マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/30 マイケル TDL&ビックカメラ来店
マイケル、今日帰っちゃうのかな?次は台湾?香港?あたりを回るみたいだから、帰国ってわけではないんだろうけど。
ホント、しばらく滞在っていうと、私としては、今週いっぱいくらいいるのかな、って思ってたので、なんだか早いよーって気分ですが。


マイケルがビックカメラ来店

 来日中の米歌手マイケル・ジャクソン(47)が30日夜、千葉県浦安市の東京ディズニーランドを訪れた。

 都内のホテルから3人の子供を連れ、真っ赤なジャケット姿で午後6時半すぎに到着。一般客の玄関口ではなく地下通路から敷地内へ入ると、屈強なスタッフに囲まれながら、マスク姿の子供たちの手を引いてお気に入りのアトラクションへ。最初は最も好きな「ピーターパン空の旅」。空飛ぶ海賊船に乗り込み、自身が手放した豪邸のモチーフである“ネバーランド”へ旅立つ内容に大はしゃぎだった。その後も「プーさんのハニーハント」「カリブの海賊」などを楽しんだ。

 午後10時50分には東京・有楽町「ビックカメラ」にお忍びで来店。電化製品を衝動買い?していた。
(スポーツニッポン) - 5月31日6時5分更新



私は、今日も仕事が休みだったので、今日は昼近くまで寝てしまった。生活のリズムが崩れまくってしまい、疲れきって寝てしまった…。なので、今日は特ダネは撮れなかった…。新聞みたら、『マイケル全行動』という項目が。アイテテテ…。今回の来日では、ワイドショー番組のいいところを全然撮れてない。慣れてないことするとこーなるんだよね。
普段、ワイドショーをみないので、『芸能ニュースは最後』にくることをわかってなかったよ。
あ~。でも、今日のザ・ワイドは撮るぞ。

昨日は、マイケル、TDL行ったんですね~。うわー、やっぱりというか。彼らしいというか。子供たちもつれてお気に入りにアトラクション乗ったのか。実は、私は、TDLに行ったことがないのです。田舎者です。すみません。
うちの両親が連れて行ってくれる人ではなかったので、小さい頃はいけなかったのだが、やっといける頃になった大学生のころは、遊園地にあまり興味がなくなってしまい、1996年か1997年にマイケルの『キャプテンEO』も終わってしまった、ということで、ますます行かなくてよいか~という気分になり、結局行ってないの。
でも、行ってみたな~。今更だけど。

あー、もう今日帰っちゃうかもしれないのかー。ホント、早いなー。前のバッドツアーの時なんて、1カ月くらい滞在してたことあるのにね(その時はイマイチ自分もよくわかってなかったのだが)。
でもでも、MTVの授賞式に来てくれて、彼の元気な姿を見られただけでも、とてもうれしかったし、ファンとしても安心できた。
ありがとう、マイコー。 私もアナタの来日を心の底からうれしく思いまする。

Michael,we love you more!


スポンサーサイト

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


5/29 マイケル 南青山の高級フレンチ店でパーティ&マルハンに来場
今日は仕事が休みなので(勉強はあるが…)、朝からワイドショーチェックとネットに張り付いてマイケルのニュースを探したりしてました(アホ)
今日の特ダネ!では、特にニュースなし。あぁ、昨日は撮り忘れたのに…。これから、ザ・ワイドでもチェックするかー。しかし、マイケルが来日してることで、かなり興奮状態が続き、若干疲れ気味。
でも、自分のどこにこんなパワーがあったのか、と思うほど早起き&夜更かし(笑)ばかり。しかも、全然眠くならない。危ないかも…(笑
勉強のモティベーションもアップ。マイケルからパワーをもらってるからね~♪

で、昨日のマイケルは、青山でパーティに行ってた様子。
芸能人ウラヤマシイ…。叶姉妹なんて、スペシャルルームで談笑したとか…。あの恭子さんの方と英語でしゃべったのかな?
しかも叶姉妹ってば、モナコでもマイケルと会ってるんだって~。二重に裏山鹿。

ここから今日のニュース。

マイケル パチンコで大はしゃぎ

 来日中のマイケル・ジャクソン(47)が29日夜、東京・南青山で開かれた歓迎パーティーに出席した。

 物々しい警備の中、サングラス姿で午後9時に会場入り。約100人の出席者には、エイベックスの松浦勝人社長夫妻、元X―JAPANのYOSHIKI、叶姉妹、玉山鉄二、観月ありさらの姿も。マイケルは1人1人と丁寧に握手。「アイ・ラブ・ユー」と笑顔であいさつ。会食後は記念撮影にも応じ、叶姉妹とは3人だけでスペシャルルームで談笑。また、午後10時すぎにYOSHIKIが帰ろうとすると、マイケルが「ちょっと彼と話がある」とスタッフに言って呼び止められる場面も。

 パーティー後には東京・渋谷の繁華街に繰り出し自身がキャラクターを務めているパチンコ台を試し打ち。大当たりして大はしゃぎしていた。



マイケル・ジャクソン、パチンコに大はしゃぎ

 来日中の米歌手マイケル・ジャクソン(47)が29日夜、東京・渋谷のパチンコ店「マルハン」に来場した。

 関係者によると、マイケルが姿を見せたのは閉店後の午後11時すぎ。あっという間に人だかりができ、パトカーも出動する大騒ぎになったが、貸し切り状態の店内でマイケルはパチンコ台に大はしゃぎだったという。

 この日は夕方まで都内のホテルに滞在。夜は青山の高級仏料理店でプライベートパーティーを開催。YOSHIKI(40)や観月ありさ(29)、玉山鉄二(26)、叶姉妹など約100人が来場した。モナコでのパーティーで会っているという叶姉妹は「すてきでした」といい、会場を後に。YOSHIKIはマイケルから「話をしたい」と呼び止められ、会話を弾ませたという。
(スポーツ報知) - 5月30日10時19分更新



マイケル…。相変わらずゲーム好きだなぁ。なんか、試し打ちして、大当たりした時のマイケルのはしゃぐ様子が目に浮かぶよ…。マルハンの閉店後、パチンコしに行くなんて。店員もビックリしただろうね。…って、ビジネスの一環だよね、これも。
このパチンコ台のパンフを持っているのだが、そのパンフには、マイケルのCGのような怪しい偽マイケルが出てたから、ニューギンが勝手にマイケルのキャラつかってるのかと思ってた。違ったのね。
スリラーリーチとかあったな。でも、パチンコ屋に興味ないんだよね。でも、マイマイのパチンコ台なら、ファンは行くべき…?(笑)

で、YOSHIKIを呼び止めたようですね。。私、YOSHIKIの音楽は聴いた事がないから、よくわからないのだけど、今帰国中だそうで。彼は、海外からの方が評価されてるっぽい。海外からオファーがすごくあるみたいですね。いえ、もちろん、日本には多くのファンがいると思いますが。YOSHIKIといえば、工藤静香を思い出す私ですが…。さすがに古いよね。
マイマイ、何話したんだろ~?やっぱり自分と同じってことで、ミュージシャンと話たかったのかな…?

いやいや、それにしても連日マイケルニュースチェックも大変なもんです。でも気になっちゃうわけで。
マイケルのサポーターたちはこうやって彼を見守り続けているかと思うと、すごく大変なんだろーなーって思います。それに答えるマイケルはもっと大変だと思うけどね。。こうして連日の報道をみてると彼にはプライベートがないっていうのが、本当にわかるなぁ。(まぁ、自分も追っかけたい気持ち満々なんだけどね…ごめん、まいこー)

それと、昨日のマイケルの様子は続きから入ってください☆



...READ MORE

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


マイケルの愛を感じる来日。
kissjpn.jpg

マイケル来日で日々のニュースが多くて、なかなか自分が思ったことが書けないでいたけど、今日は、今回のマイケルの来日で自分が感じたことを書こうと思う。
この突然の来日は、もちろん日本からオファーがあって来てくれたマイケルだと思うんだけど、私としては、VMAの授賞式といい、昨日の児童養護施設の訪問といい、以前とは変わらない彼と、以前よりももっと優しくなった彼の両方をみた気がした。
昨日、masuさんとも話していたのだが、今回のマイケル、話し方がとってもゆっくりなのね。私が感じたのは、VMAの後の記者会見。
英語のできない私でも「あーたぶんこう言ってるのね」っていうのがわかるくらいゆっくりお話してくれてる…(嬉)。そして最後にね、インタビュアーに、『I Love You』っていうんだけど、それがほんと「アイ ラヴ ユー」って日本人が区切っていうみたい言うのね。サングラスの下の目が、心から話してるって感じだったしね。
私は、VMAはまだ観ていないけど、そのスピーチでもかなりゆっくりだったらしいし。
これって、絶対日本人を意識してくれてるって思った。今日の記事にも書いたけど、日本人のファンが英語聞き取れないのわかってるんだなぁ、って。うれしいじゃないの…もうね、そういう繊細なところが大好き。
それから、歩き方もね。ゆっくりだなぁって。ファンが待っているのを知ってて、きっとゆっくり登場してくれてるんだと思うよ。
いえね、もともと、普通の人よりもゆっくり話す人だし、ゆっくり歩く人だとは思うんだけど、今回はより一層だと思う。
結構ファンやってて、今までみてきたアタシが言うので間違いなし!(笑

今までの来日ニュースを見てて、マイケルの愛を一番感じたのは、VMAの記者会見の最後に、連続投げキッスしてそのあと、お立ち台から降りる時に、マイケルが自分の胸をぽんぽんって叩くところ。これ↓
mjjf2_000.jpg

心から嬉しいんだ、ぼくには、みんなの気持ちが伝わっているよ
って言ってる気がした…!マイケルは、本当Nうれしい時しかこんな表情しないのよ。ホントに。

もうね、このシーン何回も見てしまった。
この映像を初めて見たとき、自分は感極まって泣けてきてしまったし…!!(感涙)
そして、「あぁ、アタシ、この人ほんっとに好きだなぁ~~」と思った瞬間でだった。
ああいう気持ちになるとき、自分はやっぱりマイケルのことをすごく好きなんだなぁって再確認するんだよね☆
普段は忘れてる感情なんだけど、やっぱりこうやってリアルな彼を見ると湧き出てくる感情…。マイケルってば、本当に愛すべき存在だなぁと、改めて思う。
こんなにすばらしい内面と、すばらしい音楽の才能を持っている人を、何故アメリカはズタズタにしたのだろう。そう思うと、もういたたまれない気持ちになり、私たちファンが守ってあげよう、って気になってくるのですよ。

マイケルの魅力というのは、もちろん音楽性というところもあるのだが、彼の内面を知ると、それは深海のように深いものだ、ということに気づく。
そんなんで、私はマイケルに魅了されっぱなしだけど、この来日でマイケルがまた少し自分に近づいてくれたような気がして、とてもハッピーな気分になっている。
マイケルのことを語りだすと、かなりディープになってしまうので、今日はこの辺で。
この来日を機に、マイケルのファンや理解者が増えるといいなぁ。みんな知らないだけなんだと思うから。
きっと知れば、考え方が変わると思うのだ。
ほら、マイケルも言ってるでしょ?「偏見は無知なり」って。


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


5/28 マイケル 児童擁護施設訪問 Michael said 'Aishiteruyo'.
2parmjupbeat_000.jpg

こんばんは。マイコー、昨日は渋谷でお買い物なんかしてたみたいですね。今日は、『ザ・ワイド』で結構マイケルののことを長くやっていました。(特ダネ!は撮り忘れた…明日はちゃんと予約するぞ、と)コメンテーターは湯川れい子氏なので、ヘンなコメント出す人もいなくて、安心。
でも、Vではデーブ・スペクターがなんか知ったようなことを言っていたが、あの人、マイケルのことを「マイクル」とか言ってる時点でアウトなのよ。しかも裁判時もかなり悪いこと言ってたんだから、マイケルに謝ってほしいわ。ほんと。アイツだけはジャーナリストとして認めないぞ、アタシは。

…とデーブはキライだが、今日のVは結構よかった。というか、今回の来日、なんかマスコミの報道がいつもと違う気がしません?なんか祝福ムードだよね。昨日、masuさんとも言っていたのだが、今回の来日、ファンにとってはすごくハッピーな感じだなんだよね。
マイケル自身もとっても穏やかだし、そうそう、話し方もゆーっくりだよね。日本人が英語できないのわかってるんじゃないかなって。そういうの意識してお話してくれていると思うの。歩き方もゆーっくり。日本のみんなにありがとうって言いたいって言っていたからね。そういうのがそこここにわかるわけですよ、ファンは!そんな彼を見られるなんて…!!
もうね、そういうところが…ニクイのよ。カワイイ、カワイすぎるわぁ(妄想モード入りました。気にしないでください…)

で、昨日の児童擁護施設での画像をUPしようと思います。

28eescd_001.jpg


タイトルにもあるように、マイケルは日本語で「アイシテルヨ」って言ってくれました♪いやいや、私たちもアイシテルヨ!


jf5.jpg


パリスちゃんと施設へ向かうマイコー。

r2_001.jpg

r4_000.jpg


子供たちと交流されております。

orphanage_1_001.jpg

「ダディ、ワタシも抱いてくれなきゃいやー」By Paris
(他の子たちに)嫉妬してるのかな?パリスちゃん…。


20060528.jpg

他の子の頭をなでてあげてるマイコー。

r3_0010527.jpg


ここでも、パリスちゃんと手をつなぐマイコー。パリス、かなり甘えん坊とみた…。

最後に。これは、一昨日のVMAでのマイケルのスピーチの様子なんですが…
いいな、と思ったものをピックアップしてみたよ。

mtvvmajp12e0527.jpg

御機嫌でファンに向かって手を振る。ファンが「I love you」と叫ぶと、いちいち反応して声のする方向に「 love more」って言ってあげてたらしいです。マイコー。変わってないね~。

そして、私の一番お気に入りポーズ↓

mtv50527.jpg


マイケル、途中でリズムとりだしたらしい。いっそのこと歌っちゃえばよかったのに(笑
もういっそ、ステップ踏んでビートボックスやっちゃえばよかったのに…なんてね。。
もしやったら、みんなビックリするだろうなぁ。あれは神ですよ。いや、マジで。

THX! MJ-UPBEAT.



テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


Michael,thank you for coming to JAPAN !!!You gave us a lot of love.
e5_000.jpg

今日はあいにくの雨…。昨日は北海道は五月晴れだったのだが、全国的には雨のようですね。
Michaelがいるあいだは、晴れてほしいなぁ。…といつものようにマイケルびいきたっぷりのワタクシです。

さっき、『ライブ スタメン』という番組で、マイコーのニュースが流れていました。昨日、ビデオに取れなかった、レッドカーペットの部分と、インタビューを録画できた。しかし、そのビデオってば、今日私が仕事に行く前に予約した、『サンデーモーニング』とか、『バンキシャ』とか入ってるの。まー、『バンキシャ』は消したのだが、その間、『アッコにおまかせ』でウチの母が気を利かせてとってくれた、マイコーニュースを挟んでしまったため、『サンデーモーニング』の分、テープ無駄だ…。
でも、しかたないよね。。編集する方法もしらないしなぁ。こういう時、DVDだと、編集できちゃったりするのかな…?もう時代に全くついてってません。



では今日は、昨日のMTV AWARDの授賞式の様子なんかのニュースを。
授賞式の司会である、久本雅美さんが、マイケルから熱いキスをされたんだって…!!ひゃぁー、ウラヤマ。マイケルにしたら、挨拶がわりなんだろうけどサー…。

e1_000.jpg

リムジンから降りて耳を押さえて(わぁ~スゴイみんなの声…!←マイケルの心の声)歩き出す。

e2_000.jpg


笑顔でゆっくりレッドカーペット入場。ファンにも手を振っていました。


そして、マチャミにトロフィーを渡される…

e4_000.jpg

Michael with Japanese comedian Machami! 
Michael is kissing her!!
She is a very very lucky girl!


まさか、マチャミとマイケルのツーショットが見られるとは、誰が想像したでしょう…。マチャミいわく、『キスの部分だけ編集して、(自分の)葬式の時に使ってほしい』といったそうな(笑)そりゃそーだろーなー。だって、相手は世界のマイコーですよ?マチャミ、ラッキーですねぇー。もこみちくんも、「オレもドキドキしました」とか言っちゃって!そーだよね、マイコーの魅力は男女を問わず感じるものだからね~♪ドキドキもするさっ!!もうみんな兆興奮って感じだったみたい。
ちなみに、マチャミが言うには「すごくいいニオイだった」だって…。マチャミの感想は、ニオイかよ。でも、マイコーって甘い、いい香りがするって聞いたことがあるから、本当にいい匂いしてたんだと思う。マチャミ…GOOD JOB!私はマチャミが好きなんで、なんか、ほほえましい光景に思えるわぁ。

e6_000.jpg


スピーチするマイコー。やっぱ美しいわ…。

e3_000.jpg

ファンの手を握ろうと歩みよるマイコー。
きっと、とてもとても嬉しかったんだろうね♪

e8_000.jpg


MTV Legend Award 授賞後、記者会見に臨むマイコー。

20060528-00000011-dal-ent-thum-000.jpg


e7.jpg


いろいろお話されてます。
「日本のファンに会えてうれしい。みんなを愛しているよ。」
上機嫌でございます。


e9_000.jpg


さりげなく手を振る。

…とまぁ、昨日はこんな感じで終わったみたいね。
それから、やっぱり、一昨日(5/26)の朝に、マイコーは、既に日本に来てたらしいデス。告知の時間と、実際の時間ずらすのは常識なのかも。
今日は、マイケル、東京の児童施設を訪れてたみたいですね。

20060528-00000038-reu-ent-view-000.jpg

この抱きついている子は、パリスちゃん。


うーん、いい仕事しているな、マイマイ。マイマイのライフワークだからね~。この活動は。

本当に以前のような活動的なMichaelを見ることができるのは、ファンとしてとってもうれしい。
でも、せっかく日本に来たんだから、ゆっくりしていってね。
今頃、Prince、Paris、Blancketと水風船で遊んでいるのかも…ね。

とにかく、今日も彼の元気な姿を見ることができてよかった。
Thank you and I love you,Michael!

最後に。
「ライブ スタメン」でマイケルを追った車が見事SPに止められたのだが、そのSPによると・・・
マイケル、3年後くらいにツアーやるかもしれないって…!うわっ。楽しみ~♪



We love you too,Michael !Thank you for your visit to JAPAN!!!
20060527-00000156-kyodo-ent-thum-000.jpg


Conguratulation!!! Your MTV Legend Award,Michael!
マイケル来日中につき、ヘンな英語書きまくっております。でも、仕方ありません。。これが私の限界…。ニュアンスが伝わってくれれば、それでいい。
もしも、ヘンだぞ!という文章あったら、教えてください…!!直しますんで。

やー、さっきニュースみてたら(ブロードキャスター)、マイケルがレッドカーペットを歩く姿を拝むことができました!今日のマイケルは、本当、もう、すっごくステキだった・・・!相変わらずカッコいいなぁ。今日のスーツもいいねぇ。マイケルっぽい刺繍が入ってて、オシャレなスーツ着てました。髪も(ウイッグかもしんないけど)サラサラで、ちょっと長めだったわ。

ニュースで言っていた、『集まったファン』というのは、ネットでお会いしている皆さんのことだろうなぁ、と想像しておりました♪
北海道に住んでいることをこんなに後悔したことはありません。今回ばかりは後悔しきり。仕事が…お金が…あぁ。
でも、東京に住んでいれば…なんて思うととっても悔しいので、思わないこととしよう…。次は待ってろよ、まいこー。遠くからアタシも応援してるんだからね!(行けなかったみなさんも…)
…にしても、ニュースをビデオにとってたら、途中で切れてしまった…(アホや…)なんで~?他のどーでもいい部分はとったのに、マイケルのレッドカーペットの映像で気づいてたので、会見で『I'm very Happy to~…』というところから一応とってみたけどorzきゃーん。なんでいっつもこうなんだよー。
…というわけで、月曜からのワイドショーは全部ビデオに撮ることにしました。失敗だぁ~…。
でも、またきっとやるよね。マイケルまだもうちょっと日本にいるみたいだし。
あぁ…。自分も感極まって泣けてきてしまった…!!
去年の今頃、こんなこと考えられなったよね…。ほんと。マジで不安だったんだから。いや、それは、マイケル自身が一番なきたかったんだとは思うのよ。でもね、でもね…よかったね。。。ほんと、元気になって…(感無量)

それからね、マイケル、授賞式で感無量になって言葉を詰まらせていたらしい。マイケルもきっとすごーく嬉しかったんだ
よ。うん。純粋な人だもん。
愛しのマイマイ…。I Love You Foever Michael!


で、一応これはいいニュースですので。

マイケルさん公の場に 来日し「ありがとう」

 来日した米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが27日夜、東京で開催された音楽賞「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2006」の授賞式に出席した。公の場に姿を見せるのは、子どもに対する性的虐待罪などに問われ昨年6月に無罪評決を受けて以来初めて。
 マイケルさんは同日午後7時前、授賞式会場の東京都渋谷区の国立代々木競技場第一体育館に黒のリムジンで到着。上下黒の衣装とサングラス姿で、約100人のファンらに手を振り、ほほ笑みながらレッドカーペットを通って会場へ入った。
 受賞したのは「音楽の歴史で伝説と言える人物」が対象の「レジェンド賞」。マイケルさんはスピーチで言葉がとぎれがちになり、感無量の様子
(共同通信) - 5月27日21時49分更新




ねぇ~?感受性高いからね、彼は…。
やっぱり、みんななんだかんだ言っても、マイケルのことが好きなんだと思う(ファンの欲目抜きにしても)。今回の来日で、ますます好きになるんじゃないのぉ?なんてね。
いや、アタシは確実に、ますます彼を好きになってます…!ひゃぁ。
マイケルが日本に来てるなんてねぇ…。よかった、本当によかった…。

0002155.jpg


これは、今日の会見のもの?それとも昨日のかな…。

そして、

0002156.jpg


こっちも。
とっても元気そうでしょー?

MTVのニュースはこちら。

倖田來未が最多部門を受賞、そしてマイケル・ジャクソンがステージに!MTVJAPAN.com

今年のVMAJでは、倖田來未が「Best Video of The Year(最優秀ビデオ賞)」をはじめ、「Best Female Video(最優秀女性アーティストビデオ賞)」、「Best buzzASIA from Japan(最優秀buzzASIA賞)」と最多の3部門を制覇した。今年の最多部門受賞者となった彼女は、感極まって涙する一幕も。

そしてこの夜、一番のハイライトは、前夜に急遽発表となったキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンの登場だろう。一連の裁判後、中東で過していたとされるマイケルが初めて公の場に姿を現すということもあり、ファンのみならずマスコミの注目も大きかった。MCの久本雅美から、功労賞にあたるレジェンド・アワードを授与されたマイケルが、「心からありがとう、みんなを愛しているよ」と喜びのコメントとともに笑顔を見せると、観客席からは盛大な拍手が送られた。




マイケル、レジェンドアウォード授賞&本格的に復活おめでとう♪
そして、日本に来てくれてありがとう。あなたが大好きです。

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


Michael,Welcome To JAPAN, And I Love You Forever!
マイケル、今どこにいるのかなぁ…(ドキドキ)。
もしこれを読んでくれたら(マイケルもネットでぐぐるかもしれないでしょ?)と思い、メッセージを。

Dear Michael

I'm very glad that you arrived in JAPAN!


Your Superfan Pinoko.

とりあえずここまで…。って、一行かよ!つか、これも既に間違ってるかも。
「日本での楽しいひと時を・・・!」とかどうやって英語で言えばいいのかわからない…。情けないな~・・・。やばい英語力だなー、まったく。
マイケルが帰る前にアップしたい。でも、明日も仕事だし…。うぅ~。マイケル、次は事前告示でお願いします!

もしかして…もしかすると…これをマイケルかレイモンさんが読んでくれるといいなぁ!(可能性低)

今日は、マイケルの妄想しつつ(フフフ…)、おとなしく寝ます。それにしても、このタイミングで来日とは、マイケルがいい感じに活動し始める予感がしてきたなぁ☆★

We Support Michael Jackson!!!

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


マイケル すでに来日中みたいですね・・・
いえ、ホントのところはわからないけど…!!
既にファンのみなさん、マイケル追っかけてるみたいデスネー。裏山鹿!!!
いいなぁ~。ここがせめて、関東または関西圏ならば、行きたかったなー。ってかさぁ、お金があったら、絶対行った!仕事なんてどーにでもするわっ。ビンボーすぎて行けない…。今度からちゃんとお金貯めるぞ。
でも急すぎるよ~。そうだよね、いつ行く、なんて告知するわけないよねー。でも、マイケル、裁判後の初めての公での音楽活動を、日本で見せてくれるなんて、ステキだわ…。日本が好きってことだよね?すごくうれしい…。

とにかく、ホテルなんかに行ってるみなさん、がんばってください~。報告まってますよ。あぁ、行けないあたしを憐れんで……(涙

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


ぬおぉ~っ!マイケル来日するんですか!
51af.jpg


さっき帰ってきて、メール開いたら、『MJ NewsSorce』からメールが届いていて、「Michael to arrive in JAPAN ,Tomorrow」とメッセージが…!え?明日来るですか?と思って、ニュースを調べてたら、本当だった…!!しかも、広報のレイモン・ベインさんが語ったものだし、マイケル自身も「日本に行って、サポートしてくれているファンに会える事を楽しみにしている」みたいなコメント出してるし!オオオオォ~ッ。うれしいわぁ!マジやばいっす。鼻血出そうです(興奮!!)。三十路だが(笑 
もしかして、昨日の私のブログ読んだの?マイコー…なわけないか…(笑

でもね、アタシ、今年はマイケルが日本に来るんじゃないかなーって思ってたんだよ!ホントですよ。女の勘ってヤツ?(うるせー)やっぱり当たったよ!!!ま、だからどーした、といわれればそれまでなんだけど(笑


で、一応、今のところのニュースはこちら。



M・ジャクソン、東京訪問、裁判後初の公の場に


マイケル・ジャクソンがアジアツアーを兼ねて日本を訪問する。25日(木)、広報担当が明らかにした。

彼が無罪確定後、公の場に姿を見せるのは初めて。また、アジアの孤児たちを訪問、ビジネスリーダーとのミーティングも控えているという。

横浜のプロダクション会社などによれば、彼は今回の訪問に感謝し、週末に東京観光も行なう。ジャクソンは“長年の友人やサポートしてくれたファンと会うことを楽しみにしている”といった内容を語った、とAP通信が伝えている。

ジャクソンはハリケーン「カトリーナ」の被害救済のためのチャリティを行なっている。来年にはニューアルバムをリリースするとも伝えられている。


2006-05-26



だからさぁ~。いちいち、枕言葉で「裁判後初~」みたいなくだりはやめてくださいよ、マスゴミさん。まぁ、うれしいので、今回はよしとしよう・・・。
それにしても、明日くるのかなー。私は仕事。。というか、もしヒマでもお金がナイのでいけないのだが…。関東圏に住んでいるファンたちは、出待ちとかしちゃうんでしょうか。なにやら、東京観光もするらしいですし。
ウラヤマシイデス…。オイラも連れてってぇ~。あ~、マイコーに会いたいです!うほー。IKITEEE!!!!!!
MTVJAPANのなにやら授賞されに来る、という記事も読んだのだけど。
テレビでやるのかなー。とりあえず、明日のニュースは全部チェックだな。
っつーか、仕事だから、チェックできないよ・・・。あーん・・・。
東京の方がた、マイケルのサインもらって来て…。そして、彼の元気な姿を伝えてくださいよー。お願いします。

次回はゼッタイ行きたいなー。次はきっとツアーで来ると見た。そん時まで待ってろよ、Michael!!!にしても、明日アタシも行きたいなー、トーキョーに。

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽


マイケル イギリス移住計画?
050130.jpg

デイリーミラー(タブロイド)の記事。なぜ今更…?
マイケルってこれまでも、イギリスのことは好きだと言っていたし、移住のうわさはあったと思うので、特に新しいニュースでもないような気が…。
しかも、本当に本人が語ったのかも不明。本当に語ったのかなー?


英国に住みたい=マイケル・ジャクソン
 
【ロンドン25日】25日付の英大衆紙デーリー・ミラーは、米国のポップ歌手マイケル・ジャクソン(47)が、英国が好きで住みたいと思っていると語ったと報じた。ジャクソンはまた、2001年の「インビンシブル」以来となるニューアルバムを制作中であることも明らかにした。
 ジャクソンは友人である英高級デパート、ハロッズのオーナーのモハメド・アル・ファイド氏と会うためにハロッズを訪れた際に、同紙に対して「仕事でロンドンに数日滞在する。僕はロンドンが好きだ。暮らす所を探しているが、僕はいつも英国が好きだったし、英国のファンを愛している」と語った。
 同紙は、ジャクソンはロンドンまたはその周辺で、高級な地所を見て回ると報じている。また、カリフォルニア州でのような遊園地スタイルの牧場を再び造るため、スコットランドやアイルランドで土地を探す計画も持っているという。
 健康状態を尋ねられて、ジャクソンは「元気だよ。非常に調子がいい」と答えた。
 別の英紙が3月に、ジャクソンが英国で新しい家を探していると報じた際には、広報担当はこれを否定していた。
(時事通信) - 5月25日16時9分更新



多分、かなり前にハロッズに行ったときのネタですね。マイケル、イギリス好きだもんね。人気もあるし。ドイツには住まないんじゃないかな、ってのが私の予想。マイマイ、元ダイアナ妃のファンだしね☆
しっかし、3月のことを今頃もってくるなんて、ネタ切れだなぁ。
多分、「マイケルジャクソン」という文字が入っていると、新聞が売れるから、こんな小さなことがニュースになるんだろうなー…。まったく。
でもまぁ、こうやってマイケルの現在度をあげているんだろうな、というのが私の推測です。
ニューアルバム出すまで、こうやっていろんなどーでもよいことをニュースにするのだろう。
マイケルはマスゴミ嫌いだけど、マスゴミを利用するのが、ウマイので。
イギリスファンはうれしいだろうなぁ。ウラヤマシイよ。
日本には来ないのかなー。いえ、旅でいいからさ。来なよ、マイコー。

uk.jpg

ファンとまいこー。

5月26日追記;
さっき、MoonWalkerさんのサイトで確認したら、本当のニュースだったみたいです。最近、イギリスに行ったときのインタビューみたいですね。そーかー
本気で住む気なのね☆でもま、とりあえず明日、無事に日本に来れることを祈ってるわぁ☆☆WELCOME TO JAPAN!I LOVE MJ!!!

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


今日の音楽 ダニー ハサウェイ 『LIVE』
ライヴ ライヴ
ダニー・ハサウェイ (1997/11/25)
イーストウエスト・ジャパン

この商品の詳細を見る


資格試験の勉強のほうはあまり進んでいない。今週は月曜から今日まで仕事もなかったので、もう少し進む予定だったのだが、なかなか計画どおりには行かないものだ。まぁ、こんなこと言っているからスパっと合格しないんだろうけれども…(泣)この時期、7月の試験を控える者にとっては非常に微妙な時期であるが、もう既に『やるしかない』という状態に差し掛かっている。今年の戦略は、『手を広げない』こと。というか、もう広げる時間もない…毎年、範囲が終わらない、ということを繰り返しているので、今回だけはそれを避けたいのだ。私が取り組んでいる試験は、出題科目もやたら多く、また、量が多い。だから、消化不良になる受験生が続出する。私もそんな受験生の一人だ。3年かけてわかったことがこれだけ、というのも情けない話だが、過去は振り返らずに行こう…(涙)
しかし、このブログでは、辛気くさい話はご法度と自分で決めているので(その割にはグチっているが)日常のことはこの辺でやめよう。。

今日は、マイケルのニュースもストーンズのニュースもこれと言ったものがないので、自分がよく聴く音楽について書こうと思う。
紹介するアルバムはダニー・ハサウェイ『LIVE』。
70年代好きの自分にはたまらないアルバムなのだが、これは以前ここの記事でも登場していたY氏のオススメでもある(私も薦められて買った)。
ダニー・ハサウェイについては、私もそんなに深くは知らない。ただ、32歳でこの世を去った、ということだけは知っている。この『LIVE』は本当に名盤だと思う。やわらかい黒人特有の声や、この年代のライブにしては録音状態が非常によいこと、それから会場の観衆との一体感…。どれをとっても、スバラシイ…。こんなに明るく歌っているダニーが何故若くして死ななければならなかったのかと思ってしまう。
一番好きな曲は一曲目の『What's Goin On』。これは、マーヴィン・ゲイのカバーだ。でも、私は肝心のマーヴィン・ゲイの方を聴いたことがないのだが…。Y氏には「絶対買え!」と強くいわれているけど、マーヴィンのほうはまだ…。昨日のストーンズといい、欲しいCDは山のようにあるのだが、経済状態が許してくれない…(ため息)。

そして、このアルバムの2曲目『The Ghetto』もよい。自分はこれを聞くと、エレクトーンの演奏風景を思い出すのだが…。半音下がる感じとか。ヴォーカルよりも演奏がながく、そのあとにファンとダニーが一緒に「げーーーーっとぉーーーぅ♪」と歌うところが、とても盛り上っていて、その場に居たい感じにさせてくれる。そんなオシャレなアルバムだ。
ちなみに、7曲目の『JealousGuy』はジョン・レノンのカバー。あとは5曲目『LittleGhettoBoy』も好き。全体的に好きけど。軽く聴ける感じが◎
内容については、上にアマゾンをリンクさせておいたので、興味のある方はどうぞ。
アルバムには2種類あって、一回聴いたらあまり聴かなくなるものと、何度も戻って聴いてしまうものをあるが、これは完全に後者。
夜になると、不思議とかけたくなってしまうアルバムだ。『What's Goin On』だけ一曲リピートとか(笑)
エレクトーンで弾いてみたい・・・。でもスコアがない・・・。



テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


ストーンズ『ハイド・パーク』DVD・リマスター版7月発売
2602110440.jpg

このところ、ストーンズの記事が多くなっている。だって、ニュースとかCD発売が多いんだもんよ…。
昨日もロニーのアンソロジーが6月(日本は7月頃の予定)発売になるという記事をここでも書いたのだが、いろいろ探していたら、ストーンズ自体のDVDもリマスター版として発売される模様…。『ハイドパーク』って知らないのだが、インタビューなんかを交えたものらしい。観てみたいな…。
私の大好きな『JJF』も入っていることだし!ストーンズファンがウラヤマシイ。あ、自分も初心者ファンだけれども…。


ローリング・ストーンズの『ハイド・パーク』DVD、リマスター版で再登場

 1969年7月5日、ザ・ローリング・ストーンズが英ハイド・パークで行なったライヴを収めた映像作品『ハイド・パーク・コンサート』が、新たにリマスターを施して再登場となります。
 ファンならご存知の通り、このライヴはフリー・コンサートとして行なわれ、奇しくもこの2日前、7月3日に謎の死を遂げたブライアン・ジョーンズの追悼公演となったもの。また、当時新加入のギタリスト、ミック・テイラーのお披露目でもありました。余談ながら、前座を務めたのがキング・クリムゾンというのも有名な話。この作品は、14曲演奏された当日のセットリストから9曲を抜粋、合間にミック・ジャガーのインタビュー映像などを盛り込んだ、ライヴ作品というよりもドキュメンタリーに近い作風です。これまでやや粗めだった映像が、リマスターでどの程度向上しているのか、期待しましょう。
 この『~リマスター版』、国内盤(AVBF-22866 税込\3,150)の発売は7月5日の予定。特にボーナス映像などはないようですが、現行のDVD(写真)は廃盤となっていますので、見たことのないファンはこの機会にチェックを。なお、同日には「悪魔を憐れむ歌」の制作風景を追った映画『ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌』の新装版DVDも発売となります。
 
●『「ハイド・パーク・コンサート」リマスター版』収録曲
01. ミッドナイト・ランブラー
02. ストリート・ファイティング・マン
03. サティスファクション
04. アイム・フリー
05. アイム・ユアーズ、シーズ・マイン
06. ジャンピング・ジャック・フラッシュ
07. ホンキー・トンク・ウィメン
08. ラヴ・イン・ヴェイン
09. 悪魔を憐れむ歌




おお、このライブ知ってるよ!2日前にメンバーがナゾの死を遂げて、追悼でやったという。そうそう、ブライアン・ジョーンズ…。アルバムの解説を読み込んだので、虫食い状態でストーンズの歴史を知るワタシ。そーかー、その時のライブがDVDとなって再登場。観たいなー。
昨日のニュースより、ずっと前に流れていたみたい。ストーンズは今ワールドツアーをやっているだけあって、レコード会社も精力的に売り出しているなぁ。マイケルの時もツアー時はリミックスやら来日記念版とか言って、今まで出してきたのものの焼き直しみたいなCDとか売ってたしね。
ストーンズファンにとっては、こういうニュースはどうでもいいのかもしれないが、自分は、ストーンズのCD全然持ってないのでアリガタイ…。
ま、でもさすがに紙ジャケCDは買わないんだけど。

しかし、これからストーンズのCDを集めたり、PVやライブ映像を一から観ていくのって、大変なことだろうと思う。40年間音楽活動してきてるんだもんね。そして、今もツアーやってる。もはや伝説の域だよね。
こういうのって、往年のファンにとってはたまらないんだろうな…。
それにしてもこのDVDほしい。音楽を知っていくということは、お金がかかることだ…。まぁ、その分エネルギーをもらっているわけだが。もっと仕事しなければ……(涙

ローリング ストーンズについてはこちらをどうぞ。

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


ストーンズ ロンウッド アンソロジー発売へ
ronniewood.jpg

『ロン・ウッド・アンソロジー』

ストーンズのロニー(ロン)・ウッドが6月にソロでアルバムをだすことになった。初心者ファンのアタシとしては、こういうアンソロジーはウレシイ。2枚組みで3600円。


ロン・ウッドの未発表曲入りアンソロジーが登場


 ザ・ローリング・ストーンズで活躍する、ロン・ウッドのキャリアを追ったアンソロジー盤が発売されることになりました。
 『ロン・ウッド・アンソロジー(Ronnie Wood Anthology: Essential Crossexion)』という2枚組のこの作品、Disc-1にはロニーのソロ・アルバムからセレクトされた16曲と、2005年に制作されたという未発表曲「ユー・ストラム・アンド・アイ・シング」を、Disc-2にはキャリアの出発点であるザ・バーズ(UK)やクリエイションも含め、これまでに在籍してきたバンドの音源から20曲を収録しています。「ウー・ラ・ラ」(フェイセズ)や「黒いリムジン」(ザ・ローリング・ストーンズ)など、彼のフィーチャー度が高い楽曲を多くセレクトしているのがポイントです。
 発売は、UK・EU盤が6月5日、国内盤(TOCP-70047~8 税込\3,600)は7月12日の予定。独特のスライド・ギター、細いけれども味のあるヴォーカルなど、ソロ・アーティスト/ギタリストとしてのロニーの魅力を、この作品で再確認しましょう。



だって。

以下が収録曲。

 

●『ロン・ウッド・アンソロジー』収録予定曲

<Disc-1>
01. アイ・キャン・フィール・ザ・ファイア (俺の炎)
02. キャンセル・エヴリシング (何もかもおしまいさ)
03. ファー・イースト・マン
04. ビッグ・バイヨー
05. イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ
06. 1234 (ロックはワン・ツー・スリー)
07. ファウンティン・オブ・ラヴ (愛するお前に)
08. セヴン・デイズ
09. オールウェイズ・ウォンテッド・モア
10. ブリーズ・オン・ミー
11. サムボディ・エルス・マイト
12. ジョセフィン
13. テスティファイ
14. ワッヂャ・シンク
15. ディス・リトル・ハート
16. リトル・ミックスド・アップ
17. ユー・ストラム・アンド・アイ・シング ※未発表曲
 
<Disc-2>
01. ユーアー・オン・マイ・マインド (ザ・バーズ)
02. ユー・ドント・ラヴ・ミー (ザ・バーズ)
03. ノー・グッド・ウィザウト・ユー・ベイビー (ザ・バーズ)
04. ハウ・キャン・イット・ビー (バーズ)
05. ミッドウェイ・ダウン (クリエイション)
06. ザ・ガールズ・アー・ネイキッド (クリエイション)
07. 迷信嫌い (ジェフ・ベック・クループ)
08. オール・シュック・アップ (ジェフ・ベック・クループ)
09. プリンス (ジェフ・ベック・クループ)
10. 監獄ロック (ジェフ・ベック・クループ)
11. フライング (フェイセズ)
12. ガソリン・アレイ (ロッド・スチュワート)
13. ジュディズ・ファーム (フェイセズ)
14. トゥー・バッド (ひどいもんだよ) (フェイセズ)
15. マギー・メイ (ロッド・スチュワート)
16. ステイ・ウィズ・ミー (フェイセズ)
17. エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー (ロッド・スチュワート)
18. ウー・ラ・ラ (フェイセズ)
19. エヴリシング・イズ・ターニング・トゥ・ゴールド (ザ・ローリング・ストーンズ)
20. 黒いリムジン (ザ・ローリング・ストーンズ)



ライブでも、ロンはギターのみで、ヴォーカルはないから、彼のヴォーカルを聴いてみたい…。未収録曲もあるし、ストーンズの中でも、ロンが中心となっているものが1枚目に16曲も…。
ストーンズは、自分が生まれる前から活躍しているバンドだが、私はアルバムはベストと最新モノと、初来日の時のものしか持っていないので、これを期にストーンズを開拓してみようと思う。

興味のあるかたは、こちらをどうぞ♪



テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


マイケル 1987年横浜スタジアムライブ
0001994M.jpg


こないだ、ネットで見つけた、初来日ライブのDVDを購入した。このライブ映像は、私がはじめてマイケルの存在を知った、と言っても過言ではない思い出にのこるライブ。…と言っても、本当に観にいったわけではなく、当時、日テレでやっていたコンサートライヴを母がビデオに録画していたので、それを観て感動したのが思い出というわけだ。

ビデオは擦り切れるくらい観たし、ところどころCMを挟むためか、切れているところもあったので、完全版が欲しくて今回購入。
基本的には、テレビでやったものを録画しているDVDなんだろうけれども、CMのところもうまく編集されていたし、とても満足できるものだった。

私は、『BADTour』崇拝者なので(笑)、やっぱり、このころのライブが一番すきなんだけれども、何故か、このときのライブはオフィシャルでは出ていない。ブートレッグなるもので出回っているだけ。
こんなにすばらしいライブをできるのは、マイケルだけではないかと思うし、この映像がオフィシャルとして出されないのは、非常にもったいないことだと思う。

bad.jpg

『BADTour』でのマイコー。かなりピチピチはじける感じで歌っております。

このライブは、最初から最後まで生声。クチパク一切なし。激しいダンスにも関わらず、声のブレもなし。そこが本当にスゴイところだと思う。
そして、マイケルの鍛えられた肉体。ちょうどいい肉付き。オシリもキュッとしてて、肩くらいまでのパーマヘアもすごく似合うし。垂れ下がった目、今よりもシャイな感じが全面に押し出されている表情。とくに、『HumanNature』を歌う時のセクシーヴォイスがたまりません。

まぁ、マイケルファンならば、きっと観たことがあるとは思うけど、もしも、ファンではない方で見ていない方がいたら、きっとこれを観れば、アナタもファンになりますよ(笑 いや、マジで。
個人的に好きな場面は、『ThingsIDoForYou』と『RockWithYou』、そしておなじみの『BillieJean』かな…。ま、全部いいのだが。
『ThingsIDoForYou』では、マイケルのダンスが本当にそろっている、コンマ単位で動く神業を見せてもらった。「マイケルジャクソンは歌って踊って、しかもそろっている」というのが、一番最初に聞いた言葉だったんだけど、最初はよくわからなくて、『ThingsIDoForYou』を何回かみているうちに、「あぁ、そういうことだったんだ…」ってわかったっていう。
最初のころって、マイケル以外のダンスをたくさん見ていたわけではないし、比較のしようもなくて、そのすごさもイマイチわかっていなかったと思う。
なので大人になってから、ようやく「本当にすごいんだな…」というのを改めて実感したことも多い。

マイケルが29歳の時のライブ。1988年では結構変わっているらしいのだが、私は見たことなし。
だから、またブートになってしまうだろうけど、手に入れて観てみたいと思う。ブートって判断微妙だからなぁ。あぁ…。
1987年か1988年の『BADTour』をオフィシャルで出してほしい☆実現しなさそうだが……(涙


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


ローリングストーンズ キース・リチャーズライブ復帰へ
keith.jpg


よかったなー。キースは順調に回復しているらしい。これでストーンズファンもほっと一息だよね。自分のような普通のファンでも心配だったんだから、コアなファンの方はかなり心配だったと思う。変なニュースは流れるし・・・。

でも一時期は、どうなることかと思ったよ・・・。だって、還暦だもんねぇ。脳の手術というと、マヒが残ったりするし、と色々心配してしまった。
マヒが残れば、ライブはもちろん今後できなくなるだろうし(ギターを弾いたり、歌ったりするのが困難になるから)、本当に大丈夫かなぁ?と。
でも、とりあえず、ロニーの奥さんとキースの奥さんが声明を出したみたいだから安心だね☆


キース、順調に回復、ツアー再開に問題なし

ローリング・ストーンズのロニー・ウッドの奥さんが、「キース(・リチャーズ)は順調に回復している」とのコメントを発表した。彼女いわく「キースは雄牛のように強い」そうだ。

ウッドの妻ジョーは『Evening Standard』紙にこう話している。「確かに事故はあったけど、キースは雄牛のように強いでしょ。本当よ。すぐに元気になるわ。キースはいつもそうだもの。ツアーは再開するわ。ちょっとスケジュールがずれただけよ」

リチャーズは現在、ニュージーランドで静養中だといわれている。今月末から来月スタートに延期されたヨーロッパ・ツアーは、間もなく新しい日程が発表される見込み。




そーかー。しかし、『雄牛のように強い』って・・・。さすがキースだ・・・。
でも、ヨーロッパツアーもゆっくりめでやってほしい。レコード会社がうるさいんだろうなぁ、きっと。マイケルが以前、インタビューで、「レコード会社は、アルバムの売り上げを伸ばすためにツアーに出ろと言ってくる」って言ってたからなぁ(苦笑)。そして、マイコーは『ワールドツアーはあまり好きではない』って言っている・・・。あーでもやってほしい、というのがファンとしてはホンネだなぁ。
ワールドツアーはきっとハードなんだよね。時差もあるし、疲れがハンパじゃないんだろうな。
こういう点でミック・ジャガーはスゴイな、とやはり思ってしまう。自分の肉体作りに余念がないミック。62歳であの上半身は、相当なトレーニングをしていなきゃ絶対ムリ。

mick.jpg

ミックはさすがです・・・。

ってか、1990年に日本に初来日した時だって、46歳?くらいでしょ。46歳で六穴に割れたお腹はすばらしい…の一言だった。それが、あの時のお腹と全くかわってないんだから、もう頭を垂れるのみです・・・。

マイコーも、健康に気をつけて、肉体作りをすれば、絶対ワールドツアーもできると思うんだけど。いつも心配なのは、彼の健康状態だ・・・。
菜食主義とか言ってたけど、今はそんなことないらしい。が、痩せすぎだし、もっと食に興味を持ってほしいな・・・と。
自伝にも、『食べることに興味がない』と書いてあったけど、結構それは本当のような気が…。痩せだしたなー、と思ったのは『Dangerousツアー』の時かなぁ。
45a978300e808eca42a328ff31641914.jpg

これくらいから、30代になったせいもあって、ますます華奢になった。
でもこの時期って、私が思うに、マイコーのもっとも美しい時でもあったと思う。個人的には、『Bad』のころも美しいとは思うのだが、『BlackOrWhite』のころの肩下長髪パーマヘア&華奢な時期も…スバラシイ…。
まぁ、昔から華奢なんだけどね、マイコーは。

そして、ちょっと太った時期もあった。

history-tour_012.jpg

マッチョ時代のマイコー。これはHIStoryツアーのころのもの。若干ムッチリめ。

でもそれくらいのほうがいい。体力つけて元気になってほしい、と願っています。ビジュアルとしては、華奢なほうがカッコいいけどさ。でも体のことを考えたら、少しは中肉中背を保ってもいいのかなって。

超激ヤセは言うまでもなく、去年の裁判時。特に、5月終りくらいから6月の判決に近づくにつれて、ますますゲッソリしていったの。あぁ、今考えるだけでも、胸が痛む・・・。

050613_04.jpg

激ヤセして、頬もこけて歩くのもやっとのマイコー。本当にかわいそうだったんだよ・・・。

判決が出て裁判が終わってから、痩せすぎて体力も落ち、1カ月くらい入院していたんだよね。マイコー、本当にお疲れさまでした。

そして、今もあまり太ってはいない。体重はあんまり元にもどってないんじゃないか、と思う。
michaeldubai.jpg

これは、去年の暮れの画像。青シャツで一人目立つマイコー。これ、カッコイイなー。髪型と帽子がGOOD!『BAD』時代を思い出す…

でもまだまだヤセ過ぎなんだなぁ。
お願いだから、昔の健康的なマイコーにもどってよ・・・(祈)


otakebi.jpg

またいつか、こんな風に元気にライブできる日がくることを心から願っている。

・・・と、今日はキースのニュースのはずだったのに、最後には結局マイコー話にもつれ込んでしまいました。何故か、強引にどんなことでもマイコーネタに結びつけてしまうアタシ。スミマセン。。


テディ・ライリー マイケルのニューアルバム作成参加へ
danger.jpg

今日は、マイケルのニューアルバム続報。いえね、まだまだ先のことですよ。でも、マイコーは仕事がゆーーーっくりなんで、こういうニュースでも挟まないと、ニューアルバムのネタがない(泣

というわけで、MoonWalkerさんのところから仕入れてきたニュースです。


テディ・ライリーのコメント

「マイケルとは、まだ分からないけど年末には一緒にやれたらと思う。もしできなくとも、来年の春頃には必ずやるよ。僕の他にも(プロデューサーとして)参加する面々はいるだろうけど、マイケルは僕をこのプロジェクトの、ちょっとした指揮官として見てくれている。僕は恐らく音楽技術面の推進役や、スタッフ全体の監督役も任される事になるだろう。そういった指揮官に、彼が僕を指名してくれたらと思うよ」



Thanks!MoonWalkerさん。 詳しいニュースはMoonWalkerさんのサイトをご覧ください☆


テディはマイコーのこれまでのアルバムで『Dangerous』『blood on the dance floor』『Invincible』の共同プロデューサーをつとめている。
マイコーの暗黒時代アルバムから夜明けアルバム(私は『Invincible』密かにそう呼んでいる…)を手がけているのか…。彼のプロデュースで一番印象的だったのは、アルバム『Dangerous』かなぁ。なんか、『Bad』まではやっぱりクインシージョーンズの色も少し入ってて、『Dangerous』で作風変わったなぁ、と思ってたから。

でもマイコーの最たる暗黒アルバム『History』はテディ・ライリーは参加してないのか・・・。あのアルバムはホント暗黒・・・っつーか、木炭みたいに真っ黒だったからなぁ。特に、『D.S』を自分のアルバムに盛りこんでしまうところがマイケルのスゴイところだよなぁ、といつも思う。

historysyohan.jpg

↑アルバム『History』

ちなみに、『D.S』とは、「ドム・シェルドン」の略です(リリックスにはそう書いてある)。サンタ・バーバラの検察官トム・スネドンのことだといわれています。トム・スネドンは、マイケルのことを標的にし、国家権力を濫用して裁判した男。マイケルは『D.S』という曲の中でこの男のことを「キライだ!キライだ!冷淡な男!!!」と歌っております。
アタシも大嫌いなトム・スネドン!しかし、そんなにっくき相手のことをアルバムに入れちゃうところが、唯一無二のマイコー様。こういうアーティストって日本にはいないよなぁ、と感じる瞬間です。

gessori2.jpg

マイコーをこんな風にゲッソリさせるに至った要因のひとつがD.S(ドム・シェルドン=トム・スネドン)だった。
マジ許せないなー、奴。

しかし、私は『D.S』という曲は好きです(D.Sのモデルはキライだけど!)。リズムの打ち方とか。「オマエなんか大キライ!!!」って感じのマイコーの雄たけびとかですね。調子に乗って「あーうっ」とか言ってるし。マイコーの暗い歌詞が存分に出ていて、これぞアルバム『History』と思わせる曲だから。曲調はそんなに暗くないところも良い。

マイコーはやっぱり人に向けて良心を押し出す時よりも、エゴを全面に出す時が好き。
だから、次回作も、裁判時の苦しかったこととか、恨み・つらみ・喜び・悲しみ・・・そういうマイコーの内面をたくさん書いてるアルバムだといいなぁ・・・なんて考えてる。
まぁ、どんなアルバム作ろうがマイケルの勝手じゃん、と言われればそれまでなんだけどね(苦笑)
いろいろ言ったけど、マイコー、アルバム制作がんばって~!応援してるからね☆☆


テーマ:日記 - ジャンル:音楽


BEAMS マイコーTシャツ
75-04-1337-545-01p1.jpg


最近って、'80年代ブームなんだね・・・。昨日、ビームスでこんなTシャツを作っているのを発見。いいぞ、BEAMS!!!

下は実際に着た感じの画像。

75-04-1337-545-01p2.jpg


私は、服でマイコーのものというのは全く着ないのだが(そもそも持っていない)こういうならオシャレじゃないですか。。
いいなぁ。もし街でコレを着ている人がいたら、絶対「あぁ、アタシも!」って思っちゃう。

他にも何種類かあって、あたしは、このデザインが一番いいかなって思ったんだけど、このデザインは、テイ・トウワが手がけたとのこと。これほしい・・・。
私も、こういう感じのもので、昔、似た様な柄のTシャツを着ていたことがあったが(たしかそれはA/Tのものだった気がする)、すれ違う人すれ違う人にジロジロ見られた気が・・・(苦笑)。かなり強烈だったからなぁ。そのデザインは、カラーで、外国人女性がソデ以外のほとんど全部に(バックプリントはなし)描かれたものだったので、よくよくみると人の顔なのだが、遠くから見るといっそう引き立つ人の顔になる・・・というものだった。
上のマイケルのTシャツもそんな感じになるんじゃないかな。
しかし、このTシャツのバックに「michaeljackson」と入れなくてもいいのに・・・と思うのは私だけかな。

こちら・・・↓

75-04-1337-545-01p4.jpg


これがないほうがいいなぁ。実は、マイケルなのよ、みたいなほうがいい。
でも、マイケルとのトリビュートということで、著作権の問題もあるんだろうか・・・?不明だが、バックプリントはいらない、と個人的に思う。



75-04-1339-545-19p1.jpg


次にいいと思ったのはこれなんだけど、これもバックプリントがあるんだよね。。このバックはちょっとイヤかな~・・・(個人的にですが)←しつこい。
これ↓

75-04-1339-545-19p4.jpg



バブルスのものもありました。こちら↓

75-04-1341-545-01p1.jpg


このバックプリントはまぁ、まぁかな↓

75-04-1341-545-01p4.jpg


あとはね、これ↓とか。
75-04-1338-545-15p3.jpg


これとか↓

75-04-1340-545-09p2.jpg


上のふたつはバックプリントなし。
コンサート会場なんかで売っているサイズがメチャ大きいTシャツとかと違って、きっと形もきれいなんじゃないか、と。画像のモデルさんは男性なので、女性ならSかXSでいけると思う。
私の主観では、ビームスは小さめだと思うので、メンズでもSなら結構小さいのかな。実際に見てみないとわかんないかー。
けど、多分、ビームスが作っているし、どのデザインのものでもカッコよく着られるんじゃないか、と思う。

寸法についてはビームスのリンクを貼り付けておくので、興味のある方は、参考までにどうぞ。

A Tribute to MICHAEL JACKSON(ソラミミストの安斉肇さんのインタビューもあるよ)


今年の夏は、BEAMS×micaheljacksonでキマリだ!

なーんてね。



追記:サイズみてみたら、やっぱり女の子ならXSかSかなーという感じでした。ネットでも買えるみたいですね。





ローリングストーンズ・キース退院
 20060510.jpg

よかった…!!
今、ネットでニュースを見ていたら、こんなニュースが・・・。
先日も記事にしていた、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが無事退院したとのこと。よかったな~・・・。


キースのコメント

『医師と、つらい夜の苦痛をやわらげ、短くしてくれた美しい女性たちに感謝する。どれだけ感謝しているか、言葉にするのは難しいよ』



結構大変だったんだろうなぁ。手術も受けていたし。看護士の女性たちに優しくしてもらったんだろうなぁ、きっと・・・。


一応、退院のニュースということで、こちら。


ザ・ローリング・ストーンズ、キースがニュージーランドの病院を退院!

頭にケガを負い、治療を受けていたザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、このたび退院したようだ。キースの広報担当者によると、彼はもうニュージーランドの病院には入院してはいないが、定期的な検査のため外来患者として病院に通う予定だという。

フィジーでの休暇中に木から転落したとみられているキースは、退院に際し、“医師たち”そして“辛い夜に苦痛を和らげ、短く感じさせてくれた美しいレディたち…ニュージーランドの人たちに大感謝”とのコメントを発表。「あんまり面倒なことになってなきゃいいけどな。結局、俺の頭は治ったわけだしね」と付け加えている。キースは5月8日に頭蓋骨から血腫を抜き取る手術を受けたばかり。5月27日よりバルセロナを皮切りにスタートする予定となっていたバンドの“A Bigger Bang”ヨーロッパ・ツアーは、6月に延期となっている。



引用ですみません。
でもいいニュースなので。

いやー、でもムリしないほうがいいよ~。ハードスケジュールだし、休暇もきちんととってほしい。今回のツアーを中止してもいいと思うくらい。だってまだ何年か後もツアーしてくれると思うから。


a0046561_2322515.jpg

話が少しかわるが、マイコーも以前、デンジャラスツアーの時、鎮痛剤の中毒にかかり、ワールドツアーを中止したことがあった。あのときは、あのおぞましい性的虐待のことで(1993年のほう)詐欺まがいの脅しをかけられ、マイケルは相当悩まされたのと、ペプシのCMのヤケドの後遺症を治すための手術後で中毒にかかったのだ。結局、その時の『虐待』のことは和解となって終了した。しかし、このことはマイケル自身も『ちゃんと裁判して無罪を主張すべきだったと後悔している』といっている。マイケルのことを商品としかみない周りの人間が、『こんなことはカネで解決してさっさと次へ進むべきだ』とアドバイスしたからマイケルもそうしたのに、その後も疑惑が晴れず、マイケルもずっと悩まされていたんじゃないかな・・・。かわいそうに。ホント、マイケルが『Living With~』で語っていた、「本当にただただ悲しい10年間だった」というのは、きっと本心なんだと思う。すばらしい曲をつくり、数々の賞や記録を作って、最高のエンターテイメントを提供しているのに、人々に認めてもらえない苦悩・・・。
凡人の私には想像もつかないことだが、マイケルの悲しいという気持ちは、なんとなくわかる気がする。

なんだかキースの話からそれてしまったが、いろいろ考えさせられた。
マイケルのこともそうだが、キースのこんなニュースを聞くと、『表現する』ということは、いろんな要素が重なってできた奇跡なんだなぁ、とつくづく思うのであった・・・。

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


テンプレートをネバーランドっぽくしてみる。
0001032.jpg


フムー・・・。ネバーランドとは程遠い気がするが、なんとなくテンプレートを変えてみたくなり、これにしてみた。
というか、キリンがそれっぽい感じというだけで、あとはファンタジーな感じがなかなかマイケルっぽいかな~・・・と。というか、このテンプレ、マイケルが友情出演したB級映画『ネバーランディング ストーリー』のジャケにちょっと似てる気も・・・。あの映画、見てないのだが、どーなんだろ・・・。マイケルは5分くらいしか出ていないと聴いて、全く興味がなくなり、買っていないのだが・・・。まぁ、いい。今度見てみよう。
そんなわけで、このテンプレ、なんとなく何日かでまた元にもどりそうな予感だが(笑)、なかなか見やすいのでちょっと気分転換。

もうすぐ夏もやってくる、ってことでさわやかさを追及して、またテンプレート探しの旅に・・・。また意味不明なことを言っています。すんません。
しかし今日は天気がいい。やっぱり春はいいなぁ・・・。

キース・リチャーズ 手術のニュース
20060430-00000007-jij-ent-view-000.jpg


R.ストーンズのキースがフィジー島でバカンスをしていて、ヤシの木から落っこちて(?)ケガをして、入院している。
こないだ、北海道にも来てくれて楽しませてくれただけに、とても心配なニュースだ。
ニュースは二転三転し、「かなり重傷」とか「もうライブはできない」など悪いほうへ悪いほうへ、という感じだったが、今日、ストーンズ側が、否定の声明をだした。あまりにマスコミの憶測のようなニュースが多いとファンにも不安を与えるからだろうな。
本当に、マスゴミの言う事ほどアテにならないものはない。それは、マイケルのことでも、重々承知であるが、そういういい加減なニュースでも重大な風にすればいろんな人が飛びつくからわけのわからないニュースが流れるんだよね。ストーンズファンもいい加減なニュースを流されるのはイヤだろうな、と思う。
それにしても、キースは大丈夫なのかなぁ。一応オフィシャルな声明だとは思うけど、結構なトシなんだからあまりムリしないでほしい。ゆっくり、ゆっくり治してほしいな。
でも「またクルゼイ!」と言って帰ったミックの言葉を信じて、あと3回くらいは来る事を期待しているので、キースの回復を祈ろう。
がんばれ、キースー!!! 

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


会社法終わらん・・・
doodoo-history-era20(40).jpg

こういう笑顔のマイコーは凄くステキだよなぁ。短髪はいやだけど、この伏目がちな笑顔が好きなので載せます。ちなみにこれは、『They Don't Care About Us』のSF・ブラジル・バージョンでのもの。

まぁ今日はG/W最終日ということで、たまにはマイケルや音楽とは違うことを書こうと思う(なんのこっちゃ)。

結局、昨日、一昨日と、温かい気候だったため、旧友の誘いに乗って、ジンギスカンをしにいったり、飲みにいったりと、割りとリラックスすることができた。以前の記事では「遊びに行く気になれない」などと書いていたが、あっさりその気になれた(笑)

G/Wと言えば、「まとまった時間」ということで、ここ数年は勉強ばかりするマンネリの日々だったが、今年はまぁまぁ楽しむことができてよかった・・・(ささやかな楽しみ)

新会社法が先日の5月1日から施行されることとなり、それにあわせて、資格試験で出題される会社法も全く変わってしまうので、勉強しなおさなければならなくなった。…というか、そもそもそんなに身についているわけでもなかったので、「勉強しなおす」というほどのものでもないのだが、この会社法とやらが、非常に複雑で難しい。で、何が一番変わったかというと、「1円で会社が作れる」こと。つまり、貧乏でも会社は作れる。今までは資本金300万以上とかある程度のお金が必要だったのだが、それがなくなったのだ。
これは起業しやすくするため、というそのままの理由。しかし、やはり実質的にみると1円で会社をつくるのは現実的ではなく、司法書士に登記を頼んだりすると、手数料や登録料が15万くらいかかるので、それくらいは必要だってことだ。改正はまだまだだくさんあるのだが、細かいちょっとした違いとか、重箱を隅をつつくような事項…。それらが入ってくると、最終的には何をいっているのかがわからなくなってくる・・・(号泣)!!

通信講座の先生は「繰り返しやるしか方法はない」などと当たり前のことをおっしゃっていたが、本当にそのとおりだろうな…(泣)繰り返す、と言っても試験日も7月に迫っており、とにかく時間がない。「もう間に合わない」というのが自分のホンネだが、「最後まであきらめない」が資格試験の合言葉なので、一応そういうことにしておこう・・・(涙)。

そんなわけで、日々マイコーを追っている余裕などあまりないのかもしれないが、この試験&仕事の二束わらじ生活も今年で4年目を向かえ、そろそろハングリーに勉強ばかりするのに飽きてきてしまったので、そんな考えはタブロイドのゴミクズと一緒にゴミ箱に捨てることにした。その前に受かってしまえ、と言われればそれまでだが・・・(汗

「試験」というと、=ハングリー精神 と思いがちだけれども、それはあくまでも進学する時(高校や大学等)に言うのであって、長丁場の資格試験の場合は、一概にはそうはいえないと思う(経験上)。
適度な息抜きは絶対必要だし、好きなものをガマンするなんてやめたほうがいい、ということがこの4年でわかったことだ。
なので、大好きなマイコーについていろいろガマンするのはやめた、というわけだ。
去年の裁判もハラハラしながら、インターネットを逐一見ていたのだが、きっと本当の意味での応援はできていなかったかも、と思うとちょっと後悔が残る。
まぁ、勝ったから今はもう過去のことだと思っているけど、もっと記録など残しておけばよかった。小学生からファンであるアタシが、マイコーが無実だということを、ネット上でもいいから主張すればよかった…などと思う今日この頃なのだ。ずっと見てきたアタシが証明する!彼は絶対にしていない、と。
このことについては、いずれキチンと記事に書いてみようと思っている。

しかしまぁ~、マイケルの苦悩の日々に比べれば、私の二束わらじ生活や会社法なんてちっぽけな悩みだなぁ(苦笑)。
そして、そんなことを思いつつ再びマイケルの『SomeOneInTheDark』などを聴き癒されている。スバラシイ…。感服…。ロマンティックな曲よのぉ~。歌詞もいい。マイケルの声はいつ聴いても癒されるなぁ。
マイケルといえば、やはり非常に優しい性格と優しい声…。多重なサウンド。SF。ライブ。総じていうと、人間的としてのスケールの大きさが半端じゃないよね☆☆☆

来日しないかな~…。
でもまだ、あの裁判が終わってから一年も経っていないし、あんまり彼を急がせてはいけない。今頃、バーレーンのどっかの島でゴロゴロ&グデーっと寝ているんでしょうか。そうだといいなぁ。最近の画像でもまだまだゲッソリしてるみたいだからすこし太ったほうがいいと思う。ブクブクに太るのはイヤだけど(笑)。


いや~、会社法ひとつで苦労してる自分は全くもってスケール小さいよな~…。こんな試験生活は、ハヤク切り上げなければ…(こればっか)。





’87年BADツアー時の来日写真集を購入
JAC.jpg


G/Wも後半になり、やっと日常にもどりそうだな…(遠い目)という今日この頃。資格試験を続けている身としては、この時期が一番つらい。はっきり言って遊びに行ってもいいわけだが、あとで後悔するのは自分だし、なによりもそんな気になれない。資格試験がこんなに孤独なものとは…(涙)
そんな悲しいアタシの手元に、今日はうれしい郵便が…。
以前、オークションで落とした、マイケルの写真集(若い時のもの)が届いたのだ☆☆
実は、昔のスーパースタァ☆になる前のマイケルの写真集とかグッズってもってないのね、ワタクシ。あの素朴な感じのマイコーが、またイイわ(はぁと)

その写真集って、初来日した時の、熱狂ぶりが伺えるスペシャル版になっていて、ジャクソン5時代からのサクセス・ストーリーが思う存分に書かれているというもの。
ただ、誰が解説しているのがわからない(泣)。多分、外国人の誰か…。ドイツのジャーナリストかなァ?Germanyの文字が…。そのジャーナリストはドイツだ…?というわけのわからないオヤジギャクまで思いついてしまった(重傷)。
でね、そのジャーナリストが結構鋭いこと書いてるんだよね。これが。
あれはエンシノのインタビューのことなんだろうか。わからないのだが、マイコーにいろいろ聞いてるのは確かなんだよね。

で、最後の締めくくりで「私が一番心配なのは、彼の金銭感覚である」って書いてるの。なんとタイムリーな…(涙)
金銭感覚っていうより、カネの流れを心配していた。マイコーのお金がどうやって動いて、どうやって入ってくるのか。それを把握できてないマイコーが心配だ、みたいなね。
小さな頃から、誰かお付の者が付かないと行動できなかったマイケルが、金銭感覚を身に着けるのは難しい、とした上で、そのお金の出入りをきちんと把握しないでビジネス界や、そのほかの事業に手を出すのは危険すぎる行為だ、としていた。

まさにそのとおりだ…。そのとおりになってるじゃないか…。20年後を予言してるようで怖かった。
そうなんだよね、マイケルのお金のことは心配だなぁ。だからといって、私n何ができるというわけでもないんだが、マイケルには安心して生活を送ってほしい。だからこそ、信用できるマネージャーをつけるべきなんじゃないか、と。
以前、フランク・ディレオというマネージャーがいたが、あの人いいひとっぽかったんだよね~。あの人も結局、○ニーに解雇されちゃったんだよね。
マネージャーも、せっかくいい人でも、マイケル以外の人たちが解雇したりして、マイケルかわいそうだなぁ。。と思う。
あ、でも最近、新しいマネージャー決まったもんね。今度は大丈夫かな?

いやー、しかし、今回の写真集はさておき、やっぱり一番ほしいのは『KingOfPop』という重厚なヤツだよな。コレ↓


kingofpoppic.jpg


高くて買えない…(涙
いや、もう少し稼げるようになったら、絶対買ってやる。みてろ。ぬぉ~(激貧)それまでは、エンシノマイケルでガマン、ガマン(忍耐)。。


テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


コンピアルバム、ハズした…
clubmotown.jpg


最近、アルティメットを買うなど、自分としてはかなり精力的にマイコーCDを購入しているのだが、調子に乗りすぎてオムニバスアルバムまで買ってしまった…。それが、見事にはずれ。。あくまで自分的になのだが。
ユナイテッドアローズ(セレクト・ショップの)とのコンピレーションだかなんだか、オシャレそうだな~…という全くのジャケ買いだったのもいけなかった。ジャケ買いはやめましょう・・・(涙





『CLUB MOTOWN』

曲目

1 IT'S A SHAME / SPINNERS
2 GET IT UP FOR LOVE / TATA VEGA
3 DON'T LEAVE ME THIS WAY / THELMA HOUSTON
4 ONCE IN THE MORNING / DIANA ROSS
5 I WANNA BE WHERE YOU ARE / MICHAEL JACKSON
6 I WAS MADE TO LOVE HER / STEVIE WONDER
7 I WANT YOU / MARVIN GAYE
8 DON'T LOOK ANY FURTHER / DENNIS EDWARDS feat. SIEDAH GARRETT
9 RHYTHM OF THE NIGHT / DeBARGE
10 LET'S GET SERIOUS / JERMAINE JACKSON
11 CAN'T SHAKE YOUR LOVE / SYREETA
12 LET YOURSELF GO / SUPREMES
13 BROTHER'S GONNA WORK IT OUT / WILLIE HUTCH
14 GOIN' UP IN SMOKE / EDDIE KENDRICKS
15 SO SPECIAL / BLAZE
16 IT'S GREAT TO BE HERE (KENNY DOPE REMIX)
17 GET IT TOGETHER (4HERO REMIX) / JACKSON FIVE (REMIX BY 4HERO)




マイケルの曲が3曲も入っているし。モータウンだからきっといいのでは…という安易な思惑があったのたが、見事死刑宣告…!!というほどでもないけど、、だって、マイケルの曲全部もってるし(泣

ってね、私、勘違いしてたのよ。リミックスされてると思っていたの。
そしたら、最後の2曲だけリミックスバージョンでそれ以外は原曲だった。
しかも、そのリミックスがジャクソン5だったんだけど、それも持ってた(涙
数年前、ジャクソン5リミックス1、2というのが出たの、ご存知でしょうか…。
緑と赤のジャケの。
リトルマイケルが歌う曲をオシャレに仕上げてて、私は緑しか買ってないんだけど。ピチカート(ファイブ)の小西がリミックスした『ABC』がノリノリ(死語)で、緑のほうがダンゼンいいと思ったんだけど、その緑のほうに入っているリミックスがこのアルバムにもボーナストラックとして収録・・・。
間違った。
オムニバスといえば、邪道CDの代表格として名高い「FreeSoul」もあるよね★ああいうのって、何枚も買うとイヤになってくるんだよなぁ。多分、音楽好きにもっとも嫌われるタイプのCDだと思う。
でも『FreeSoul』シリーズはオムニバスの中でも、コンセプトがしっかりしてる気がするんだけど、一番イヤなのは、『ダンス・マニア』とか、その年に売れたチャート10位くらいまでのヒット曲を集めたヤツとか。
これは嫌われます(笑 ノン・ポリシー扱いを受けること必須。
でも、ああいうCDも必要だよね・・・。私も、70年代ソウルとか80年代ディスコでかなりお世話になりましたよ。でもね、ある程度聴いたらそういうタイプのCDからは卒業して、好きなアーティストを見つけていくこと。これ重要ね☆音楽は一人のアーティストを掘り下げていくと、いろんなことがわかる、というのが持論。広く浅いより深く狭いほうが、わかっていくんだよね。不思議と。なんでもかんでも聴く・・・とかなると、それがノン・ポリシーなんだろーなー、と。あ、ウンチクたれてる?スミマセン。
あ、でも、このアルバムは、モータウンサウンドを知るには、入門編として上出来だと思うんだが(エラソー)。

とにかく、今回のアルバムは失敗。オムニバスには慎重になりましょうね<自分(泣)
ま、ジャーメインの曲とマーヴィン・ゲイが入ってるから、よしとするかな・・・はぁ(ため息)

テーマ:クラブミュージック - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル