マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/31 迷える子羊
いやー。サンキューチケットを取ったよ、とのメッセージが続々…。うーん。正直、どうするよ…?な心境でして。
まだ迷ってます。そういってる間に、売り切れちゃったりしてね。そうなったら、もう仕方ないですね…。
とは言え。うーん。どうしましょ。
チケット取った方、もちろん楽しんできてくださいまし。私は…。本当に迷ってますね。
ふう・・・。

ところで、2/1からまた新たな臨時の仕事をすることになり。まー、割り切ってやる事務ですね。なので、一応2カ月間は仕事をつなぐことができたわけだけど、次を考えなきゃね、と新たな局面に来ていますよ。
もうーーー。本当に自分は何がやりたいのか、正直わからなくなってきているんですよ。
夢は大切だけど。目指していると、だんだんそれが果たして本当に自分に適性があるのか、とか。まずは第一歩を踏めればいいんですが、そうじゃなく、まずはかなえることが先に来て、さらにそこから実らせていく場合、かなえることに時間がかかりすぎて迷いが出てくる。
そんなこと言ってないで、もっとがんばればいいんですが、自分の中でよくわからなくなって来ていたりして。
こないだ、説教されたという記事を書きましたが、まぁ、その説教をされたまんまの迷いですわ。だから言われて当たり前っちゃ当たり前なんですね。
あー。迷うことが多すぎだなぁ…。欲張りなのか?そんなんでもないんだが。ブログにまでこんなこと書く始末ですよ。ふはー…一回占い師にでもみてもらおうか。
スポンサーサイト

1/29 怒りふたたび
今日は、以前、派遣で働いていた仲間と久々にランチ&お茶してきた。みんなそれぞれに趣味があって、スポーツ好きだったり映画好きだったり・・・。「あなたは何か集中できるものはないの?」と聞かれて、『そらあるわよ。。。マイケル・・・』と言いかけたがやめた(涙 というか、ちょっとだけ言ったんだけど。
そのメンバーの中に一人、マイケルのことを理解してくれる人がいるのだが、その人以外にはもちろんマイケルファンだということは言っていない。
だが、今日はちょっとだけ心を許して「マイケル・・・」と言いかけたその時!「え・・・!」といって引いていた。やっぱりね。わかってるんだよ。こういう反応は。そのあと「整形?」とかなんとか。言っていたがとりあえず無視してその話はなかったことに。
ナーバスになりすぎ?いえいえ。でもこれ以上突っ込まれてもいいこと言われないな、と早々に話を転換した。

やっぱりダメか。こんなものよね・・・。
一人わかってくれた人が居たからって、全員だと思っちゃだめよ、と自分に言い聞かせた。
こんな風に『好きだ』ということを言いたいけど言ったら後悔する、なんていうアーティストって珍しいだろう。ファンだ、と言っただけで『信者』だの『整形してるんでしょ』だの、もういい加減うるさい!

これでも、学生時代は周りの反応を全く恐れずに「マイケルジャクソンファン」だということをその場にいる人全員に言っていたこともあった。
しかし、誰にも共感してもらえず、年とともに共感してもらうことすら”もうめんどくさい”と思うようになってしまった。あまりにも説明するのが長いし、変な質問されるしで、なんだかへこんでくるのである。はぁ・・・。

ところで、学生時代の友達の年賀状にはたまにマイケルのことをネタにしてメッセージを送ってくる者がいるのだが、今年は一通『マイケルが久しぶりにテレビに出ていた。顔が少し崩れていた』と書いてきた人がいた。なんなんだよ。もうね、新年早々、怒り倍増!!!ファンの気持ちがワカラナイヤツめ・・・。というか、そういうことを年賀状に書く人の気がしれない。その友人は学校の教員をやっているんだが、適性ないんじゃないか?と思った。そのハガキはかなりムカついたので、返信の年賀状(しかも遅出し)に『もうマイケルのことは書かないでね』と書いておいた(苦笑)。しかし、ファンだとわかっていて、その尊敬するアーティストのことを長年会っていない友人宛てのハガキに書くなんて、人間としてのセンスを疑っちゃうよ・・・。

それにしても、マイケルの素晴らしい音楽性すら理解しないで、顔やスキャンダルのことばかりに興味を持つ人たちのなんと多いことか…。怒りとともに悲しみがこみ上げる…。



1/28 マイケル アメリカに滞在 日本のファンへメッセージ(電話インタビュー)
sgenxr85210705201657phokt7.jpg


現在、マイケルはアメリカに帰っているらしい。JBの葬儀の時にラスベガスに居たが、今はどこにいるかまでは、明らかにされていない。
そして、広報担当のレイモン・ベインとともにAP通信記者の電話インタビューに答えた。
マイケルはそこで、3月に行われる日本でのイベントについてと、日本のファンへメッセージを送った。
以下、いつもどおりMOONWALKERさんから引用させていただきます(THANX!MOONWALKERさん!)

マイケルから日本のファンへのメッセージ

"My friends and fans in Japan have been so supportive of me and my family for many, many years," he said. "My fans in Japan helped me achieve historic milestones in the music industry."


"3月に再び日本を訪れるのを楽しみにしている。世界中で最も好きな場所のひとつだ。日本にいる友人やファンは、長年にわたって僕や家族にとって非常に支えとなってくれた。彼らの愛と支援に感謝している。日本のファンは、僕が芸能界で歴史的功績を打ち立てる手助けをしてくれた。僕自身と僕の音楽に対する変わらぬ支持に、心から感謝したい。"




アメリカに戻ったんだねぇ・・・。あれだけ叩かれても、アメリカに戻るってことは、マイケルもやっぱり母国がいいんだろう。まぁそんなこと、あの裁判さえなければ、当たり前のことだったんだけどね。
アメリカにもファンはたくさんいるしね。バッシングはキツイけど、音楽活動をしていくには、アメリカははずせないのかなぁ・・・。
ネバーランドには戻っていないのかな?その辺はわからないんだけど、とにかくアメリカに戻ったようだ。
裁判が終わってからは、バーレーン、フランス、アイルランド、ロンドン・・・とヨーロッパ中心で動いていたから、アメリカにいるファンはうれしいだろうな。
昨日、ウチの母が毎週楽しみに見ているテレビ番組『世界ふしぎ発見!』で、バーレーンを特集していたのだが、バーレーンといえばマイケルということで、私も番組をみていた。前説ではマイケルの話もちょびっと。ミステリーハンターが「マイケルジャクソンもこの島を買っているとか・・・」と言っていたが、買ってるのか?(←うるさい)なんていうジャクソンマニア的なつっこみもいれつつ、番組鑑賞。バーレーン、本当にいいところなんだね。。
真っ青な海と豊富な食べ物。香辛料をふんだんに使ったパエリア・・・。行ってみたいなぁ・・・。
最後のほうに出てきた、ナツメヤシの実『デーツ』なんて、そのまま食べてテもものすごくおいしいらしい。デーツの中にくるみを挟んだものをミステリーハンターが食べてて、うーん、おいしそう・・・とほとんど食べ物のことしか頭に入ってこなかったけど、あんないいところにマイケルは滞在していたんだねぇ、としみじみしてしまった。しかも、王子に招待されて・・・。女性はあの黒い服を着ないといけないから大変そうだったけど、私ももしも王子に招待されるなら行ってみたいよ・・・(無理)。


1/27 自分のマイケルブログ、早一周年!
Gallery4502.jpg


このブログも、開設してから昨日で1年が経ちました。
開設してしまえば全くの杞憂でしたが、このブログを書く前は、『”MichaelJackson”ファンだということを題材にファンとしてのブログを書く』ということにとても勇気が必要でした(今まで生きてきた社会で、マイケルファンということを共感してもらえなかったから)。ところが、開設してみたら、意外にもネット上のマイケルファンが多く訪れてくださり、すごく感動したのを覚えています。

一年という月日は、過ぎてしまえばあっという間ですが、アーカイブを覗くと『あぁ、この月にはこんなことがあったのか・・・』などと感慨深くなったりして、自分にとってのこの一年は他の年に比べて、長くもあったように思います。
このように思えるのは、やはり日々の出来事やマイケルニュースを書き綴り、たくさんのコメントをいただいて、毎日共感しあうことができたり、励ましていただいたからだと思います。そして、一年もの間、ブログに記事を投稿できたのも、訪れてくれている方がいたからこそです。たくさんの方々にメッセージを残していただいたことに、とても感謝しています。

今月は、一年の始まりの月であり、元旦にも同じようなことを書いてしまいましたが(笑)、またこれからもわけのわからない戯言を書いていきますんで、よろしくお願いします。


1/26 マイケル 3月パーティ電子ぴあにて先行予約開始
Gallery4621.jpg


3月に行われる、相当ビミョーなこのFANパーティ。行きたいような、そうでないような。複雑な気持ちのまま、一月が終わろうとしている。
時は刻々と3月に近づいて、電子ぴあにて先行予約が1/27(土)から開始。イベントを鑑賞しているマイケルを鑑賞。どんなイベントだか…。
ファンとしてはそりゃ、マイケルが来日するなら、おっかけたい気持ちはある。でも、できればそれはライブの時がいいって気持ちもある。

そもそも、今回の来日は完璧に『ファンと過ごすイベント』になってしまっているので、ライブを要求するのは絶対に無理。昨年12月に予定されていたクリスマスパーティは結局中止され、サンキューチケットなるものが登場。3/9の入場料は15,000円である。3/8ならプレミアムチケットということで前回と同様、(破格の)40万・・・。
ファンと過ごすイベントで来るってのも全然いいと思う。これから先、いつマイケルが日本にくるかわからないんだから、今行っとくべきなのか?とか、いろいろ考えている。はてさて、どうしますか。
サンキューチケットで入場して、果たして、マイケルを鑑賞することはできるのか?会場の外で待つファンも多いだろうな。
最後にスピーチがあるので、それだけが目的といえば目的のような。
はー。悩みますなぁ。
これでライブだったら。どんな小さなライブでもいい。5曲くらいしか歌わないライブでもいい。なんでもいいからやっぱりエンターティナーであるマイケルを観に行きたい。これがホンネ。でもないものねだりだもんねぇ。

一緒に電子ぴあに出てた、ビヨンセの来日コンサート。これは東京ドームで8000~9000円。普通の外タレ価格だよね。こっちは行きたいよ・・・。どちらも行く…なんて北海道人の私にゃムリ…。
それから、masuさんのところで書かれてる、ベック日本公演。こちらはzeppにて。いいなぁ。Zeppベック。近そう…。もはやMichaelJacksonがZeppでライヴを行うことは不可能なのかもしれないが、あこがれる…。Zepp札幌に来てほしい。てか、もうなんでも良いからライブやってほしい。そんな気持ちだわよ…。


【今日の動画】
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで - 出前を笑かせ!爆笑変化大作戦!

今日の記事とは全く関係ないのですが、こんな動画がYouTubeにUPされてました。懐かしいなぁ…。ガキ使、毎週見てるのですが、この回はかなり笑って、何回も観ましたね。出前を笑わすのは大変。「カレンダー良かったら使ってください」って、一時期職場で流行ったのを思い出します。




1/25 ビヨンセ 『ドリームガールズ』アカデミー賞8部門ノミネート
gen.jpg

こないだ、ロンドンの上映会に姿を見せたと思っていたビヨンセが今度はビバリーヒルズへとんでいた。


アカデミー賞、「ドリームガールズ」が最多8ノミネート


[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] 第79回アカデミー賞候補が23日に当地で発表され、ミュージカル映画「ドリームガールズ」が最多8つの賞にノミネートされた。

 同作品は、助演男優賞や助演女優賞など8つの賞候補にノミネートされたが、作品賞と監督賞の候補からは外れた。

 次いで、日本人女優の菊地凛子が出演した「バベル」が作品賞や監督賞、それに助演女優賞など7つの賞候補に、「Pan's Labyrinth(原題)」と「クイーン」が6つの賞候補にノミネートされた。

 注目の作品賞には「バベル」のほか、「ディパーテッド」、「硫黄島からの手紙」、「リトル・ミス・サンシャイン」、「クイーン」がノミネートされた。

 映画界最高の栄誉とされる同賞の受賞者・作品は、来月25日にハリウッドで開かれる授賞式で発表される。



これも、自分にとっては「ふーん・・・」というあまり興味のないニュースなのだが、ビヨンセも忙しいなぁ…。さすが波に乗っているだけある。
デスチャを解散したときから、女優への道は見えていたのだが、やっぱり音楽ファンとしては、ずーっとシンガーであってほしいな、と思う。
歌手から女優、俳優へ転向する人は少なくないとは思うんだけど、大成するかは?なんだよなぁ~。まぁ、この映画も観てみないことには、なんともいえないのだが。映画の内容は…どうなんだろう?多分、サクセスストーリー…っぽい。ビヨンセが主演するくらいだから、ビヨンセの人生とちょっとかぶっているんだろう。
マイケルも、俳優になりたい、という夢はずっとあったみたいだし、やっぱりハリウッドの映画女優になるのは、どんなスターでも夢なのかも…。

音楽ファンとして思うのは、JBみたいに歌一本で一生を終えるってのがやっぱりカッコイイってこと。ちょっとオマケで映画もやって、基本は音楽でいくのが音楽をやる人の王道ではないか、と。
ビヨンセは完璧主義なようで、どっちも成功させたいわ!という感じだが、ファンとしてはどうなんだろう。私個人としては、やっぱり餅は餅屋ってことで。まぁ、そんな日本の格言を言われてもビヨンセも困るだろうね(笑 というか、そんなのビヨンセの勝手じゃん、と言われればそれまでだけど。

ちなみに、ファンとして思うに、マイケルの俳優願望は(おそらく)消えているとは思う…んだけど。
やっぱり、マイケルには音楽を通じてのエンターテイナーであってほしい。
これはきっとファン共通だと思う。
だから、というわけじゃぁないけど、やっぱりビヨンセにも音楽で行ってほしいなー…と思ってしまう。やっぱね、こう俳優(女優)と歌手のオーラってなんとなく違う気がするんだな。
だって、やっぱりジョニーデップやブラピは映画俳優で極めてるオーラ出しているけど、あの人たちがCD出しても聴きたいとか思わないもんねぇ。
それともその逆はアリなのか?う~む。自分の中ではナシである…。





