マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストーンズ ロンウッド アンソロジー発売へ
ronniewood.jpg

『ロン・ウッド・アンソロジー』

ストーンズのロニー(ロン)・ウッドが6月にソロでアルバムをだすことになった。初心者ファンのアタシとしては、こういうアンソロジーはウレシイ。2枚組みで3600円。


ロン・ウッドの未発表曲入りアンソロジーが登場


 ザ・ローリング・ストーンズで活躍する、ロン・ウッドのキャリアを追ったアンソロジー盤が発売されることになりました。
 『ロン・ウッド・アンソロジー(Ronnie Wood Anthology: Essential Crossexion)』という2枚組のこの作品、Disc-1にはロニーのソロ・アルバムからセレクトされた16曲と、2005年に制作されたという未発表曲「ユー・ストラム・アンド・アイ・シング」を、Disc-2にはキャリアの出発点であるザ・バーズ(UK)やクリエイションも含め、これまでに在籍してきたバンドの音源から20曲を収録しています。「ウー・ラ・ラ」(フェイセズ)や「黒いリムジン」(ザ・ローリング・ストーンズ)など、彼のフィーチャー度が高い楽曲を多くセレクトしているのがポイントです。
 発売は、UK・EU盤が6月5日、国内盤(TOCP-70047~8 税込\3,600)は7月12日の予定。独特のスライド・ギター、細いけれども味のあるヴォーカルなど、ソロ・アーティスト/ギタリストとしてのロニーの魅力を、この作品で再確認しましょう。



だって。

以下が収録曲。

 

●『ロン・ウッド・アンソロジー』収録予定曲

<Disc-1>
01. アイ・キャン・フィール・ザ・ファイア (俺の炎)
02. キャンセル・エヴリシング (何もかもおしまいさ)
03. ファー・イースト・マン
04. ビッグ・バイヨー
05. イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ
06. 1234 (ロックはワン・ツー・スリー)
07. ファウンティン・オブ・ラヴ (愛するお前に)
08. セヴン・デイズ
09. オールウェイズ・ウォンテッド・モア
10. ブリーズ・オン・ミー
11. サムボディ・エルス・マイト
12. ジョセフィン
13. テスティファイ
14. ワッヂャ・シンク
15. ディス・リトル・ハート
16. リトル・ミックスド・アップ
17. ユー・ストラム・アンド・アイ・シング ※未発表曲
 
<Disc-2>
01. ユーアー・オン・マイ・マインド (ザ・バーズ)
02. ユー・ドント・ラヴ・ミー (ザ・バーズ)
03. ノー・グッド・ウィザウト・ユー・ベイビー (ザ・バーズ)
04. ハウ・キャン・イット・ビー (バーズ)
05. ミッドウェイ・ダウン (クリエイション)
06. ザ・ガールズ・アー・ネイキッド (クリエイション)
07. 迷信嫌い (ジェフ・ベック・クループ)
08. オール・シュック・アップ (ジェフ・ベック・クループ)
09. プリンス (ジェフ・ベック・クループ)
10. 監獄ロック (ジェフ・ベック・クループ)
11. フライング (フェイセズ)
12. ガソリン・アレイ (ロッド・スチュワート)
13. ジュディズ・ファーム (フェイセズ)
14. トゥー・バッド (ひどいもんだよ) (フェイセズ)
15. マギー・メイ (ロッド・スチュワート)
16. ステイ・ウィズ・ミー (フェイセズ)
17. エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー (ロッド・スチュワート)
18. ウー・ラ・ラ (フェイセズ)
19. エヴリシング・イズ・ターニング・トゥ・ゴールド (ザ・ローリング・ストーンズ)
20. 黒いリムジン (ザ・ローリング・ストーンズ)



ライブでも、ロンはギターのみで、ヴォーカルはないから、彼のヴォーカルを聴いてみたい…。未収録曲もあるし、ストーンズの中でも、ロンが中心となっているものが1枚目に16曲も…。
ストーンズは、自分が生まれる前から活躍しているバンドだが、私はアルバムはベストと最新モノと、初来日の時のものしか持っていないので、これを期にストーンズを開拓してみようと思う。

興味のあるかたは、こちらをどうぞ♪


スポンサーサイト

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル