マイケル・ジャクソンをこよなく愛する管理人ピノコが、ファンの目からみた彼の人生と自分のマイケルへの想いをお伝えするブログです。 I LOVE MICHAEL AND WE SUPPORT MJ!



プロフィール

pinoko☆

Author:pinoko☆
I LOVE 
MICHAELJACKSON!!!

Pinoko(ぴのこ)です。ファン歴19年!筋金入りのMichaelJacksonファン。
1976年3月生まれの31歳。性別女。現在、長期派遣で働きつつ、転職活動をしています。

【Michaelを好きな理由】
彼の音楽の才能と人間として持っている性格、どちらも好きです。というか、愛してます!
どっちかというと、シャイで非常に優しい性格が好きなのかもしれません。全てが好きで、超リスペクトしてます!
好きになったキッカケは彼の最初のワールドツアー「バッド」を(TV放送で)観たこと。

ゴシップには基本的に興味がなく何を書かれてもいいと思っていますが、中傷は許しません!!!マイケルは性的虐待なんて、していない!
もしも、共感してくださる方がいたら、コメントしていただけるとうれしいです。掲示板もあります。是非お立ち寄りください☆

FC2 Blog Ranking

※あくまで趣味で書いているブログですので、管理人の判断で、中傷、お名前のない方のコメントやサイトと関係のないTBを削除する場合があります。ご了承くださいませ☆★





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



CLASSICLOCK



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6/26 Rストーンズとジョニーデップがらみニュースが・・・!
keith20060626.jpg

インターネットのエンターテイメントニュースを見ていると、よくもまぁ、毎日のように新しいネタを提供してくれるものだ、と思う。
ネットのない時代には考えられないほどの情報量だ。しかも早い。
PCを立ち上げて、Yahooを開けばほら!毎日何かしらの話題~!!これは、海外アーティスト好きにとっては、この上なくありがたいことですのよ。INROCKを心待ちにしていたあの時代が懐かしいわ・・・。

そんで、今日は我が愛する世界最大のロックバンド、Rストーンズの公演がキャンセルになったって話題…。まぁ、これは大した内容ではないのだが…。



R・ストーンズ、フランクフルト公演もキャンセル


【ベルリン19日】英人気ロックバンド「ローリング・ストーンズ」の7月14日にドイツ・フランクフルトで予定されていた公演が、キャンセルされた。
 同グループは、メンバーのキース・リチャーズ(62)がフィージーで木から落ち、5月に頭を手術したのを受けて、欧州ツアーの日程を遅らせ、その都合で7月のドイツ公演のうち、ニュルンベルク、ライプチヒでの公演が既に中止されていた。ドイツのツアープロモーターは19日、別の日に公演を行おうと努力したが、会場の確保が難しかったと語った。
 開始が遅れたツアーは、7月11日のミラノ公演でスタートし、ベルリン、ロンドンなどを回り、9月3日のデンマークのホルセンス公演で終了する予定。
6月20日13時8分更新



これ読むと、ツアーってやっぱり結構大変なんだなぁと思う。レコード会社とプロモーター(興行会社ともいうのでしょうか)、それからスポンサー、肝心のお客集めなど…いろーんな要素が集まってひとつひとつの公演ができている。そう考えると、ライヴって観れること自体が奇跡のような気がしてくるなー…って大げさ?ドイツのファンは残念だろうな~。もし自分がいけなくなったら、「うわ~ん…(泣)」とか思うもんね。今回はキースのケガで大幅に予定が狂ったみたいだけど、まぁ、大事に至らなかっただけでも不幸中の幸いだよね。そんなわけで、ストーンズのツアーもまた7月から再開するみたい☆ドイツ何公演かは抜かしてだけど。


それから、もっと見逃せないニュースが出ていたのだが…。


海賊親分キースが「パイレーツ…」登場

 ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ(62)が人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第3弾(来年6月にも公開予定)に出演する。今夏公開の第2弾「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」のワールドプレミアが24日(日本時間25日)、米アナハイムのディズニーランド・パークで行われ、ゴア・ヴァービンスキー監督らが明らかにした。海賊役を演じるとみられる。

 キースが、自らを“手本”とした映画に登場する。「パイレーツ…」の主役で一匹狼の海賊ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップ(43)は「海賊のイメージは現代のロックスター」として、キースを参考に役作り。目の下に黒い隈(くま)取りをしフラフラと歩く、憎めない海賊を作り上げ、03年の第1作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」は大ヒットした。続編を望んでいたデップがキースに直接打診。第3作で“海賊のキース”が誕生することになった。

 第2作は第1作と同様にディズニーランド・パークを借り切って、15億円もかけたド派手なプレミア。850メートルも続く赤じゅうたんを歩いたヴァービンスキー監督は「(キースの出演場面は)今年の9月から撮る」と明言。キースは4月下旬、滞在先のフィジーでヤシの木から落下して頭を打って手術を受けたが、7月11日に再開されるローリング・ストーンズの欧州ツアーで復帰する予定。ヴァービンスキー監督は「撮影の時期は予定通り。負傷で遅れたということではない」としたが「ノー・モア・ココナツ(ヤシの木の過ちは繰り返すな)!」と付け加えた。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏は「出演は2カ月前ぐらいに決まった。(役は)海賊の親分ってところかな…」と語った。

 第2作公開に合わせ、アナハイムのディズニーランド・パークではシリーズのヒントとなった同名のアトラクションにスパロウが登場した。23日に対面したデップは「リアルですごい」と感想。ここに“海賊キース”が加わる日も近い!?
(スポーツニッポン) - 6月26日6時4分更新




以前、マイケルにも似てる(?)といわれたことのあるジョニーデップが(「チャーリーとチョコレート工場」でしたっけね?)主演する『パーレーツ・オブ・カリビアン3』にキースが登場!?うおー。しかも、海賊の親分って…(笑)ハマリ役じゃないか?っつか、参考にされてたんだから、ハマリ役も何もないか!
こんなおいしい映画、私は絶対見逃させない。

一応、太線にしてみたけど、「フラフラと歩く海賊」の役作りをキースを参考にしたとは…。ジョニーデップも、毒吐くなぁ・・・。いや、褒めてるのか?ま、一流のワル、キースとしては、本望かな・・・。
自分を手本にされた海賊映画に、リアル出演するなんて、キースも憎めないヤツだ。これは絶対観るぞ!!!あ、一応、チャーリーとチョコレート工場も観とくかな…。





スポンサーサイト

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

楽天ブックストップページ
banner20040.gif
マイケルを応援しているサイトをぐるぐる回るリング・リンク
Skip next5 List Next

昨日 今日 トータル