1/24 ビヨンセ 『ドリームガールズ』のプレミア上映会に登場
beyonce2.jpg


ロンドンで行われた上映会に顔を見せて、ポーズをとるビヨンセ。


[ロンドン 21日 ロイター] 米歌手兼女優のビヨンセ・ノウルズが21日、ロンドンのレスタースクエアで行われた映画「ドリームガールズ」のプレミア上映会に出席した。

 ビヨンセは、ストラップレスのドレス姿で登場。共演のアニカ・ノニ・ローズやジェニファー・ハドソンらとともにカメラマンに向かってポーズを取っていた。



今回のビヨンセの顔は、ちょっと強面。なんかマユゲがコワイ。
ビヨンセって、気合が入りすぎてスゴイ顔のときがあるよね…。まぁ、写真写りが悪いだけかもしれないけど。やっぱり強い女を演じるっていうのは、あんな風な表情になるのかな?
こないだ、雑誌を立ち読みしていたら、ビヨンセの特集があって、インタビューもあったんだけど、その中で『疲れませんか?』というストレートな質問があった。ビヨンセは「もちろん、疲れるわよ。でも上を目指したいの」みたいなことを言っていた。
ああいうハングリー精神って、どこから生まれるんだろう?
多分、若い、ってこともあると思う。でもそれだでは説明がつかない。
そのインタビューによると、ビヨンセの育った家庭は、結構裕福だったらしい。ケリーローランドを養子にするくらいだから、当たりまえかな…。
そんな恵まれた環境にありながら、小さい時から歌手を目指してステージングしていたとは、やっぱり成功する人は違うねぇ…とお茶でもすすりながら言いたいところだが、いやいや、そんなんじゃなく。
単純に尊敬するなぁ。日々のトレーニングで体を鍛え、歌手として成功を納め、女優としても活躍し始めたビヨンセ。
そんな非の打ち所のない彼女をもっと魅力的にするには…。とふと思ったのだが、彼女には隙がない感じがイマイチ惹かれないところかなー…と勝手に思っている。
完璧すぎるのだ。だから、もっと隙…というか足りない部分を見せてほしい。でも見せないんだろうな-…。
あれで結構ズボラとかさ。彼氏には意外に尽くしてる、とか。実はだめんずだったとか。なんかないのか?完璧すぎるぞ、ビヨンセ…。
アーティストの魅力を発見するのは、結構むずかしいものだ。




1/23 幻のCD
27239632.jpg


以前、ネットオークションでマイケルのリミックスアルバムを何枚か落札したのだが、その中にサービスでマイケルの非売品アルバムが一枚入っていた。紙のケースに入ったEpic製の『History』。そう、ヒストリーの原型なのか?という内容。
これがね、なかなかいい選曲なの。自分の好みとしては、こちらのほうがよかったんじゃないか?と思うくらい。
でもまぁ、入っている曲はすべて何かしらのアルバムに収録されている曲なので、いまさらこれを手にいれなくても全く問題ナイのだが…。

曲目は…。

1,Enjoy Yourself
2,Blame It On The Boogie
3,Don't Stop 'Till You Get Enough
4,Rock With You
5,Off The Wall
6,This Place Hotel/The Jacksons
7,Medley(おなじみの3曲がライブバージョンで)
8,Billie Jean
9,Beat It
10,Thriller
11,I Just Can't Stop Loving You
12,Bad
13,Smooth Criminal




こんな感じ。
実は、『History』が出たとき、「なんでベスト版と2枚組みなのよ…」と不満タラタラだった管理人。でもこの曲目だったらすごくうれしかったんじゃないかな…とわれを振り返った。だって、当時はCDを焼いて自分のCDを作ることができなかったので、全部テープ。あとは、個別にCDを聞くしか方法がなかった。だから、自分用にいい曲だけを選曲したCDがなくて。
そうなると、このチョイスは、結構いいな、と。一枚持っててもいいな、と思える内容。
まず、最初の『EnjoyYourself』。やっぱりジャクソンズといえばこれだよなー…みたいな。なのに、発売されたHistoryには入ってなかった。それから絶対イイのが『BlameItOnTheBoogie』。ブギのせい。月の明かりのせいじゃない、ブギのせい…←しつこい。
私はこの曲も好きなんだなぁ。これも入ってなかったし。うーん。なんではずしたんだろ…。
Historyが発売された当時のうっすらとした記憶なんだが、例のごとくマイケルのアルバムは発売延期になってたような。
この選曲に時間かかったのか?
この原型CDに入ってないのに入ってたのは『Wanna Be Startin' Somethin'』とか『Man In The Mirror』とか。マイケルもこの曲はきっとすごく好きなんだろうなぁ…。だから選曲したんだろうねぇ…。まぁ、アタシも好きな曲だが…。
この原案アルバムのほうが、初心者…というか、MichaelJackson聴き始めの人にもってこいだなぁ、と。今にして思う。まぁね。終わってしまえば夢物語。幻のCDなんだが。

しかし、このまさに『HIstory』な内容に仕上がっている非売品のCD、本当にエピック製なんだろうか?海賊版って感じでもないんだけど…。ジャケがぱちもんっぽい。白地に金色で『MichaelJackson History』と書いていて…。だれか、持ってる人います?

1/22 『デパーテッド』を観てみる
20070119-00000419-reu-ent-view-000.jpg


こんな感じ↓で話題になってた、一昨日公開の映画『ディパーテッド』を観てきた。


 [東京 18日 ロイター] 映画「ディパーテッド」の公開に先立ち、主演男優のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督がプロモーションのため来日した。ディカプリオは18日に行われた記者会見で「スコセッシ監督がこれまでオスカー賞を受賞したことがないのはまるで冗談だ」と語った。
 一方、今週に発表されたゴールデングローブ賞では、「ディパーテッド」で監督賞に輝いたスコセッシ監督だが、オスカー賞は意識して取れるものではないことを強調した。



ローリングストーンズの『Gimme Shelter 』で始まるこの映画。
レオナルド・ディカプリオというと自分の中では『タイタニック』の印象が強すぎて、大人になったディカプリオの姿をなかなか受け入れられないでいたのだが、やっぱり主演映画だけあって、今回のディカプリオはかっこいい!
あらすじは・・・。と思ったケド、公開されたばっかりなのでここから先はまだみてない方は読まないで…。





...READ MORE

1/17 祝!アクセス数20000越え
いつの間にか、アクセス数が20000を超えていました!
実は、このブログの一番下にカウンターを設置しているのですよ。知ってました?
一番下までスクロールしないと見れないため、なかなか気づかない…というか、管理人ですらあまりみていない…。
が!さっき、チラっとみてみたら・・・。超えてるじゃぁありませんか…!!うれしいです。ありがとうございます。
以前アクセス数5000越えの時に記事にしたのですが、約一年で延べ20000回このブログに足を運んでくださる方がいるかと思うと、本当にうれしいことですね。
最近は、ご覧のとおり、マイコー最新ネタや、マイコーの曲についての記事が少ないんですが(てか、ほとんど自分の日記になってますが)、このまましょーもない記事書いていきますんで(笑)、よろしくお願いします。


【今日のテーマ】
The Jacksons The Jacksons
The Jacksons (1997/07/01)
Sony Budget

この商品の詳細を見る

The Jacksons『僕はゴキゲン』

あえて邦題にしてみました。原題は『EnjoyYourself』です。それにしても、このアルバムが発売された当時の日本語訳ってすごいセンスですね…。"ゴキゲン"ですからね。でも、今の自分の気持ちを一言で表すとすると、そんな感じです。まさに。



1/15 職探し&派遣の近況報告
このごろ、マイケルのニュースもあまりないので、このブログもすっかり自分の日記オンリーになっている。これと言ってすごく新しい情報があるわけでもないし、まぁ仕方ない…。

それで、去年から散々言っている派遣で働くことや、ハロワ通いについて、最近ちょっと思ったことなどを書きます。
いやー、職探し…というか天職?適職?探しって本当に難しいもので。現在、4月から晴れて長い期間で働こうかと思案中で、それまでの短期の派遣を受けてみたり、アルバイトをしたりして、またまた求職活動中なのです。
最近のハロワも変わったもので、以前よりもPCの台数も増えてるし、そしてハロワそのものも激混み。失業率の高さを感じさせます(自分も含めて)。
そして、ハロワだけではなくて、他の機関(派遣会社や民間の就職支援業者?)というのもある。私は、そこへ登録しに行き、その施設の説明に行ってみたのだが…。
就職相談、というカウンセリングみたいなものが無料で受けられる、というので、現在の悩みを打ち明けると…。「それは甘い考えだ!」と一蹴されてしまったのです。その言い方がまた…orz
うーん。カウンセリングってああいうものなのか?とふとギモンに思ってしまった。
あんな言い方されて、勇気が出る人がいるだろうか?と。

私のほかにも、かなりキツイことを言われて帰ってくる相談者もいるみたいで、カウンセリングそのものに問題があるのでは、と思いました。
相性もあるみたいなのだが、すごく勇気付けてくれるカウンセラーもいるらしいので、やはりカウンセラーの"色"というものが出るみたい。
就職相談、というのは1回につき50分の制限時間があり、その時間内に今までの職業経歴や自分がしたいこと、そして現段階での職選びについてのいわゆる"お悩み"を相談するのですが、 履歴書を出したりするわけではないので、話が断片的すぎるのです。
なので、誤解を受けることもしばしば・・・。
私の場合は、「あ、(カウンセラーが)なんか勘違いしてるな」という感じで、カウンセラーはいきなりキレ出して、永遠と私節を語りだしました。これには参った…(涙
カウンセラーも人の話を聞きつづけて疲れきったサラリーマンのような表情をしていたので、「この人自身がカウンセリングを受けたほうがよいのでは?」と逆に思いましたね。
あの機関のああいう相談には、ちょっと問題アリかもしれません。

そのほかには、就職支援と称して、就職のためのセミナーを開催したり、職務経歴書の書き方を指南したり、とハロワでは行っていない有益なこともやっているので、そこを利用するのがベストかと。
就職相談は、自分で考えて、友達にするくらいのほうがモチベもUPするのかも。

まぁ、そんな就職のための準備はさておき、肝心の転職活動ですが、こちらもこちらでしょっぱいですね…(泣
とりあえず、いいなと思ったところには履歴書&職務経歴書を郵送。面接まで行けば万々歳。面接の雰囲気を読み取って、ここの社風は自分に合いそうだ、とか、ビルの感じとか(結構重要)、もちろん相手の印象とか見るわけです。相手の面接官も同じようなことを考えてるかもしれません。
採用・不採用にかかわらず、そこで辞退するか受けるかを決める、という感じで、なかなかマッチングすることってのは少ない気がしますね。

転職活動というのは、何度か経験している自分ですが、新卒採用がいかに重要だったか、ということも実感している今日この頃…。
22歳のころにもうちょっとしっかりした考えを持っていれば。中途採用というのは、それくらい厳しいものがあり。条件も採用も…。まぁ、これも身から出たサビってことか…あああああああ!

【今日の音楽】
scream2.jpg

MichaelJackson&JanetJackson『SCREAM』

ぁぁぁあああぁあああ!と思わず雄たけびをあげたくなってくる、転職活動。このPVでのマイケルとジャネットのように、頭を抱えながら思わず金切り声をあげそうになります。ハロワで(笑)


1/14 マスク効果
a0046561_115563.jpg

↑こちら、かなり初期のころのマスク・マイケル。


最近、ノロウイルスも流行ってるし、風邪を引いてもヤダな…ということで、行き帰りの電車の中などでは、使い捨てのマスクをしている。
これが・・・これがねぇ・・・。いいんですよ!
やー、マイケルの気持ち、少しわかった気がしたよ。私は有名人じゃないから他人からジロジロ見られることもないわけだが、なんだか落ち着くんだよねぇ~。これが!!!
なぜだ?
そして、ひょんなことから人間の深層心理が垣間見れたり、結構楽しいもんですね。
鼻から下の部分が見えないっていうのは、人の表情が結構見えないのですよ。それをいいことに、電車の中で大きく口を開けて寝てみたり・・・(もともと大きく口をあけて寝てるケド)。グースカ寝てても気にならない。周囲の目が気にならないというのはこれほどまでにスバラシイことなのか、とちょっと快感を覚えてしまっています。

そして。
もう一点スバラシイことといえば、人が近寄ってこない!いえ、電車やバスの中でね。
バスって結構合席になるけど、すーごく混んでても、人がとなりに座ってこないんですよ。これはかなり意表つかれました。そうか、やっぱりみんな、風邪とか具合の悪い人の近くには行きたくないのね・・・。うつされたらヤダ、という人間の心理が働いてて面白い。

そんなんで、マスクは意外に楽しいアイテムだということがわかった。
マイケルもまたマスク姿を復活すればいいのに。結構似合ってると思うんだけど・・・。やっぱり当時のワーストドレッサーに選ばれたことが、気になってるのかなぁ・・・?(勝手なファンの推測)

テーマ:日記 - ジャンル:日記


1/10 『ハケンの品格』を見てみた。
今日、夜10時から自分の派遣仲間の間でも話題になっていた『ハケンの品格』を観てみた。まー、所詮はドラマ…。というところも多々あったり、「うん、これはわかる!」というところがあったり。
ドラマと現実は当たり前のことながら違うわけですが、多分篠原涼子の役柄のような派遣は現実にはいないと思いましたね。みなさんは観てましたか?

あんなにツンケンした派遣がいても、クビになるのがオチ、という派遣の現実。派遣社員は、所詮使い捨てという現実。
定時になってもあんなに事務的にそそくさとは帰りません。というか、帰れない。まぁ、外資系ならどうなんだろう…?
時給、残業きっちり、と言っても、現実には残業も一応断ってやらなきゃいけない、とかその辺も気を使うし、そう割り切ったもんでもないんですよねー…。私もね、派遣をやる前は、派遣にああいう像を描いてたんですけど…。
そして、極めつけは、篠原涼子がクレーン車を操縦するシーン…。ありえん…。ドラマを観ながら


私:「こんなのありえないよ!!!」


と力説したら母に

ドラマだからさぁ~」

と失笑されてしまいました…。そうだよね…。

われながら、毒されてるなぁ…と反省。どうせ次回も見るくせに(自分が)。



    ・・・でもね。


派遣で一生食べていけるわけないじゃん!というのが派遣をやってて観ていた人のホンネだと思う。少なくとも私はそう思った。派遣はそういいものではないです。
最後に大泉洋と小泉孝太郎が『リストラされた人の代わりに派遣を入れるなんて許せないよ』と話合うシーンがあったのだが、あんな風に思っている正社員がいる限り、派遣社員は外部者であり、受け入れられ難いのだろうな、と。その気持ちもわからないでもないんだけどね。
実際にリストラをして、派遣で済まそう、という動きをしているのは会社であり、社会の流れがそうなっている。そこに矛盾を感じるんだよなぁ。

・・・と、ここまで書いてきてかなりしょっぱい文章ですね(笑 ついつい、自分の身に降りかかることだったので、入ってしまった…。
辛気臭い話はここまでにして、ローリングストーンズでも聴いて眠ることにします…。オヤスミ、ミック・ジャガー。



【今日の音楽】
20061113-00000932-reu-ent-thum-000.jpg


ローリング・ストーンズ『Jumpin' Jack Flash』

もうどうでもいいやとか、どうにでもなれ!というときに、この曲が頭の中をグルグルしてしまいます…(笑)ふざけた歌詞とノリのいいギターがたまらないのです…。

1/8 マイケル 『BillieJean』が歴代ダンスミュージック第3位に
msgbj.jpg

永遠の名曲であり、名パフォーマンスでもある『ビリージーン』が歴代ダンスヒットランキングに選ばれた。
この手のランキングには必ずといっていいほどマイケルの音楽が入っているのはいいとして、なぜかマドンナの『Vogue』に負けている…。まぁ、いいんだけどね…。


歴代ダンス・ヒット・ランキング


MuchMoreMusicの音楽なんでもリストで、歴代“ダンスヒット”のリストが発表された。1位は「I Will Survive」。ダイアナ・ロスの曲として有名だが、さまざまなミュージシャンがカヴァーしている名曲だ。2位にはマドンナの「Vogue」が挙げられた。さらに、3位にマイケル・ジャクソンの「Billie Jean」が選ばれている。

リストでは20曲が挙げられており、トップ10圏外では「Relax」や「Booytlicious」、日本人にもおなじみの「YMCA」といったダンスナンバーが選ばれた。

歴代ダンスヒット上位10曲:
1位 「I WillSurvive」
2位 「Vogue」
3位 「Billie Jean」
4位 「Last Dance」
5位 「Gonna Make You Sweat」
6位 「Stayin Alive」
7位 「Dancing Queen」
8位 「Groove Is In The Heart」
9位 「Believe」
10位 「The Power」



まー、今日もネタがナイため(笑)このニュースを記事にさせていただきました…!!
最近のマイケルニュース、あまりないなぁ…。あってゴシップネタ…。
なんか、ニュースレターはちょくちょく来ているのだが、英語が…。内容的にもテンションがあがらないのです。アルバムネタにはがっつくのだが(笑

今日は、連休の最終日だが、全国的に天気も大荒れ…。今、北海道は普通の天気ですが、みなさんの所は、大丈夫でしたか。
天気大荒れ、とか聞いただけで外出したくなくなってしまうんだよなぁ…。今日はこれから家でゆっくりコーヒーでも飲みながら、本でも読んで…。…と、明日のために職務経歴書を用意せねば…(泣 嗚呼、悲しき30代の就職活動です…。


【今日の音楽】
20061225-00000174-jij-ent-view-000.jpg

JamesBrown『It's a mans mans mans world』

就職・転職活動も、マンズ・ワールドなところが多いです。この歌がそういう意味かはわかりませんが…。昨年この世を去ったJBのような、豪快な生き方ができたら、最高ですね。


1/5 特になし・・・。
mjbrownfuneral.jpg


今日は、マイケルニュースは特になし…。というかまぁ、あるにはあるんだ。”歴代アーティスト”系のが。でもそんなの、インターネットに普通に載るしなぁ。
でも、今日は書くことがナイので、載せます(笑)



20歳以下でブレイクした洋楽アーティスト・ランキング

MuchMoreMusicが20歳以下でブレイクしたアーティストのランキングを発表した。1位はブリトニー・スピアーズだが、2位のマイケル・ジャクソンとは僅差のようだ。現在、世界のスーパースターとなっているこの2人、デビュー当時も全米をはじめ、世界を席巻した。

トップ10圏内には他に、ブリトニーと同じミッキーマウスクラブ出身のクリスティーナ・アギレラほか、悲劇に見舞われたアリーヤ、また、北米のみならず日本でも大人気のアヴリル・ラヴィーンやヒラリー・ダフといった、特に女性アーティストがランクインしている。

<ベスト・アンダー20アーティスト>TOP 10

1位 ブリトニー・スピアーズ
2位 マイケル・ジャクソン
3位 ダニー・オズモンド
4位 クリスティーナ・アギレラ
5位 アリーヤ
6位 デスティニーズ・チャイルド
7位 アヴリル・ラヴィーン
8位 ヒラリー・ダフ
9位 ニュー・エディション
10位 ハンソン

リストでは20組が発表されている。11位から20位の間にはアッシャー(11位)、バウ・ワウ(12位)、アシュリー・シンプソン(16位)他のアーティストが選ばれた。最後の20位はリアーナだった。



20歳以下でブレイクしたアーティストランキングだって。
まー、マイケルがチャイルドスターだったということは、言わずもがなだと思うのですが、それ以外にもいるもんですね。

しかし一位がブリトニースピアーズってのも、『現在話題になってる人』感が否めないねぇ。
こんなランキングなんてまー、はっきり言ってどうでもいいわけですが、マイケルのニュース最近、少し活発になってきたような。 3月にイベントあるからか?日本でも話題にしとこう、みたいな。
ニューアルバムのニュースもチラホラ。ウイルアイアムが一緒にやるのを認めてる、とか目新しいものもナイのだが、ニューアルバム、ホントに今年の末に完成するんだろうか…?いやいや、ニューアルバムに関して期待してもまだ先なんだろうな…。まぁ、アルバムを作っているのは確かみたいなので、いつかは聴けるハズ…。その前に、どこかのレーベルと契約もしないといけない、という問題も残っているもんね。今となっては、アブドゥラ王子が懐かしい…。




1/1 謹賀新年 ~A Happy New Year 2007!!~
234380066_mjj118_H202548_L.jpg

この写真に意味はありません。年初めということで、美しいマイケル画像にしてみました。


新年あけましておめでとうございます。いよいよ2007年の幕開けですね。今年一年、みなさんはどんな年にしたいですか?
私は…。もう少し進歩したいですね(笑 ←何を??
いや、すべてにおいて。

資格取得のために約4年もの間、アルバイトや派遣と勉強を両立してきましたが、そろそろ普通の仕事に就きたいのと(正社員で働くということ)、普通に音楽を楽しみたいのと、英語を学びたいのと…。もうやりたいことがたくさん!昨年は三十路を向かえ、人生の一区切りの地点ということで、実はいろいろ思い悩むこともありました。
20代の時は「まだまだ」といわれ、30代に入ったとたんに「もうそろそろ…」となるものだから、正直戸惑ってしまいました。たった一年間で環境の受け入れられ方が変わってしまう、というのは、どこかしら日本という国の特性を感じました。
限界、ではないけど、自分が思っているのと、周りのギャップがありすぎるというか。でもまぁ、そんなことももうどうでもよくなりました。

そして、開き直って2007年。周りの反応なんて気にせず、やっぱりやりたいことをやろうという気持ちでいます。あきらめたら終わりですもんね。

ここに来てくれている様々な年代のみなさんも、それぞれに色んな思いがあるんだろうなぁ…と思っています。
生きていくというのは、そういうことなんですね。

思えば、このブログも、書き始めてからもう少しで一年が来るのですね。このブログでは、いろんな時に助けられました。みなさんのあたたかいコメントに励まされたり、共感したり。普段の生活では絶対にできないマイケル・トークですごく癒されました。普段の生活では、マイケルファンというのは、かなりマイノリティなのですが、ブログでマイケルのことを書いたり、掲示板でトークしたりすると、普段の生活でのそういうストレスはどうでもよくなりました。ブログってスゴイですね。

しかし、書き始めたころは、まだ自分も20代だったのですねぇ。あの時は迫り来る”30代”を恐れていた気がします。来てしまえば、何も変わることもなく。ただ、自分は変わってないのですが、周りが変わったというか。そこが一番難しかったです。
一年って本当に早いなぁ…などと、振り返っている管理人でした。
今年はワーホリも申請するなら最後の年…っつーか、あと数ヶ月しかない…。やっぱり英語を取得したいと考えたり、考えがまとまりませんよ。

というワケで今年も相変わらずチャランポランな文章を書いておりますが(笑)、またマイケルのニュースとか、気が向いたらマイケルの思い出話(勝手に思い出にしているだけですが)なんかも書いて行こうと思いますので、どうかお付き合いくださいませ☆
そして、みなさんにとって、良い一年でありますように。
今年もよろしくお願いします(^^+++





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル