マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローリングストーンズ・キース退院
 20060510.jpg

よかった…!!
今、ネットでニュースを見ていたら、こんなニュースが・・・。
先日も記事にしていた、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが無事退院したとのこと。よかったな~・・・。


キースのコメント

『医師と、つらい夜の苦痛をやわらげ、短くしてくれた美しい女性たちに感謝する。どれだけ感謝しているか、言葉にするのは難しいよ』



結構大変だったんだろうなぁ。手術も受けていたし。看護士の女性たちに優しくしてもらったんだろうなぁ、きっと・・・。


一応、退院のニュースということで、こちら。


ザ・ローリング・ストーンズ、キースがニュージーランドの病院を退院!

頭にケガを負い、治療を受けていたザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、このたび退院したようだ。キースの広報担当者によると、彼はもうニュージーランドの病院には入院してはいないが、定期的な検査のため外来患者として病院に通う予定だという。

フィジーでの休暇中に木から転落したとみられているキースは、退院に際し、“医師たち”そして“辛い夜に苦痛を和らげ、短く感じさせてくれた美しいレディたち…ニュージーランドの人たちに大感謝”とのコメントを発表。「あんまり面倒なことになってなきゃいいけどな。結局、俺の頭は治ったわけだしね」と付け加えている。キースは5月8日に頭蓋骨から血腫を抜き取る手術を受けたばかり。5月27日よりバルセロナを皮切りにスタートする予定となっていたバンドの“A Bigger Bang”ヨーロッパ・ツアーは、6月に延期となっている。



引用ですみません。
でもいいニュースなので。

いやー、でもムリしないほうがいいよ~。ハードスケジュールだし、休暇もきちんととってほしい。今回のツアーを中止してもいいと思うくらい。だってまだ何年か後もツアーしてくれると思うから。


a0046561_2322515.jpg

話が少しかわるが、マイコーも以前、デンジャラスツアーの時、鎮痛剤の中毒にかかり、ワールドツアーを中止したことがあった。あのときは、あのおぞましい性的虐待のことで(1993年のほう)詐欺まがいの脅しをかけられ、マイケルは相当悩まされたのと、ペプシのCMのヤケドの後遺症を治すための手術後で中毒にかかったのだ。結局、その時の『虐待』のことは和解となって終了した。しかし、このことはマイケル自身も『ちゃんと裁判して無罪を主張すべきだったと後悔している』といっている。マイケルのことを商品としかみない周りの人間が、『こんなことはカネで解決してさっさと次へ進むべきだ』とアドバイスしたからマイケルもそうしたのに、その後も疑惑が晴れず、マイケルもずっと悩まされていたんじゃないかな・・・。かわいそうに。ホント、マイケルが『Living With~』で語っていた、「本当にただただ悲しい10年間だった」というのは、きっと本心なんだと思う。すばらしい曲をつくり、数々の賞や記録を作って、最高のエンターテイメントを提供しているのに、人々に認めてもらえない苦悩・・・。
凡人の私には想像もつかないことだが、マイケルの悲しいという気持ちは、なんとなくわかる気がする。

なんだかキースの話からそれてしまったが、いろいろ考えさせられた。
マイケルのこともそうだが、キースのこんなニュースを聞くと、『表現する』ということは、いろんな要素が重なってできた奇跡なんだなぁ、とつくづく思うのであった・・・。
スポンサーサイト

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
コメントさせてもらいます! Stonesネタだったんで!(笑)
ホントに安心しましたよ、Keith。不死身だとは思っていてもちょっと心配してしまうものです…。
マイコー・ジャクスンももちろんアリ!ですが、Stonesネタも今後ともお願いします!
では!
【2006/05/17 18:46】 URL | 南米 #PYcLHmP.[ 編集]

コメント、ありがとうございます!
Keithのニュースはホント、心配でしたよね~。でもよかった・・・。
ムリしないでほどほどにがんばってほしいなぁーと思います…。

マイコーネタばかりですんません(謝
ハイ!すっかりストーンズの曲も聴くようになりましたので、拙いネタですが、書かせていただこうと思います(^^これからもどうぞよろしく♪
【2006/05/17 23:29】 URL | pinoko #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル