンさんの債務借り換えにソニーが手を差し伸べた背景には、ジャクソンさんの破産により世界で最も貴重といわれる楽曲の版権を保有するソニー/ATV株の半分が他の人手に渡ることを回避したかったためとみられている。
 ソニー側のコメントは現時点で取れていない。
(ロイター) - 4月14日19時11分更新



「新たな契約」というのが気になるなぁ…。
これって、利息だけ払って期限を延ばしてもらういわゆる『借り替え融資』のことだよね?
大丈夫かなぁ。マイコー。
このビートルズの版権って全部売って借金を全部返済してしまうってのはどーなんだろ?
でも、マイコーとしては、ソニーに全部は売りたくないんだと思うんだけれども。
この版権に関しては、ポールとの仲も悪くした一因だし、なんかそれでバッシングされたりしてるから、いっそのこと身をキレイにして、開き直ってイチから出直すってのもアリだと思う。だから売っちゃえ!
マイコーなら、ビートルズの版権なんてなくってもやっていけるよ!アッタリめーじゃんっ。
ファンのアタシが太鼓判押す!!!マジで応援してるよ、マイコゥ!!!

テーマ:日記 - ジャンル:音楽


Michaelの借金が…①
11.jpg


このブログの趣旨からすると、マイコーの日々のニュースを取り上げるのは本意ではないのですが、ちょっと気になっていたことなので、書きたいと思います。

ここからニュース引用

M・ジャクソンさん、破産免れる=ビートルズ版権で債務再編

 【ロサンゼルス13日時事】米ポップス界のスター、マイケル・ジャクソンさんは13日、滞在先の中東バーレーンから、「ソニーの助力で債務再編に成功した」と喜びの声明を出した。
 ジャクソンさんは、少年への性的虐待をめぐる裁判の弁護士費用や大豪邸の維持で、2億7000万ドル(約320億円)に上る借金を抱え、破産の危機に直面していた。詳細は不明だが、金融機関と交渉の結果、「虎の子」のビートルズ版権を一部手放し、資金返済や債務借り換えに応じてもらうことで合意したようだ。
 ジャクソンさんとソニーは、251曲のビートルズ版権を50%ずつ所有。ジャクソンさんは推定5億ドルの価値がある持ち分の半分(版権全体の25%)をソニー側に売却する意向とみられる。 
(時事通信) - 4月14日9時0分更新



オォッ…!!
マイケル、破産の危機とか伝えられてたけど、本当だったのね…(悲)
あれだけの資産を持ちながら、破産ってありえないんじゃ…って思ってたケド、最近になって、ネバーランドの閉鎖とか、そこにいた動物たちを売却するというニュースを見ていたからかなり心配だった。
…というかさ、去年の裁判費用が一番大きいんじゃないか、と。
弁護士費用が何十億にもなるとか、、、単位が違うのよ(TT)

マイケルはスリラーの大ヒットから向こう5000年は何もしなくても生きていけるんだって…と結構昔、ウチの母に教えてもらったことがある。ケド、それはもうムカシの話になってしまったのね。
これは、ファンにとってもっとも心配なことのひとつである。
いわゆる『マイケル買い』を見てると、本当に大丈夫?マイコー…。と思わず故郷の母のように心配になってくるのだ…。
マイケルには、普通の人間としてのお金の管理を身に着けて欲しい、なんて遠く日本の北の国から願うアタシです。それだけは頼むよ、マイコ~…。あ、それから安易に人を信じてはダメよ。結構騙されやすいんだから…アナタ。

00e21c4e97d93976f2851ffb5a57bb12.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:音楽


ストーンズライブ IN 中国  検閲・・・
r1110078455.jpg


いまだに、電車の行き帰りでは、自作のストーンズセットリストCDを聴いているワタシですが…。
今日、こんなニュースが…。
ストーンズ、名古屋公演のあと、すぐに(4/6)上海へとんだのね。
いやーしかし、名古屋は4/5だったのに、4/8にまた上海ってあの人たち、どんなにタフなんでしょうね。尊敬します。ほんと。
で、中国でも満員だったらしいのだが…。

5曲ほど、中国政府が演奏を許してくれなかったんだって。さすが、共産主義…。新聞には『BrownSugar』と『HonkyTonkWoman』など、って書かれてあったケド。
って、『BrownSugar』って一番盛り上がるところだと思うんだけどなァ。
上海の方たち、残念!!
…といっても、見に来ていたのは、上海の人はごくわずかで、おっかけや上海在住の外国人だけだって。
中国って遅れてるんだなぁ~…。上海ってすごく都会だし進んでると思うけど、やっぱり、中国政府の支配下にあるんだよね…。
中国では「ロックは社会を乱す」みたいな風潮なんだって。だってさ、ブラウンシュガーなんて、もう何十年も前の曲だよ?それを検閲ですかー。
音楽を聴く自由もないのかーーー。う~む。


テーマ:日記 - ジャンル:音楽


ヒップ・ホップに転向しちゃいや。マイコー。
michaelhand.jpg


ちょっとストーンズにうつつを抜かしているうちに、マイコーのニュースが…。
マイコーのファンサイトさんを巡回していたら、なにやらDJ.Wooという人が、マイコーに会って、ヒップホップのファンを増やすための服装の着こなしなんかを指導(?)したんだって…。ほんとかいな。

以下、Yahooに載ってたニュースを引用。


DJウー・キッド、マイケル・ジャクソンと50セントと共演をセッティング??

先週、 G-ユニット (G-Unit)の大ファンだというバーレーン王子らの招待を受け、 ジョン・レジェンド (John Legend)やモデルのタイソン・ベックフォード(Tyson Beckford)と共にバーレーン王国を訪れていた G-ユニット のDJウー・キッド(DJ Whoo Kid)が、『キング・オブ・ポップ』こと マイケル・ジャクソン (Michael Jackson)と過ごした数時間の体験を、MTV.comや自身のラジオ番組で語った。

ウー・キッドはその時の様子を「マイケルはプールサイドでレモネードを飲んでいたよ。マイケルがいるなんて知らなかったから驚いてパニック寸前だったけど、平静を装って声をかけたね。みんなが気を使ってマイケルの近くに行こうとしないから、食事のときにマイケルが俺に隣に座るように言われたんだ。 エミネム (Eminem)や 50セント (50 Cent)の話になって、マイケルが新作では50や カニエ・ウェスト (Kanye West)と共演したがっていることが分かったのさ」と時折マイケルの物まねを交えて語った。また中近東でのヒップホップ人気にあやかるために、服装を変えたがっている マイケル・ジャクソン に対してウー・キッドは「まず髪の毛を切って、高価なピアスや時計をはずさなきゃ」とアドバイスしたという。

余談だが、バーレーン滞在中にウー・キッドはパスポートを紛失したという。



まぁ、これはこないだmasuさんのところやaccoさんのところでも、突っ込みどころ満載で話題になったのだが…。
まず、レモネードをチビチビのむマイコー。これは、まいこーらしいよね☆
んで、

『まず髪の毛を切って、高価なピアスや時計をはずさなきゃ』

とDJ.Wooが言った、という部分。
マイコーってピアスなんてしてないよね、って話。
いや、してないと思うけどな…。
普通、ロッカーとかアーティストってピアスしてる人多いと思うんだけど、マイコーってしてないんだよねぇ。
珍しいな~って思ってたもの、アタシも。
多分、このDJもしてるだろう、って思いこんでたんじゃないかなぁ。んで、マイコーのスタァ☆なオーラにやられて、ついつい、「高価なアクセつけてんだろーなー」とか思っちゃって今回の発言にいたる、と。
そう踏んでるんだけど…。マイコーくらいになると、マイコー自体がブランドだから、そんなにゴージャスなアクセに興味とかなさそうな気もするんだよね☆金持ち度が違うのよ。。多分。

っつーか、とにかくヒップ・ホップ転向だけはカンベンしてほしい。
音楽をやろう、っていう気持ちになってくれたっていうのは死ぬほどうれしいんだけれども。
いまのまま、ファンタジー&ブラック&ロック&ソウルで行ってほしいよ。
でもまだまだ、肉体的にというか、精神的にすごく傷ついてると思うのね。彼は。なかなか立ち直るのって大変なんじゃないかな…。
だからもうちょっと時間がかかるんじゃないかなァって思うの。全然焦んなくていいしさ。マイコー、ゆっくり休んでおくれ☆☆




ストーンズ IN 札幌 後日談
r4042003924.jpg


とうとう、ストーンズの来日ライブも残り1公演になりました。
あれから一週間、札幌ドームでのライブは忘れられないものとなっています。
一昨日のさいたまスーパーアリーナもかなーり盛り上ったんだって…。
ウラヤマシぃ。

札幌では、まだ道内の人が大物アーティストのライブになれていないのか、チケットがタワレコで無料で配布されていたという噂が…。なに~ぃっ?!
ちょっとどーいうことよ?
だから、最初で最後の公演とか言われちゃうんだよー(汗)
でもね、『北海道の人は冷めてる』ってよくいわれてるんだって。でも確かにそう思うかも…。まぁ、自分も北海道人なワケだけどね…。
東京の友達とか、ノリが違うもんなぁ。
それは、その人の性格とかいろんな要素があるから一概にはいえないけど、北海道人はノリが悪いってちょっと思います。
一人でのってて馬鹿みたい、みたいになることも多々ですし。
でもね、今回のストーンズのライブは、だんだんだんだん、盛り上ったところに特徴があったような気がしたの。
最初はね、会場のみんなも、総立ちとか言っても、興奮しまくってたってワケではなかったのね。
ケド、ステージがセンターにのびたあたりから、すごく盛り上っていった、っていうか。
それは、ストーンズのメンバーもすごく感じていた、と思うのね。
だから、次回も来てほしい。次回があるならば。というか、来るような気がするなぁ…(願)。なんとなく。
ちなみに、そんな盛り上がりに欠ける北海道でなので、道内でCDが売れれば、全国で売れる、というジンクスまであるんですよ。
もしかして、ミックたちもそれを聴いていたんじゃ…?(謎)だって、『ナマラ』も教えられてたくらいだし(苦笑)。
だからあんなに気合入ってたのかな~?ホント、今思い出しても『Satisfaction』の盛り上がりは尋常じゃなかったと思う。かなりロングだったし。

3/29の日、ライブのあとアタシ、最終の電車で帰ったんですよ。
その電車の中では、ストーンズのライブの袋をぶら下げた人が多数。
思わず、袋を提げた人に話しかけてしまった。まぁーそれくらい興奮の渦だったのだけど。
中学生二人とその知り合いみたいな人と帰る途中ずっと話して、その中学生はチケットを親戚の人にもらっただかで、『カッコよかったっす!!』と話していました。そりゃ、カッコいいよね~☆
それから、その隣にいた女性とは、好きなアーティストの話から自分がいままで行ったライブの話と、ストーンズの話はちょこっと。
ナンチャッテ・ゴールデンサークル席の話で盛り上がり、

アタシ:「いやー、3万くらい得しましたよ~~~(興奮)めっちゃミックかっこよかった!!!ミックの口が見えたんですよ!!!」


何言ってんだ。。。アタシ。


で、電車を降りてからタクシーに乗って、運転手のおっちゃんにまで

アタシ:「いやー実は今、ローリング・ストーンズのライブに行ってきたんですよ~(満面の笑み)」

おっちゃん:「えーほんとぉー」


みたいな会話が繰り広げられ、


おっちゃん:「でもミック・ジャガーとかもう60歳すぎてるでしょー?」

アタシ:「そうそう、もう62歳ですよ。すごいッスよね~」

おっちゃん:「でもあなた、若いよね~?好きなんだ~??」

アタシ:「ワカイ…。いえ、その…30歳ですケド・・・あ、まぁ、ライブに来ていた人の中ではワカイっすかね~ハハ・・・(涙)」


…沈黙…

おっちゃん:「あ~ハハ・・・そーなんだ~・・・」


と微妙な空気が流れた…。

まぁ、そんなことはどうでもいいのが、ここで自分の三十路を自覚しつつ


おっちゃん:「おじさんはもう54歳なんだけどねー2曲だけ知ってる曲あるよー。やったのかな~?」


アタシ:「え?何の曲です?」


おっちゃん:「えとねー、『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』と『サティスファクション』」


アタシ:「いやいやいや、やりましたよー。それ、オープニングとエンディングでしたもーん」

おっちゃん:「へぇ~、今でもやるんだねぇ~~」


いやー、ストーンズの威力を感じましたわ。
だって、タクシーの運転手のおじさんでも2曲も知ってるんだから。
彼らの現役時代がいかに長いか、ということがこのことでも良くわかるよね。
スゴイんだなぁ~。
最後に、おっちゃんには『TheMonkeys知ってる?』とか聴かれてアタシは知らなかったんだけど、オススメ♪とのことで今度聴いてみることにした・・・。

バイト先でも、ストーンズライブネタは誰にでも通じる話題で、幅広い年齢層にウケるということを実感…。ストーンズってば。。

r2487211185.jpg


とにかく、今回は行ってよかった!
また絶対来てね~☆☆☆まってるよ、ミックぅ。あ、キース、チャーリー、ロニーも!

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル